病院薬剤師と薬局薬剤師の違いとは?

f医薬品を扱う薬剤師が働く場所は、主に薬局と病院の2種類があります。薬局薬剤師と病院薬剤師と呼ばれる2種類の仕事には、どのような違いがあるのか疑問を抱く人も多いでしょう。そこで、それぞれの仕事内容から見える違いや、薬剤師としてキャリアアップをするにはどちらが良いのかについて解説します。

 

病院薬剤師の主な業務内容

病院で働く薬剤師は、外科や内科といった病気だけでなく抗がん剤や病状の緩和医療に使用する薬なども扱うので、薬局薬剤師と比べると処方する種類が非常に多いことが特徴です。入院している患者の薬の管理、重い症状が出る副作用の注意・把握なども行わなければなりません。大きな病院の薬剤師は、調剤・製剤・病棟薬剤など様々な分野に細かくチームを分けたうえで、手術室で治療に携わる薬剤師の育成にも注力しているケースがあります。処方箋をもとに調剤したり疑義照会をしたりといった仕事だけではなく、患者へのケアと副作用の確認、薬剤師が医師へ薬の処方の調整を相談することも多いです。

 

薬局薬剤師の主な業務内容

薬局薬剤師が行う非常に重要な仕事内容の1つが、処方箋の内容を確認することです。処方箋の日付、薬の量や処方されている薬の数、飲み合わせ、検査値、印鑑があるかどうかを確認します。また、患者の名前や性別、年齢といった細かな項目も、誤りがないかチェックすることが重要です。処方箋監査と呼ばれる確認をして、誤りがあった場合は、疑義照会と呼ばれる業務を行います。処方内容に誤りがなければ、薬を調剤をするという流れです。処方箋に記載がある通りに薬を作り、薬の規格についてチェックし、合計で何個もしくは何錠の薬になるのかを計算します。

 

病院薬剤師と薬局薬剤師の違い

治療を行うチームの1人として、様々な業務を行えるのが病院の薬剤師です。他の医療従事者とともに外来や入院患者の治療に関わります。看護師や医師とコミュニケーションを取ることも重要だといえるでしょう。医師や看護師と直接会話ができることによって、処方の内容も確認しやすいことが特徴です。患者1人1人の治療にも関わりやすいので、やりがいを感じられる場面が増えます。ただし、どの病院でも必ず患者と接するケースが機会が多いとは限らないことに注意が必要です。入院や外来の患者とコミュニケーションをとりたい場合、求人に「病棟での業務がある」「薬の指導が必要である」といった内容が記載されているかを確認する必要があります。

薬局薬剤師は、薬剤師の働き方として50%以上が薬局であるといわれるほど、ポピュラーな就職先です。ドラッグストアや保険薬局など、病院と比較すると働ける場所が多く、更に地域を選ばずに働けることが最大のメリットだといえるでしょう。また、病院薬剤師は勤務している薬剤師の数が基本的に少ないことが特徴ですが、大きな会社の薬局であれば薬剤師の数は多いこともポイントです。同僚が多いので薬剤師同士で切磋琢磨したり、先輩から学べたりといったメリットがあります。しかし、薬局薬剤師の仕事の大半は病院で処方された薬を調剤すること、大手ドラッグストアの薬局になると、店舗によっては商品の品出しや一般客の問い合わせへの対応などを行うこともあるでしょう。そのため、薬と病気に関する知識を深めたり実践から習得したりするのは難しいといえます。

 

どちらがどのような人に向いているのか

病院薬剤師は、医師や看護師を含めた他の医療従事者とコミュニケーションを取れる人、もしくは取りたい人に向いています。また、患者に寄り添ってケアをしたり、病気について学びたい人にも向いているでしょう。医療従事者の一員として働くことにやりがいを感じられる人であれば、非常に魅力的な働き方です。薬局薬剤師は、多くの同僚や先輩とともに薬剤師として働きたい人、地域に密着して、訪れる人とコミュニケーションを取りたい人に向いています。また、就職先が豊富であることから、可能な限りスムーズに就職先・転職先を探したい人にも最適です。

 

病院と薬局はどちらの方がキャリアアップしやすいのか

病院、薬局ともにどの程度の規模の会社であるかによって異なることが特徴です。しかし、大手法人の病院は年功序列というケースが少なくありません。そのため、先輩の数によっては、キャリアアップしにくい場合があります。最も上のポジションに就くことを目的とする場合には、薬局薬剤師として勤務し続けたほうが目標を達成できるケースが多いでしょう。

 

まとめ:自分の働き方に合う場所を見極めよう

安定した収入を得たいという場合や、就職しやすさを重視するのであれば薬局薬剤師が適しており、密接に医療と関わりたいのであれば病院薬剤師が最適だといえます。新卒で薬剤師として働く場所を探している、転職をする予定であるという場合には、自分に適した働き方を見極めて、薬剤師として活躍できる場所はどこなのかをしっかり検討しましょう。

 

 

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 病院の薬剤師