病院の薬剤師の仕事内容とは?やりがいを感じるのはいつ?

 

今回は、病院の薬剤師の仕事内容と、やりがいを感じるタイミング、やりがいを感じないときの対処法について解説していきます。

 

病院の薬剤師の仕事内容とは?

病院の薬剤師の仕事としては、病棟の仕事と調剤の仕事があります。

ここでは、病棟の仕事と調剤の仕事の特徴についてご紹介します。

 

病棟の仕事

病棟の仕事の最大の特徴は、入院している患者に対して服薬を指導することです。

近年は、効果が高い薬剤がありますが、服薬する方法が複雑になっており、今まで以上に副作用についても注意する必要があります。

服薬を指導するときは、今までの副作用歴や既往歴、服薬の状況をチェックし、今から服用する薬剤について説明します。

治療が始まった後は服薬をきちんとしているかをチェックし、情報を看護師や医師などと共有します。

さらに、退院するときに、生活指導や薬の自己管理指導を行うときもあります。

病棟の仕事では、検査データやカルテが参照できるため、副作用や薬物治療の効果も判定できます。

改善が必要なときは、処方を医師に提案するときもあります。

 

調剤の仕事

病院の調剤の仕事は、主として入院している患者が服用する薬剤の調剤です。

最も調剤薬局と大きく違っているのは、普通の外用薬や内服薬にプラスして、化学療法で使う薬剤の調製、いくつかの無菌製剤の混合や注射薬の調剤など、対象の薬剤が多くあることです。

院外処方箋を外来の患者について発行している病院も多くなっていますが、院内処方の病院では調剤を外来の患者について行うときもあります。

病院で使う薬剤はいろいろあり、調剤薬局では取り扱っていない薬剤もあります。

 

病院の薬剤師はどのようなときにやりがいを感じるか?

病院の薬剤師がやりがいを感じるのは、次のようなときです。

 

患者が元気になるのが体感できる

特に、病院の薬剤師は、患者と直接触れ合うチャンスが多くあります。

仕事は入院している患者のサポートであるため、長期間一人の患者に接することができます。

最初は体調が良くなくて辛そうであった患者が、だんだん元気になって、無事に退院する様子を見ることもできるので、このようなときはやりがいを薬剤師として感じるときが多くあるでしょう。

また、直接患者や家族から感謝されるチャンスも多くあるため、仕事のモチベーションにこのことをしている病院の薬剤師もいます。

 

最新医療に携われる

基本的に、病院の薬剤師が仕事をしている職場は最新医療を行っているため、最新医療あるいは最先端医療に携われるというメリットもあります。

薬剤師としてドラッグストアや調剤薬局で仕事をしていても、ほとんど医療現場に立つチャンスはありません。

しかし、病院の薬剤師であれば、患者と直接接するチャンスも多くあり、看護師や医師とチーム医療に加わって一緒に行動することによって、最新の医療のスキルや知識をマスターすることができます。

また、薬剤師が仕事をする病院では、CRS(治験支援会社)や製薬会社の新しい薬剤の開発に協力しているときもあります。

病院の薬剤師がこのチームのメンバーになるときも多くあり、適正な治験薬の管理、適正な投与のチェックなどを担当するときがあります。

このような仕事は病院の薬剤師ならではのものであり、薬剤の研究や治験に貢献できるためやりがいがあるというような方も多くいます。

 

病院の薬剤師がやりがいを感じられないときの対応方法とは?

ここでは、病院の薬剤師がやりがいを感じられないときに対応する方法についてご紹介します。

 

患者のためであるということを忘れない

忙しく病院の中で仕事をしていれば、目の前の仕事や会議などのことで大切なことを忘れがちになります。

しかし、今一度何のために自分は仕事をしているかを思い出してみましょう。

薬剤師の仕事の目標としては、患者のためであるということがあります。

目の前の仕事に追われないで、患者のためであると考えると、やる気が自然に湧いてくるでしょう。

小さな作業や面倒な仕事も、患者のためであるということを忘れないようにしましょう。

 

薬剤師の資格が活用できる仕事を行う

薬剤師の資格が活用できる仕事としては、選択肢が幅広く準備されています。

そのため、現在の仕事にこだわらないで、違った仕事を行うのも一つの方法です。

実際には、自分には他の仕事の方が適しているということもあり得ます。

例えば、薬剤師でも病院の薬剤師のように専門性がより要求されるところでなく、医療現場ではない卸や企業、調剤薬局などが適しているかもしれません。

選択肢を拡大して、自分に適した職場を見つけてみましょう。

 

信頼できる同僚などに相談する

やりがいを感じられないときは、どのようなことを目標にして仕事をすればいいかわからなくなったりします。

そのため、信頼できる同僚などに、仕事のどのようなところにやりがいを感じているかなどについて相談してみましょう。

同じ仕事を行っている同僚などに相談することによって、新しい発見があるでしょう。

 

まとめ

病院の薬剤師の仕事とやりがいについて、今回は説明していきました。

 

患者さんのため、という初心を忘れることなく、やりがいをもって取り組みたいですね。

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 病院の薬剤師