管理薬剤師になりたい人必見!資格は必要?収入はどのくらい?

 

 

調剤薬局やドラッグストア内で働く管理薬剤師になることができれば、お給料は高いし、仕事に対するやりがいも増える気がする―――そう思ったことはありませんか。

 

私がまだ高校生で薬科大学を受ける前の話ですが、薬剤師になったら管理薬剤師になりたいと思い、管理薬剤師になるにはどうしたらよいのかと真剣に考えたことがありました。

 

薬局で働いている薬剤師であれば、管理薬剤師の仕事内容などもなんとなく分かると思いますが、そうでない人は管理薬剤師についてあまり知らないというのが実際のところだと思います。

 

また、薬局で働く薬剤師であっても、どうしたら管理薬剤師になりやすくなるのかは知っておきたいですよね。

 

今回は、薬局の管理薬剤師にスポットを当て、その仕事内容や収入、またなるために資格が必要なのかなどをお話ししていきます。

 

管理薬剤師になるにはどうしたらいい?

 

高校生の頃、私は薬剤師の資格とは別に、「管理薬剤師」という資格があるものだと思っていました。

 

当時薬局に問い合わせて、「管理薬剤師の資格はどのように取ればいいんですか?」と聞いたことがあるくらいです。

 

管理薬剤師になるために必要な資格は薬剤師国家資格だけ。薬局に勤務して管理薬剤師としての職に就けば管理薬剤師になれます。という回答でした。

 

そうです。管理薬剤師という資格は存在しません。

 

管理薬剤師は、その調剤薬局の薬局長だイメージするのが分かりやすいと思います。

 

一般薬剤師として調剤薬局に勤務していてそこで出世して管理薬剤師を任されたり、自分で開局をして管理薬剤師になったり、転職直後から管理薬剤師として雇用されたりして管理薬剤師となるのが通常です。

 

<薬局の利益に貢献できる人は管理薬剤師になりやすい?>

 

ここまでの説明から「では薬剤師の資格さえあればだれでも管理薬剤師になれるということですね!」と思った人もいると思います。

 

もちろん、薬剤師であれば管理薬剤師になることはできますが、自分が開局していない薬局で管理薬剤師になるということはいわゆる出世と同じなので、その薬局の利益に貢献できる薬剤師になっておいた方が良いということは付け加えておきたいポイントです。

 

最近かかりつけ薬剤師制度などができて、研修認定薬剤師を取得してかかりつけ薬剤師になることで、指導料(かかりつけ薬剤師指導料)が高くとれるようになりました。

 

つまり、何を言いたいか言いますと、高い指導料をとれる状態の薬剤師の方が、薬局を運営する会社の評価も高い傾向があるため、管理薬剤師になりやすいということです。

 

また、資格を目指すために勉強することで薬剤師としての能力アップや評価にもつながり、そのことも管理薬剤師になる後押しをしてくれるでしょう。

 

もし、管理薬剤師になりたい希望があるなら、研修認定薬剤師やかかりつけ薬剤師にぜひなっておいてください。

 

<同じ薬局に長く勤務する人は管理薬剤師になりやすい?>

 

管理薬剤師に選ばれるのは、やはり長年その薬局で働いてきた薬剤師である傾向があることも事実です。

 

その薬局のことをよく知っていて、長い間貢献してくれているということから、上司からの信頼が厚いということでしょう。そう考えれば納得がいきますよね。

 

管理薬剤師になりたい人は転職を重ねず、同じ職場で長年働くことも重要だということです。

 

<開局して間もない薬局に転職すると管理薬剤師になりやすい?>

 

開局して日が経ってない薬局に転職することも管理薬剤師になる可能性を高めてくれます。

 

その薬局で働いているすべての人が新しく雇用された人になりますから、古株の人が管理薬剤師に選ばれてしまって、管理薬剤師になれなかったということがなくなるからです。

 

今まで転職を繰り返してきてしまって、管理薬剤師になるのは難しいだろうと思っている人はこの方法を試してみてほしいと思います。

 

<コミュニケーション能力を身につけている人格者は管理薬剤師になりやすい?>

 

管理薬剤師は薬局の顔であり、勤務している職員全員をまとめる責任者でもありますから、人としてそれなりの器の大きさとコミュニケーション能力の高さを兼ね備えた人であることが望まれます。

 

このことについては次の項目で少し触れたいと思います。

 

 

管理薬剤師の仕事内容とは

 

管理薬剤師の仕事は、通常の薬剤師業務に加えて、

  • 医薬品の管理
  • 薬局の管理
  • 職員の管理
  • あらゆる業務への責任をとること

 

などが挙げられます。

 

<医薬品の管理>

 

医薬品の管理業務としては、採用医薬品を検討したり、医薬品の品質管理のための温度・湿度管理や期限切れの医薬品の管理をしたり、また副作用の情報を報告したりするものです。

 

品質が保証された医薬品を患者さんに服用してもらうために欠かせない仕事と言えます。

 

<薬局の管理>

薬局全体の衛生面を保ったり、患者さんに対して心地が良い環境にするために工夫したり、業務日誌を作成したりします。

 

私の働いていた薬局の管理薬剤師は薬局の衛生面を保つために、毎朝5分~10分の掃除をみんなですることを決めていました。

 

また、業務日誌は毎日書くものなので、継続することが大変なんだそうです。

 

<職員の管理>

 

職員の勤務表の調整、職員の医薬品の知識のアップデートやレベルアップのための勉強会のスケジュール調整、認定資格取得を職員に勧めることなどです。

 

特にスケジュール調整は大変なようで、作成した勤務表に納得がいかない職員がいるごとに管理薬剤師が頭を抱えていたのを覚えています。

 

調整をしても人数が足りない日にちなどは管理薬剤師が休みを返上して出勤していました。

 

また、薬局内での人間関係のもめごとが起こった時には、それを対処するのも管理薬剤師の役目です。

 

薬局の勤務者が快く働ける環境を責任者としてきちんと作ることも仕事のうちなのです。

 

<あらゆる業務への責任をとること>

 

もし誤薬などのミスが起こってしまった場合に、責任者として患者さんに謝罪を行ったり、クレーム処理をしたりします。

 

ミスは本当はあってはいけないことで、私たち薬剤師は細心の注意をして仕事をしているのですが、ごくたまにミスが起こってしまうことがあります。

 

処方箋に書いてある薬とは違うものが患者さんの手に渡ってしまい、患者さんの怒りが収まらないということも実際にありました。

 

もしも管理薬剤師が自分のミスではないからと謝罪を別の薬剤師だけに押し付けたとしたら、上司としての管理薬剤師への信頼を失ってしまいますし、患者さんにも失礼ですよね。

 

このようなことから、先ほどお話しした「管理薬剤師の人としての器の大きさやコミュニケーション能力の高さがとても重要になる」ということにつながることが、よく分かるのではないでしょうか。

 

また、健康保険法に基づいて、調剤や保険請求が正しく行われているのかを各都道府県の厚生局がチェックする個別指導というのがときどきあります。

 

個別指導の時は、薬局内の薬剤師総出で必死で準備しますが、やはり最終的には管理薬剤師が責任を持って書類を仕上げるのが通常です。

 

通常業務と並行してやらなければいけない業務のため、体力的にきついと言っていた管理薬剤師も実際にいました。

 

 

このように挙げてみるとかなりの業務量をこなしていることがよく分かるのではないでしょうか。

 

管理薬剤師は一般の薬剤師よりも収入は高くやりがいもある仕事ですが、これだけの業務数と大きな責任、ストレスを抱える仕事なのだということも同時に覚えておいてほしいことです。

 

 

管理薬剤師の収入について

 

管理薬剤師(薬局長)の平均年収 ――― 約611万円

調剤薬局の一般薬剤師の平均年収 ――― 450万円~550万円

 

上のデータを見ると、確かに管理薬剤師は一般の薬剤師の収入より高いです。

 

ですが、「これだけ大変なら管理薬剤師にならないで一般の薬剤師でいた方が楽かもしれない。」と思った人も中にはいるのではないでしょうか。

 

たしかに管理薬剤師にならないほうが楽には楽かもしれません。

 

ただし、多くの業務をこなし、責任ある対応をして職員や患者さんからの信頼や感謝を得られた時の達成感ややりがいなどを考えてみてください。

 

努力する価値はあるのではないかと思えてきませんか。

 

また、薬局長は薬局の顔とお話ししましたが、薬局の良い雰囲気を自分で作り出して仕事をすることで大きな満足感も味わえるに違いありません。

 

まとめ

 

今回は、管理薬剤師についての仕事内容や収入、またどうしたら管理薬剤師になりやすいのかなどについて見てきました。

 

管理薬剤師としての特有の資格はないけれど、周りから信頼される良い管理薬剤師になるためには、知識の向上や忍耐力、また人としての成長、などが必要なことが分かったのではないでしょうか。

 

管理薬剤師は薬局のトップと言っても良い存在ですが、薬局は他の薬剤師や薬局事務とともにチームとして働くからこそ運営できます。

 

これは普段働いていると忘れてしまいがちなことですが、常に思い出してほしいことでもあります。

 

管理薬剤師になれたとしても、決して上から目線にはならずに職員を大切にして、患者さんや職員から好かれる素晴らしい管理薬剤師になってくださいね。

 

 

 

 

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 病院の薬剤師