薬剤師の病棟業務の進め方・やりがいについて

 

 

病院薬剤師業務にあって調剤薬局の薬剤師業務にないものと言えばまず、病棟業務が挙げられます。

 

病院での勤務経験がない人は病棟業務と聞いて何を思い浮かべますか。

 

きっと、患者さんのベッドサイドでの服薬指導やチーム医療をイメージする人がほとんどではないでしょうか。

 

ベッドサイドでの服薬指導やチーム医療に携るために、病院薬剤師を目指す人がかなりいるため、これらが病棟業務の代表例とされているからだと思います。

 

実はこの病棟業務、つまり薬剤師が病棟で行う業務は、服薬指導やチーム医療以外にもたくさんあります。

 

今回は、病棟業務にはどのようなものがあるのか、またそれらの内容や進め方、やりがいについてもお話していきます。

 

病棟業務とは

 

まず、多くの病院で行っている薬剤師の病棟業務の例を挙げてみたいと思います。

 

〇入院患者さんの持参薬のチェック

〇入院中の服薬指導

〇退院時の服薬指導

〇生活習慣病教室の講師

〇救急カートやストック薬の管理

〇チーム医療のカンファレンスへの参加

〇医師の回診の付き添い

などです。

 

病院によってはここに挙げたもの以外の業務もしていることもありますし、もっと業務数が少ないこともあります。

 

このリストを見てどのような印象を受けましたか。

 

思っていた以上の業務数をこなしていると感じた人もきっといますよね。

 

病棟業務の種類もたしかに多いのですが、私自身が個人的に大変だと思ったことは、これらの業務を薬剤部内の調剤・監査業務などと並行して行わなければいけないことでした。

 

外来患者さんの大量の処方箋や入院患者さんの定時処方箋・臨時処方箋の調剤・監査業務に加え、ストック薬の補充や配薬カートのセットなどなど、病棟業務以外の業務が毎日盛り沢山で、それをこなしていくこともただでさえ大変だったのです。

 

病院薬剤師の中には、この大変さが手に取るように分かるという人も多いのではないでしょうか。

 

その上、私が勤務していた大病院は、診療科ごとになっている一つの病棟に一人の薬剤師がそれぞれ担当制で配置され病棟業務を行っていました。

 

つまり、他の薬剤師と協力して病棟業務をするのではなく、一人で担当する病棟の責任を持ち、薬剤部の仕事との調整をしながら業務を行わなければいけないということです。

 

午前中は薬剤部内を走り回り、午後になると病棟に急いで上がって病棟業務を終わらせるのが日課だったのを昨日のことように思い出します。

 

ドラマや漫画でみるような、病棟で優雅に他の職員とおしゃべりをしていたり、患者さんとプライベートの話で盛り上がったりという優雅なシーンは実際にはどこにもありません。

 

少なくとも私が病院薬剤師だった時は、四六時中、時間に追われて業務をして、家に帰る頃はクタクタに疲れていた記憶があります。

 

病棟業務の内容とその進め方とは

 

病院薬剤師の病棟業務とその忙しさを前項目でお話してきましたが、この項目ではその内容や進め方について説明していきます。

 

<ベッドサイドでの服薬指導>

 

〇服薬指導依頼が出る

 

ベッドサイドの服薬指導は、まず医師から服薬指導の依頼を受けることから始まります。

 

この過程を知らない人の中には、薬剤師が勝手にベッドサイドまで行って服薬指導するイメージがある人も多いのではないでしょうか。

 

服薬指導は、治療上服薬指導が必要と医師から判断された患者さんにのみ行うのが通常です。

 

ただ、チーム医療が原則ですから、薬剤師やその他看護師などのコメディカルから「この患者さんは服薬指導が必要だと思われます。」と医師に提案あり、それが元になって服薬指導依頼が出ることがあることも覚えておいてほしいポイントです。

 

〇服薬指導依頼と内容をチェックする。

 

例えば、電子カルテを利用している病院であれば、その電子カルテの中で、服薬指導依頼が出ている患者さんを薬剤師側が確認できるようになっています。

 

私は、その依頼を確認して服薬指導をする患者さんをリストアップした後、その方たちのカルテチェックをしていました。

 

カルテチェックの内容は、処方箋の内容、薬歴はもちろんのこと、病態や検査値、またカルテには患者さんと話した医師や看護師の会話記録も残してありますので、それも合わせて確認します。

 

この確認事項を見て、「他の職種と患者さんの会話から何が分かるの?服薬指導に他の職種の会話内容が関係あるの?」と疑問に思った人もいますよね。

 

私が常に、会話記録をチェックしていたのは、その患者さんが治療に意欲的なのかそうでないのか、素直に聞いてくれる人なのかどうか、理解力があるのかどうかなどを確認したかったためです。

 

服薬指導は、生身の患者さんとのやりとりになりますので、事務的に薬の効能や飲み方などを一方的に説明するだけでは意味がありません。

 

相手が理解してくれているかどうか、理解しようとしてくれているかということが一番大切です。

 

会話の状況から理解が難しいと予想されている患者さんには、薬の説明をイラストで描きなおしてから患者さんのところに伺うということもしていましたので、会話情報はとても大切な情報源でした。

 

〇ベッドサイドで服薬指導

 

薬の説明書など、服薬指導に必要な書類を準備するといよいよ患者さんのベッドサイドまで伺って薬の説明をします。

 

服薬指導を始める前ですが、患者さんが説明を聞く体制であるかどうか確認するために、私は「お薬の説明に来たのですが、今説明しても大丈夫ですか?」を聞き、OKが出た患者さんに服薬指導をしていました。

 

忙しい最中での服薬指導ですので、できれば強引に服薬指導してしまいたいと普通は思いますよね。

 

ですが、患者さんが説明を聞こうと思ってくださらないと、結局服薬指導自体が無駄になってしまうため、患者さん最優先でスケジュール調整をすることが必要だと判断しました。

 

中には、お昼寝中であったり、精神的に人の話を聞く状態ではない患者さんもいらっしゃいましたので、時間をおいて伺ったり、改めていつ伺ったらよいのか聞いたりして工夫いました。

 

〇医師や看護師に報告

 

服薬指導は、服薬するための指導のことなので、こちらから患者さんにお話しすることが主なことだと思っている人もいると思います。

 

しかし実は、服薬指導の最中、特にベッドサイドでの服薬指導では、薬剤師が患者さんにお話しする時間よりも、患者さん自身が不安に思っていることや疑問点などを薬剤師に話す時間の方が長いことが多いです。

 

薬剤師がベッドサイドに座ってゆっくり話を聞くので、きっと他の職種の人に話すよりも話しやすい環境ができているためかもしれません。

 

こうした患者さんの話の中で、「この情報は、医師や看護師に伝えておいた方がいい」と薬剤師が判断するものがある時は、それを服薬指導後にまとめて、医師などに報告するのも服薬指導の大切な仕事の一つです。

 

〇薬剤部に帰って服薬指導記録を書く

 

病棟での服薬指導が終わっても、服薬指導業務がすべて済んだわけではありません。

 

指導した内容をSOAP形式などで、カルテに書き込む仕事が次の手順です。

 

私は、この業務を薬剤部に帰って行っていましたが、薬剤師の中には病棟内の電子カルテにそのまま入力する人もいるでしょう。

 

薬剤師がどのような指導をしたのか記録に残す重要な業務です。

 

〇服薬指導の算定のため事務に送信

 

服薬指導指導記録が終わると、服薬指導の算定のため、服薬指導をしましたと言うような内容を電子カルテで医療事務に送信します。

 

これで、一通りの服薬指導業務が終わったことになります。

 

<生活習慣病教室>

 

病棟業務は、患者さんへの講師などもしなくてはいけないのかと驚いた人もいるのではないでしょうか。

 

この業務は、生活習慣病病棟の担当の薬剤師でないとあまり経験することもないと思いますが、生活習慣病病棟に教育入院されている患者さんにとっては、病識をつけるためのとても大切なものです。

 

病院によって進め方は様々です。私の病院では週に一回、新規入院の生活習慣病患者さんを対象に、コミュニティールームのようなところでホワイトボードを使って生活習慣病の授業のようなものをしていました。

 

人前で話すのはやっぱり緊張するからちょっとできない、やりたくないという薬剤師もきっといますよね。

 

私も最初はそうでしたが、やっていくうちに慣れていくものですので意外と大丈夫ですよ。

 

私は初めに、病態について説明し、なぜ病気になるのか、また病気を改善させるにはどのようにしたらよいのか、治療薬の種類やその効能・副作用などを図やイラストを用いて説明していました。

 

緊張はしましたが、今ではとても楽しい思い出になっています。

 

<医師の回診>

 

医師の回診に合わせて、参加します。

 

たいていは医師と患者さんのやりとりを見て勉強する感じで終わるのですが、時々医師から薬についての質問が薬剤師に飛んでくることもあります。

 

大勢の医師と患者さんの前で質問に答えなければいけないなんてドキドキしますよね。

 

緊張したせいで、出てくるはずの回答が出てこないなんていう経験も私はしていますが、それがもっと勉強しなければと思うきっかけにもなりました。

 

医師同士の会話や、患者さんとのエピソードなどを聞く機会にもなりましたので、私にとってとても貴重な経験です。

 

<ストック薬や救急カートの管理>

 

薬剤部内の業務に支障が出ないように、業務の合間を縫って病棟に上がり、ストック薬や救急カートの期限切れのチェックをしていました。

 

一つ一つバイアル便やアンプルに書いてある期限をチェックして、期限が近付いているものは薬局に持ち帰る業務です。

 

地味な業務のように見えるかもしれませんが、きちんと品質管理をし、安全なものを患者さんに投与するうえでは欠かせない業務と言えます。

 

<チーム医療カンファレンス>

 

私の職場は、定期的に医療の専門家が集まるカンファレンスがあり、そこで治療結果のあまり良くない患者さんなどを取り上げて、それぞれの専門家の意見を出し合いながら、患者さんの状態を改善するための話し合いを行っていました。

 

薬の専門家として意見を言えるだけでなく、他の専門家の意見を聞いてとても勉強になりました。

 

病棟業務のやりがいって何ですか

 

ここまで、病棟業務は種類が多い、薬剤部内の業務と並行して大きな責任下で行わなければならないなど大変なことを書き連ねてきました。

 

「こんなに大変なら、病棟業務なんてやりたくない。」と思った人も正直いるのではないでしょうか。

 

病棟業務は確かに大変で、神経を使うことも多いのですが、私自身、病棟業務を経験して本当に良かったと思っています。

 

それは何より、患者さんからの感謝の声を直接聞けたり、先ほども少しお話ししましたが、他の職種と関わることで薬剤師としての勉強もできたからです。

 

 

まとめ

 

今回は、病棟業務の内容や進め方、やりがいについてお話してきました。

 

大変なイメージの薬剤師の病棟業務ですが、大きなやりがいも同時にある仕事であることが分かったのではないでしょうか。

 

病院によって病棟業務の進め方はそれぞれ違うと思いますが、どの病院でも自分のやりがいを見つけられれば、病棟業務が楽しいと思えるはずです。

 

私の場合は、患者さんの声がこの仕事の特に大きなやりがいにつながりました。

 

「あなたが親身に私の言っていることを聞いてくれたり、薬のことを教えてくれたりしてくれたおかげで、治療に前向きになれました。本当にありがとう。」

 

「あなたの説明が本当に分かりやすかった。」

 

「怠け者だった私に、これから運動して食事にも気をつけようと心から思わせてくれたのはあなたのあの授業よ。」

 

患者さんからいただいた涙が出るほどうれしい言葉を、私は一生忘れません。

 

 

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 病院の薬剤師