薬剤師の仕事が機械化されることで変化する未来とは?

 

近年、様々な職業で機械化が進んでいますが、薬剤師の仕事もその一つとなってきているようです。機械化が普及することで、薬剤師の仕事がなくなるのではないか?と不安になっている方が多いのではないでしょうか。

そんな方にむけて、機械化になることのメリットや、これからの薬剤師が求められることを詳しく紹介していきます。

現役薬剤師の方や、これから目指している方は是非参考にしてみてください。

 

この先薬剤師がいなくなる?薬剤師が機械化になることのメリット・デメリット

 薬局での仕事が機械化することで、どういった点で役立つのか、またどんな不便さが出てしまうのか気になりますよね。

ここでは、薬剤師が機械化になることでのメリット・デメリットを紹介していきますので、詳しく知りたい方は要チェックです。

 

薬剤師が機械化になることのメリット

機械化することの一番のメリットは、医療ミスがなくなることです。

薬剤師の役目だった調剤を機械が担当するため、調剤過誤といったミスがなくなります。調剤一つで患者の命を奪いかねないので、これは大事なポイント。

 

実際に、毎年調剤過誤などの医療ミスで沢山の人が被害にあっており、その中には亡くなってしまった方も少なくありません。

 

調剤する薬剤師さんの疲れがたまっていたり、人手が足りていないことからのミスも多いそう。機械であれば、人間と違って疲れて集中力が切れることもないので、安心して任せられるところも大きなメリットであると言えますね。

 

さらに、機械による調剤の自動化に変わったことで時間短縮に繋がり、患者の待ち時間も減ります。今まで調剤に時間がかかって患者とのコミュニケーションに時間がとれなかった薬剤師さんは、機械化することでもっと患者からの相談や悩みを聞く余裕ができますよ。

 

薬剤師が機械化になることのデメリット

機械化することのデメリットとして挙げられるのは、停電時や故障してしまった際に薬局として機能できなくなるところです。

機械であるため、イレギュラーなことが起きた際に、完全に作業がストップしてしまいます。場合によってはその日いちにち動かないなんてこともあり得ます。

そういった際には、すぐに問題なく薬剤師さんが動けるようにマニュアルを作り日頃から目を通しておく必要がありますね。また、故障時には専門の業者にお願いしなければならないため、費用がかさむのも欠点です。

 

また、もう一つのデメリットとして、導入する際にコストがかかるという点もあります。

まず、機械一台の費用が高く、それだけでもかなりの痛手なのですが導入する際にも業者の手がいるため、かなりの金額になります。

ですがコストがかかる分、導入した後は人件費の削減やひとりひとりの患者の回転数を上げることができるので、そういったところを重視したい薬局にはおすすめできますね。

 

薬剤師の仕事はどのように変わるのか

調剤などの仕事は機械に変わったことで、薬剤師は何をしたらいいのか?また、自分の仕事がなくなったと不安に感じる方が多いでしょう。

ここからは、機械化したことで薬剤師がするべき仕事をお伝えしていきます。

薬剤師のする仕事がないと悩んでいる方は、こちらを読めばその悩みは解決しますよ。

 

機械化が進む中で薬剤師ができること

機械を導入している薬局で働く薬剤師の中には、「システムが充実してきているためやる仕事がない」「このままずっと薬局に勤めていて大丈夫だろうか」という悩みを抱えている方が多く見られました。

 

機械化が進む中、薬剤師にできるのは患者とじっくり話し、ヒアリングすることです。

 

機械には、調剤業務や薬歴管理などプログラムされていることはできますが、患者の思いを読み取ってコミュニケーションを取ることはできません。その欠点を薬剤師がカバーして患者との交流を深めていくことが大事になります。

 

また、患者の中にはドクターとの意思疎通が上手くいかず、患者の希望とは違う薬が出されている例が多々あります。そういった患者の話をしっかり聞いて、ドクターに疑義照会をかけることができるのも薬剤師が話をじっくりヒアリングするからできることですね。

 

機械化が普及したらどんな薬剤師が求められる?

 

今、薬局の約半数が機械の導入をしているそうです。その中で、薬剤師はどんな仕事が

できるか・どんなスキルをもっていることが強みになるのでしょうか。

 

ここからは、薬局や患者に求められる薬剤師になるために必要なことを具体的に紹介

していきますので、早速見ていきましょう。

 

薬剤師が求められるスキルとは?

 

機械を使っていく時代に変わる中で、薬剤師の仕事の大半も自動化されてきています。

 

調剤などに取られていた時間が、患者との交流の時間に変わってきている今、ひとりひとりの患者のことを理解することが大事になってきます。

さらに、思いを理解したうえで何をしたら患者の役に立てるのかを考え、行動に移せることが必要となります。

 

実際に、患者から求められている薬剤師は、どの方も思いやりをもって患者と向き合っています。

例えば、薬の説明だけで終わらせてしまわずに、患者の病気に合わせた病院・ドクターの紹介や、悩み事や心労などを傾聴したりなど、個人の悩みに寄り添っていくことで、患者から求められる薬剤師になるでしょう。

 

機械では患者の信頼を得ることはできませんが、人間の薬剤師ならばいくらでも信頼を得ることができます。患者と向き合うからこそ生まれる信頼を大事にしていけば、これから機械化が普通になっても、求められる薬剤師でいられますね。

 

まとめ

 

これから先、機械化・IT化は様々な分野で見られるようになるでしょう。

 

機械と共存していくことで、自分ができることは何か・強みは何かを見出すことが重要になっていきます。

さらに、機械にはできない人との深い関わり合いを大事にし、患者一人一人に合わせて柔軟に対応できることもポイントですね。

 

薬剤師として求められるために、知識を磨き、自分にしかできない思いやりを見つけてみてください。

 

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 病院の薬剤師