薬学生の先生である認定実務実習指導薬剤師とは?申請方法や業務内容を薬剤師が解説。

 

 

皆さんもご存知の通り、薬剤師の認定資格の数は本当に多いです。

 

そしてほとんどは、患者さんにとって必要な知識やスキルを提供するための資格だと思います。

 

その中で、今回紹介する認定実務実習指導薬剤師という認定資格は、そのスキルと知識を患者さんではなく薬学生に提供するための資格です。

 

認定実務実習指導薬剤師は、どのような仕事内容で、どのように資格取得すればよいのでしょうか。

 

今回は、認定実務実習指導薬剤師について説明していきます。

 

認定実務実習指導薬剤師とは

 

大学の薬学部が6年制になり、医療機関で活躍する薬剤師の養成を目的として、医療現場での実務実習が必須になりました。

 

認定実務実習指導薬剤師は、この実務実習の際に薬学生の指導に当たることができると認められた薬剤師です。

 

認定実務実習指導薬剤師の仕事内容とは

 

認定実務実習指導薬剤師の仕事内容は、大学の実務実習を行っている薬学生に医療現場での仕事を教える仕事です。

 

薬学部が4年制だった時も、病院などでの実務実習がありましたが、現場の薬剤師さんたちが受け持っている仕事を教えてくれましたよね。

 

認定実務実習指導薬剤師の仕事は、その時のことをイメージすると分かりやすいかもしれません。

 

ただ、薬学部が6年制になった今、医療現場で即戦力となれる薬剤師を大学在学中に育てる必要がでてきましたので、仕事の片手間に実習生に教えるというような以前のやり方は奨励されなくなりました。

 

薬学部の実習生を教えるということおいて専門的に勉強してきた薬剤師が、そのためにきちんと時間を割いて薬剤師の卵に教え込むことが必要になったということです。

 

認定実務実習指導薬剤師は、まだ医療現場の仕事についてまだ何も分からない学生に、薬剤師の仕事を分かりやすく伝える技術が必要とされています。

 

このことから、人に教えることが好きな人や人の成長を自分のことのように喜べる人におすすめな資格と言えると思います。

 

認定実務実習指導薬剤師になるには

 

認定実務実習指導薬剤師の資格を取得するには、認定実務実習指導薬剤師養成研修を修了してから手続きをすることが必要です。

 

<認定実務実習指導薬剤師養成研修の受講資格>

 

この養成研修には受講資格があるので自分が当てはまっているかどうか必ずチェックしてください。

 

①実務経験 薬剤師実務経験が5年以上あること。

なお、6年制の薬学教育を受けて薬剤師となった者は、薬剤師実務経験が3年以上あれば、認定実務実習指導薬剤師養成研修を前もって受講することができるものとする。ただし、認定実務実習指導薬剤師の認定申請は、薬剤師実務経験が5年以上とな ってからでなければ行うことができない。

 

②勤務状況

薬剤師実務経験が、受講する時点において継続して3年以上であること、かつ、現 に病院又は薬局に勤務(勤務時間数が1週間当たり3日以上かつ20時間以上の場合に限る。)している者であること。

 

③勤務先等の望ましい条件

〇 病院の場合

1)薬剤管理指導業務を実施し、院外処方箋の発行を推進していることが望ましい。

2)病棟薬剤業務実施加算の届出を行っていることが望ましい。

3)一般社団法人日本病院薬剤師会賠償責任保険(施設契約) 又はこれと同等の賠償責任保険に加入していることが望ましい。

 

〇薬局の場合

1)薬学実務実習に関するガイドライン(平成27年2月10日薬学実務実習に関する連絡会議)が求める地域保健、医療、福祉等に関する業務を積極的に行っていることが望ましい。

2)「健康サポート薬局」の基準と同等の体制を有していることが望ましい。

3)改訂・薬学教育モデル・コアカリキュラムに示された「代表的な疾患(がん、高血圧症、糖尿病、心疾患、脳血管障害、精神神経疾患、免疫・アレルギー疾患 及び感染症をいう。)」に関する症例を実習できる体制を整備していることが望ましい。

4)薬剤師賠償責任保険に加入していることが望ましい。

 

<素養等認定実務実習指導薬剤師の素養>

 

認定実務実習指導薬剤師となるための基本的素養等認定実務実習指導薬剤師は、次の素養等を有する人となっているのでこれも合わせて確認してください。

 

①十分な実務経験を有し薬剤師としての本来の業務を日常的に行っていること。

②薬剤師を志す学生に対する実習指導に情熱を持っていること。

③常日頃から職能の向上に努めていること。

④実習の成果について適正な評価ができること。

⑤認定取得後も継続的かつ日常的に薬剤師実務に従事する見込みがあること。

⑥実務実習生の受入期間中、恒常的に指導することができること。

 

<認定条件>

認定実務実習指導薬剤師の資格取得は、次の認定実務実習指導薬剤師養成研修をすべて修了し、必要条件をクリアした薬剤師であることが必要です。

 

①一般社団法人薬学教育協議会が認めるワークショップ形式の研修。

②講習会形式の研修

講座① 薬剤師の理念

講座② 薬学教育モデル・コアカリキュラム及び薬学実務実習に関するガイドライン

講座③ 学生の指導(法的問題)、学生の指導(薬局関係)及び学生の指導(病 院関係)

 

また、修了証又は受講証の有効期間内であることも重ねて確認してください。

ワークショップ形式の研修の修了証又は講習会形式の研修の受講証の有効期間は、研修修了日又は研修受講日から6年間です。

 

直近1年以上継続的に病院又は薬局において薬剤師実務に従事(勤務時間数が1週間当たり3日以上かつ20時間以上の場合に限る。)していることという勤務要件もあるのでこれも満たすようにしましょう。

 

<書類の申請>

 

認定実務実習指導薬剤師養成研修修了後に書類を集めて申請します。

書類内容については、http://www.jpec.or.jp/download/ninteijitsumu_yoryo.pdfを確認してください。

 

認定実務実習指導薬剤師になるには、さまざまな要件をクリアすることが必要になりますが、未来の立派な薬剤師を育てるためには必要不可欠ということなのでしょう。

 

まとめ

 

今回は、認定実務実習指導薬剤師の資格について説明してきました。

 

薬学部が6年制になった今、認定実務実習指導薬剤師が必要とされていること、また認定実務実習指導薬剤師の資格を取得するにはさまざまな条件をクリアしなければいけないことなどが分かったのではないでしょうか。

 

認定実務実習指導薬剤師が教えることは、薬学生の基礎となります。

 

今後、薬剤師としての成長が期待できるかどうかは、その基礎によっても違うことを常に意識し、最善を尽くして薬学生を指導していってほしいです。

 

「あの時に先生教えてもらったから今がある!」と言われるような立派な認定実務実習指導薬剤師になってくださいね。

 

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 病院の薬剤師