学校薬剤師の役割とは?仕事内容や給料について薬剤師が解説。

 

 

学校薬剤師という職業をご存知でしょうか。

 

学校と言う名前を聞いて「学校には薬局がないのに薬剤師が必要なの?」と思った人もいると思います。

 

また、学生時代、学校薬剤師に会ったことがなくどのような仕事をしているのか想像できないという人も多いですよね。

 

今回は、学校薬剤師について役割や仕事内容、また実際に学校薬剤師になった人にどのようなところが大変かを聞きましたので、それらのことについてお伝えしたいと思います。

 

学校薬剤師とは

 

学校薬剤師は、保険安全法で、大学以外の学校に設置することが義務図けられています。

 

ここで、学校保険安全法を見てみましょう。

 

<学校保健安全法>

第23条 学校には学校医を置くものとする。

2 大学以外の学校には学校歯科医及び学校薬剤師を置くものとする。

3 学校医、学校歯科医及び学校薬剤師は、それぞれ医師、歯科医師及び薬剤師のうちから任命し、又は委嘱する。

4 学校医、学校歯科医及び学校薬剤師は、学校における保健管理に関する専門的事項に関し、技術及び指導に従事する。

 

とあります。

 

これによると、学校薬剤師は保険管理に関する専門的なことに対して指導をすると書いてありますよね。

 

実際にどういうことなのか、次の項目で詳しく見ていきます。

 

 

学校薬剤師の仕事内容

 

学校薬剤師の仕事には、

 

〇学校環境衛生の維持管理に対しての指導・アドバイス

〇健康相談

〇保健指導

〇薬品類の保管・管理

 

があります。

 

これだけではピンと来ないと思うのでそれぞれの中身を見ていきましょう。

 

<学校環境衛生の維持管理に対しての指導・アドバイス>

 

学校保健安全法第5条の規定により、学校の学校環境衛生活動の1年間の計画である「学校保健計画」を立案し、その計画に基づいて学校環境衛生検査を実施しています。

 

検査内容は以下に示します。

 

  1. 教室等の環境に係る学校環境衛生基準
    • 換気及び保温等
    • 採光及び照明
    • 騒音
  2. 飲料水等の水質及び施設・設備に係る学校環境衛生基準
    • 水質
    • 施設・設備
  3. 学校の清潔、ネズミ、衛生害虫等及び教室等の備品の管理に係る学校環境衛生基準
    • 学校の清潔
    • ネズミ、衛生害虫等
    • 教室等の備品の管理
  4. 水泳プールに係る学校環境衛生基準
    • 水質
    • 施設・設備の衛生状態
  5. 日常における環境衛生に係る学校環境衛生基準
    • 教室等の環境
    • 飲料水等の水質及び施設・設備
    • 学校の清潔及びネズミ、衛生害虫等
    • 水泳プールの管理
  6. 雑則(臨時検査)

 

これを見ると、かなり検査項目が多いことに驚いた人も少なくないのではないでしょうか。

 

こんなに検査をする必要があるのかと疑問を持つ人も中にはいると思いますが、どれも子供たちの安全な環境を守るには必須の検査です。

 

たとえば、換気が悪ければ、風邪やインフルエンザなどの感染リスクが高まることが予想されますよね。

 

照明に問題があれば、黒板の文字が見えにくくなってしまったり、騒音があれば、授業が聞こえなかったりということも想像できると思います。

 

また、飲料水やプールの水の検査も、子供たちの健康を守るためには必要不可欠です。

 

特に飲料水に関しては検査項目がとても多く、味、臭気、濁度、色度、水素イオン濃度、細菌数、残留塩素などを検査しなければなりません。

 

このように、学校薬剤師は、子供たちの心身の健康を守るために学校での安全で安心な生活を確保できるよう努めているのです。

 

<健康指導・保健指導>

 

学校の子供たちに対し、医薬品の使い方や危険ドラッグ、違法薬物の恐ろしさを伝える仕事です。

 

医薬品は、一歩間違えると体に害を及ぼしてしまいかねないということで正しい使い方を指導します。

 

危険ドラッグ、違法薬物については、乱用を防止するためパンフレットや補助資料を用いて説明したりしますが、この資料の作成の仕事も学校薬剤師の業務の一つです。

 

「そういえば、学校でドラッグについての説明を聞いたことがある。」と思い出した人も中にはいるのではないでしょうか。

 

体育館などの場所に生徒が集まり、専門家の話を聞きましたよね。

 

当時、説明をしている人が学校薬剤師だとは気づかなかったかもしれませんが、私たちが学校生活の中で知らず知らずのうちに学校薬剤師と関わっていたことが分かったと思います。

 

<薬品類の保管・管理>

 

保健室や理科室には、毒物や劇物などの薬品が保管してあります。

 

学校薬剤師は、この薬品の保管や管理をする仕事をしているのですが、実は昭和初期に起こってしまった悲しい事件からこの業務が必須だということになりました。

 

これは学校薬剤師という職業ができたきっかけになった事件なのですが、それに関しては次の項目で説明します。

 

学校薬剤師が必要なわけとは

 

1930(昭和5)年、小樽市の小学校で風邪をひいて体調の悪い女子児童に「アスピリン」を服用させるつもりが誤って塩化第二水銀(昇汞・毒薬)を服用させてしまったという事件がありました。

 

塩化第二水銀は消毒薬ですが、これを服用した結果、女子児童は亡くなってしまったのです。

 

このような痛ましい事件が二度と起こらないために薬の専門家を学校にも置くべきだということで、昭和6年に小樽市が学校薬剤師を委嘱したんだそうです。

そして、この流れは全国に波及し、昭和33年には学校保健法が公布されて、学校には学校医、大学以外の学校には学校歯科医又は学校薬剤師を置かなければならないということが定められました。

 

たしかに、学校には薬品が数多くあります。

 

それらの管理を徹底しなければ、子供たちを危険にさらしかねません。

 

学校薬剤師の仕事は、子供たちの衛生だけでなく命も守っている責任が重い業務なのだということが分かりますよね。

 

どうやったら学校薬剤師になれますか?

 

<学校薬剤師の資格>

 

学校薬剤師になるには、特別な資格は必要なく、薬剤師免許を持っていれば学校薬剤師になることができます。

 

ただし、日本薬剤師会によると学校薬剤師には、

 

  • 教育にふさわしい人間性を持つ
  • 教育に正しい理解を持つ
  • 職務に必要な知識の研鑽(講習会、研修会への参加)

 

が必要とのことです。

 

子供たちに接する職業ですから、上記の条件が必要な理由は当然理解できますよね。

 

<学校薬剤師の求人>

 

「学校薬剤師になろうと思っても、求人広告やオンライン上の求人サイトで学校薬剤師の求人なんて見たことがない。」という人がほとんどだと思います。

 

それもそのはず。学校薬剤師を求人欄で募集することはまずありません。

 

そもそも学校薬剤師の任命委嘱する機関は、学校の種類によっても違います。

 

私立学校では学校法人が、公立学校では地方公務員の特別職として教育委員会が、国立学校では国家公務員の一般職として教育委員会が任命委嘱しています。

 

任命委嘱されないと学校薬剤師にはなれませんから、まず教育委員会や薬剤師会に問い合わせて学校薬剤師について聞いてみることが必要です。

 

学校薬剤師は、全国的に不足している事実がありますので、問合せをすればきっと受け入れてくれる機関が見つかると思いますよ。

 

学校薬剤師の報酬は?

 

学校薬剤師の報酬ですが、年間0円~50万円くらいが相場です。

 

0円、つまりボランティアで学校薬剤師をしなければいけないことが学校によってあるということです。

 

この結果から学校薬剤師が不足する理由がなんとなく分かると思った人も多いのではないでしょうか。

 

学校薬剤師は、毎日学校で業務するわけではないため、副業として行っている薬剤師がほとんどです。

 

そのため、収入は気にしない、子供たちのために働けるというやりがいがあればいいという薬剤師も割と多いです。

 

多くの学校では、年間15万円前後の報酬を学校薬剤師に払っているそうですので、学校薬剤師の報酬はお小遣い程度と考えておくといいかもしれません。

 

ちなみに私の知り合いが学校薬剤師をしていた時は1か月2万円程度だったそうです。

 

学校薬剤師の体験談:何が一番大変だったか

 

私の知り合いの薬剤師の中に、調剤薬局での仕事の副業として学校薬剤師をしている人がいます。

 

彼に、学校薬剤師の何が大変だと思ったかを聞いてみました。

 

彼にとって一番大変だったのは、健康指導・保健指導で、全校生徒の前に立たなければいけないことだったそうです。

 

麻薬の説明と、食物アレルギーが起こった時のエピペンの使い方についての指導の準備をするときに、子供たちが飽きないようにするにはどのようにすればよいのかを考えるのにかなり時間がかかったと言っていました。

 

そして、何より大変だったのは、多くの全校生徒の前に立つことだったようです。

 

薬剤師の仕事では、大勢の人の前に立って話す機会はないに等しいので、多くの薬剤師は人前に慣れていないのが実際のところなのではないでしょうか。

 

学校薬剤師の彼も同じで、「本当にどうしよう・・・」と指導の2、3日前から緊張をしていました。

 

しかし、指導が終わった後に感想を聞いてみたところ、「意外と楽しめた、子供たちが一生懸命聞いてくれたことが嬉しかった。」と笑顔で言っていました。

 

「このやりがいがあるから学校薬剤師はやめられない。」とのことでしたので、やはりやりがいのある仕事であるは間違いないようです

 

まとめ

 

今回は、学校薬剤師についていろいろと見てきました。

 

学校薬剤師の必要性や仕事内容、やりがいなどが分かったのではないでしょうか。

 

多くの薬剤師は、副業で学校薬剤師をしていることはすでにお話ししましたが、副業ということは、本業がお休みの日にわざわざ学校に行って仕事をしなければいけないということです。

 

子供たちの役に立ちたいという思いがなければ続けられない仕事ですよね。

 

薬剤師の中には、この学校薬剤師の仕事を掛け持ちしてやっている人もいるそうですので、学校薬剤師は彼らのボランティア精神に支えられていると言っても過言ではないと思います。

 

しかし、先ほどお話ししたように学校薬剤師は今も大幅に不足しています。

 

より多くの薬剤師が学校薬剤師を希望するように、報酬を少し上げるなどの対策が今後とられればいいですよね。

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 病院の薬剤師