薬剤師が保健所で働くメリットとデメリット・給料や収入について解説!

 

保健所で働いている薬剤師がいることをご存知でしょうか。

 

薬剤師と言えば、調剤薬局やドラッグストア、病院、企業で働くのが一般的ですので、薬剤師が保健所で働いていることを知らない、またはイメージがわかないという人もかなり多いと思います。

 

また、保健所は公務員の職場で安定しているイメージから、「薬剤師の仕事がどんな仕事か分からないけれど、保健所で働けるのなら働いてみたい。」と思う人も中にはきっといますよね。

 

とは言っても、これから保健所で働いてみたい人は、仕事内容などの情報は知っておきたいところだと思いますので、今回この記事で取り上げたいと思います。

 

それでは、保健所薬剤師の仕事内容やメリット・デメリット、また収入などを探っていきましょう。

 

保健所薬剤師の仕事とは

 

保健所での薬剤師の仕事は、

 

〇薬事衛生 ― 医薬品、医療機器医薬部外品、健康食品、サプリメント、化粧品などの有効性や安全性を確保するために許可、監視、指導を行います。また、病院や薬局などの開設許可や立ち入り検査、指導もします。

〇食品衛生 ― 食に関する安全性を確保するために、食品製造業者や飲食店の許可や監視、指導を行います。

〇水道衛生 ― 水道水の安全性を確保するため、水道の衛生検査、水道事業者の監視・指導、また、ホテルや旅館などの水質管理、プールの衛生管理などを行います。

〇生活衛生 ― 宿泊施設や公衆浴場などで一定の衛生を保つため、指導、許可、届出、指導などを行います。

〇化学検査 ― 食品添加物や放射線物質などの検査や、パンデミック、食中毒などの緊急事態の対応をします。

 

などが挙げられます。

 

ここに書いてあることがすべてではなく、地域の人の健康と安全を守るために様々な仕事をするのが保健所で働く薬剤師であると思っていてください。

 

医療現場で働く薬剤師の業務とはだいぶ違うため、働くのが不安と思ってしまう人もいると思いますが、人々の健康のために働いているという目的においては医療機関でも保健所でも同じと言えますよね。

 

保健所で働くにはどうしたらいいですか?

 

保健所薬剤師という資格があるわけではありませんから、薬剤師以外の特別な資格を取得するは必要ありません。

 

ただ、保健所で働くということは公務員になるので、地方公務員試験に合格することが必要です。

 

地方公務員試験には、一般教養の科目と薬学の分野からの出題があります。

 

ご存知の通り、公務員はとても人気が高いため、公務員試験を受験する人は信じられないくらい多いです。

 

その狭き門を通るためは、それ相応の努力が必要だということは覚えておいてくださいね。

 

また、公務員試験には年齢制限もあります。

 

だいたい30歳前後が制限となりますから、その辺の情報も合わせて入手し、地方公務員試験の受験準備のためにかけられる時間を計算してみましょう。

 

これらの条件を踏まえて挑戦できる薬剤師は、ぜひ保健所薬剤師を目指して頑張ってください。

 

保健所薬剤師のメリット

 

保健所薬剤師になるメリットは、公務員のメリットとして考えられていることと重なります。

 

公務員は、収入が安定しているだけでなく、雇用も安定しているため急に職がなくなってしまう不安はありません。

 

土日にしっかり休めたり、5時ぴったりに退社できることも公務員の特徴です。

 

また、公務員は年金や退職金、ボーナス、福利厚生が良いことでも知られていますよね。

 

民間の企業に勤めている薬剤師から見ると、「ずるい!」と思うこともめずらしくないのではないでしょうか。

 

このようなメリットを得られるため公務員は人気が高いと言っても過言ではありません。

 

保健所で働く薬剤師の中には、これらのメリットを得るために難しい地方公務員試験を必死で突破した人も多いのです。

 

保健所薬剤師の仕事のデメリット

 

次に保健所薬剤師のデメリットについて見ていきましょう。

 

公務員としてメリットが目立つ保健所の薬剤師ですが、メリットばかりではありません。

 

たとえば、保健所薬剤師になるには、公務員試験に合格することとお話ししましたが、公務員試験合格後に自治体が募集する薬剤師の求人に応募して、保健所に配属されないと保健所の薬剤師にはなれません。

 

一般の職業でしたら、働きたいところに応募し、受かるとその場所で働けることが通常ですが、公務員の場合は、薬剤師募集に応募しても保健所に配属されるかどうかは分からないのです。

 

もちろん、薬剤師が保健所に配属される可能性はかなり高いようですが、他の部署へ配属される例もないわけではないということだけは心にとめておいてほしいところです。

 

働く部署が違えば当然仕事内容も変わってきます。

 

保健所で働くつもりで公務員試験に必死で合格したのに、結果的に他の部署に配属されてしまったらかなりがっかりしますよね。

 

また、保健所だけには限りませんが、公務員の仕事は、通常、決められたことをきっちりやれる人が評価されます。

 

前例のない新しいものを嫌う風潮が昔からありますので、改革の好きな人は職場の雰囲気に合わないかもしれません。

 

公務員と言うだけでメリットだけを見てしまいがちですが、就職を決める前にはデメリットも同時に考える必要がありそうです。

 

保健所で働く薬剤師の収入はいくらですか?

 

保健所薬剤師の初任給は約20万円ほどというデータがあります。

 

民間の薬剤師と比べて少し低めな印象ですよね。

 

公務員全体に言えることですが、20代などの若い頃は、民間の仕事の収入よりも低いことが多いです。

 

ただ、年齢が上がるにつれて収入が確実に上がるのも公務員の特徴でもあります。

 

50代くらいになると公務員の収入が民間の企業の収入よりも高くなっていることもめずらしくありません。

 

退職金や年金も高いことも考えると、保健所で働く収入はとても良いと言えるのではないでしょうか。

 

まとめ

 

今回は、保健所薬剤師の仕事内容や、メリット・デメリット、収入について見てきました。

 

仕事内容や収入を見て保険で働いてみたいと思った人もいると思いますし、デメリットから公務員としては働きたくないと思った人も中にはいると思います。

 

保健所で働く薬剤師は、地域の人々に貢献する仕事です。

 

医療現場においての患者さんに対する業務とは全く違いますが、大きなやりがいがある仕事であることは間違いありません。

 

公務員として人に貢献したいと思った人は、ぜひ保健所の薬剤師を目指してがんばってみてくださいね。

 

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 病院の薬剤師