MRってブラックなの!?「辛い・きつい・辞めたい?」仕事内容などMRの実態とは

 

 

製薬会社で働くMRにどのようなイメージを持っていますか?

 

薬剤師で働くよりもお給料が高いという良いイメージを持っている人もいるとは思いますが、たいていは「拘束時間が長い。」「接待が嫌。」「医師などの医療スタッフにこき使われる。」など、MRは激務だという印象の人の方が多いのではないしょうか。

 

これからMRへ転職を目指しているは、MRの仕事の内容や実態については知っておきたいところですよね。

 

今回は、MRの仕事や年収、また辛いという噂が本当なのかについて探っていきます。

 

MRの仕事内容とは

 

MRは、Medical Representativeの頭文字をとった言葉で、日本語で医薬品情報担当者とも呼ばれます。

 

仕事内容は、

 

  • 自社製品(医薬品)を営業する
  • 市販後調査を担当する
  • 勉強会を開く
  • 医薬品情報を医療機関に伝える

 

などです。

 

MRと言えば営業と思っている人が多いので、他の仕事もしていることにびっくりした人もいるかもしれません。

 

それではそれぞれの仕事の詳細を少しずつ見ていきましょう。

 

<自社製品(医薬品)を営業する>

 

MRの仕事イコール営業だというイメージが強いのは、この自社製品を医療機関にアピールして購入してもらうことがMRの主な仕事だからだと思います。

 

営業と言うと、セールスマン的なものを想像する人も中にはいますよね。

 

実は、MRの営業は物を売り歩くセールスマンとは少し違うと覚えておいてください。

 

セールスマンは、その商品の良いところばかりをお客様に紹介して購入してもらうことが多いですが、MRは自社製品の良いところと同時に、副作用や短所なども説明しなければなりません。

 

MRが扱う商品は医薬品という命に関わるものであるので、医師などその医薬品を取り扱う医療スタッフが知っておかなければいけないものをすべて伝える必要があるからです。

 

このことから、情報のアップデートはもちろんのこと、医療スタッフと良い関係を築くための行動や言い回しがMRには不可欠ということが分かるのではないでしょうか。

 

<市販後調査を担当する>

 

製薬会社の治験はCRA(臨床開発モニター)が担当して進めていきますが、治験が終わった後に行う市販後調査はMRが担当することがとても多いです。

 

市販後調査では、治験時よりも多くの人が薬を服用した結果が見られるので、今までに出なかった副作用など重要な情報を得られることも少なくありません。

 

私もこの市販後調査を医療機関側のサポートとして担当したことがありますが、担当のMRから市販後調査に関する説明を受けたり、オンラインでの症例報告書の入力方法を教えてもらったりしました。

 

市販後調査のフォローのため、何度も病院に足を運んでもらいましたので、MRは体力的にも大変な仕事だという印象を受けました。

 

<勉強会を開く>

 

新薬などの医薬品に対して医療機関側が勉強会を開いてほしいという要請をするときがありますが、この勉強会を開催するのもMRの重要な仕事の一つです。

 

勉強会に出席したことのある人はイメージできると思いますが、勉強会を開くには自社製品を分かりやすく説明するためのさまざまな準備が必要になります。

 

単にデータを見せても理解しにくいですから、パワーポイントでグラフなどを用いた資料を作成したり、医療スタッフから飛んでくるであろう質問の答えを予め考えたりという準備です。

 

また、プレゼンテーション時にどのように説明をするかということも考えたり、練習したりしなくてはならないこともあります。

その上、勉強会には多くの医療スタッフが出席することもありますから、いかに緊張せずに堂々とプレゼンできるかもキーポイントです。

 

このようなことから、MRに必要な能力は、プレゼンテーション能力に加え、パソコン技術やグラフのデザインスキルなど学校で習わないような必要なことが分かるのではないでしょうか。

 

MRの仕事が大変だと言われている理由は、営業職だということのほかに、このような能力が必要だからだということもなんとなく想像できますよね。

 

<医薬品情報を医療機関に伝える>

 

MRは、医薬品の情報をまとめて医師や薬剤師に報告したり、また医師や薬剤師の質問に対する答えを届ける仕事もしています。

 

病院で働いている人は、病院で多数の製薬会社からのMRが、医局や薬局長室の前でずらずらっと並んで待っているのを見たことがあるのではないでしょうか。

 

彼らは医薬品情報をそれぞれの部署に手渡し、説明をするために待っているのです。

 

大変なのは、医薬品情報の説明だけをしに来たとしても、時間を医療スタッフ側に合わせなければいけないため、待ち時間が長引いてしまうこともあるということです。

 

これは、MRの拘束時間が長いと言われている理由の一つでもあります。

 

MRの年収は?

 

MRの平均年収はズバリ650万円から700万円と言われています。

 

保険薬局の薬剤師の平均収入が500万円から550万円ですので、比べるとかなり高いことがわかりますよね。

 

また、1000万円以上稼ぐMRもめずらしくないようで、大きな一軒家のローンを定年前に終わらせたMRを私は何人か知っています。

 

うらやましいと思う人もいるでしょうが、拘束時間も長く、さまざまなスキルが必要なMRの仕事を考えるとそのくらいもらっても当然という気もします。

 

実際、この高い収入を得られることがMRの仕事をするためのモチベーションになっていることも少なくないです。

 

MRは激務ですか?

 

さて、拘束時間が長い、体力が必要、必要なスキルが多いとMRの大変さをここまでお話してきましたが、MRが激務だと噂されている理由は他のあるかを見ていきたいと思います。

 

<転勤がある>

 

MRは転勤を命じられることがよくあります。

 

そのために家を引っ越したり、家族と離れて何年間か単身赴任をするMRもとても多いです。

 

ネットではMRの不倫が多いという噂もありますが、これも実は本当のことだそうです。

 

家族と離れている時間が長い分、不倫をするチャンスがあるのだとか・・・。

 

私が知っている男性MRの一人も「それは本当だ。」と言っていました。

 

<接待がある>

 

これは営業職には良くあることかもしれません。

 

飲み会に付き合ったり、ゴルフに付き合ったりという感じです。

 

「アルコールに強くないとMRにはなれない。」というのを聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

 

勤務時間が終わったプライベートの時間を仕事に使わなければいけないのはやはり激務と言えますよね。

 

<医療スタッフにいいように使われる>

 

能力もありスキルもあるのに医療機関に行くと腰を低くしなくてはいけないのもMRの仕事の辛いところだと思います。

 

医師や薬剤師は、MRにとってのお客様になるということで、MRを顎で使うことも少なくないそうです。

 

同じ医療に携わる者として、どちらが上だとか下だとかは関係ないと思いますし、プロとして対等に接すればいいと思うのですが、現実は医療スタッフよりも下に見られてしまったり、医療スタッフを優先しなければいけないことも多いと聞いています。

 

アメリカのMRは接待がない!?

 

ここまでMRの実態についてお話してきましたが、拘束時間が長く、体力も必要なことから体育会系色が強いなと思った人もいると思います。

 

実際にMR職についているのは男性が多いのですが、仕事内容を見ると妙に納得しませんか。

 

しかし、MRについて調べていくうちに、MRのつらさが世界共通なのかという疑問もわきました。

 

“飲み会”がある国はアルコール分かを重要視する日本だけで、他の国にはあまりないのではないかと思ったからです。

 

ちょっと気になったので、実際にアメリカ人にMRのイメージについて聞いてみました。

 

アメリカ人:「MRってきれいな女性がする仕事でしょ?彼女たちすごく稼ぐんだよね。」

私:「女性?MRって日本では男性の方が多いのよ。」

アメリカ人:「薬を医者に売る仕事でしょ?だったらきれいな女性の方が売れるし、会社もそれを望んでいないの?」

私:「MRの職って激務で、接待でアルコールを飲むことも必要だから男性の方が向いているって聞いたけど?」

アメリカ人:「仕事でアルコール!?!? 何それ!そんなことアメリカでは聞いたことないよ。」

 

という感じでした。

 

MRとしてスキルをつけなければいけないことや、転勤などがある辛さは同じかもしれませんが、接待や上下関係の激しさというのはあまりないようです。

 

文化が違う場所に行くと、職業の印象もこれほどまでに違うんだということを実感しました。

 

まとめ

 

今回は、MRの仕事についてその大変さを見てきました。

 

MRの仕事がやはり大変だということ、その代わりに収入はとても高いことなどが分かったのではないでしょうか。

 

日本のMRは激務でブラックだと感じる人も多いかもしれませんが、中には激務だからこそやりがいがあると考える人もいるはずです。

 

良い収入を得られるのならMRに転職してみたいという人もいるでしょう。

 

その場合は、まず転職エージェントに相談をして、企業の特徴などを聞きながら転職先を選ぶのも一つの手だと思います。

 

激務とは言っても企業によってそのカラーがありますから、どの企業がいいのかいろいろ相談をしてみてください。

 

優秀なMRになり、やりがいを感じながら働けることを祈っています。

 

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 病院の薬剤師