妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師ってどんな資格ですか?

 

 

薬剤師のスキルアップをするために認定薬剤師の資格を目指すことが一般的になっています。

 

自分の働いている職場で、勉強した知識や資格を生かせるものがあればぜひトライしてみたいですよね。

 

その一方で、薬剤師の数ある認定薬剤師の資格の中でどのような資格を取ろうか迷っている薬剤師もまた多いのではないでしょうか。

 

今回は、妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師について紹介します。

 

今後、認定薬剤師の資格を取得する際の参考にしてみてください。

 

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師とは?

 

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師は、一般社団法人日本病院薬剤師会によって認定される薬剤師の認定資格です。

 

医薬品は通常、治験を行って世に出されるものですが、妊婦や授乳婦で治験をすることはまずないため、医薬品を投与する際の安全性に関して不安に思ったことのある薬剤師もとても多いと思います。

 

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師は、薬物治療における高度な知識やスキルを持ち、妊婦、授乳婦、また胎児や乳児にとって安全で効果的な薬物治療を提案するための認定資格です。

 

また、妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師として経験を積み、妊婦・授乳婦専門薬剤師にステップアップする薬剤師もいます。

 

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師の仕事内容とは

 

妊娠中、授乳中の女性の患者さんに対して、状態に適した薬物治療の提案を、医師を含む医療スタッフ、そして患者さんに提案する仕事です。

 

たとえば、精神的な不安から妊娠前から向精神薬を毎日服用していた患者さんがいたとします。

 

妊娠後も同じ薬物療法を続けても胎児に問題はないのか、問題があるならばその薬物量を止めても安定した精神状態を保っていけるのかなどさまざまな不安が当然出てきますよね。

 

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師は、薬が胎児に与える影響と母体の安定を考えながら、安心して妊娠生活を送れるような薬の提案やカウンセリングをしていきます。

 

一般の薬剤師は、そのような臨床経験がないとなかなかそこまでアドバイスすることは難しいのではないでしょうか。

 

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師は、専門的な知識を身に付けることよって、妊婦や授乳婦にとってとても心強い存在になっていくのです。

 

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師の資格を取得するには

 

妊妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師の資格を取得するためには以下の項目をすべてクリアしなければなりません。

 

1.日本国の薬剤師免許を有し、薬剤師として優れた見識を備えていること。

2.薬剤師としての実務経験を5年以上有し、日本病院薬剤師会の会員であること。

3.日本医療薬学会、日本薬学会、日本臨床薬理学会、日本産婦人科学会、日本小児科学会、日本先天異常学会のいずれかの会員であること。

4.日病薬病院薬学認定薬剤師であること。ただし、日本医療薬学会認定薬剤師であればこれを満たす。

5.申請時において、病院または診療所に勤務し、妊婦・授乳婦の薬剤指導に引き続いて3年以上従事していること(所属長の証明が必要)。

6.日本病院薬剤師会が認定する研修施設において、「模擬妊婦・模擬授乳婦とのロールプレイ」を含めたカウンセリング技術等や、情報評価スキルの確認トレーニング等の実技研修を40時間以上履修していること、または研修施設において3年以上、妊婦・授乳婦の薬剤指導に従事していること(所属長の証明が必要)。

7.日本病院薬剤師会が認定する妊婦・授乳婦領域の講習会、及び別に定める学会が主催する妊婦・授乳婦領域の講習会などを所定の単位(20時間、10単位)以上履修していること。ただし、日本病院薬剤師会主催の妊婦・授乳婦に関する講習会を1回以上受講していること。

8.妊婦・授乳婦の薬剤指導実績が30症例以上(複数の疾患)を満たしていること。

9.病院長あるいは施設長等の推薦があること。

10.日本病院薬剤師会が行う妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師認定試験に合格していること。

 

ちなみに認定期間は5年です。

 

このリストを見ると、かなり数多くの条件をクリアしなければ、妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師にはなれないことが分かりますよね。

 

また、申請時において、病院または診療所に勤務し、妊婦・授乳婦の薬剤指導に引き続いて3年以上従事していることなどの条件から、保険薬局で勤務している薬剤師には取れない資格と言えます。

 

まとめ

 

今回は、妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師の資格についてその仕事内容や資格取得条件を見てきました。

 

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師は活躍が期待されている認定資格である一方で、条件が厳しいということ、また勤務している施設などによって取得できない場合があることが分かったのではないでしょうか。

 

妊婦や授乳婦に関する薬物治療は、投与データが少ないこともあり、妊婦などに処方することに戸惑いを感じている医師も実は多いです。

 

少ないデータの中から安全な薬を選ぶか、妊婦、授乳婦に対して処方経験の豊富な産婦人科医の考えで処方するのが一般的となっています。

 

薬剤師の中にも、安全性が100%分からない投与に対して不安を感じる人もいますよね。

 

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師の資格を取り、その分野で薬剤師が自信をもって大きな活躍をしていくことができたら、患者さんだけでなく医師にとっても強い味方になれるはずです。

 

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師に興味がある薬剤師は、ぜひ資格取得を目指してみてください。

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 病院の薬剤師