管理薬剤師を辞めたいという人の理由は?

管理薬剤師とは?

「管理薬剤師」とは、その薬局の責任者です。

薬機法にも「薬局の管理者は、保健衛生上支障を生ずるおそれがないように、その薬局に勤務する薬剤師その他の従業員を監督し、その薬局の構造設備及び医薬品その他の物品を管理し、その他その薬局の業務につき、必要な業務をしなければならない」と明記されています。

つまり、薬局で管理薬剤師の役職を任されることは、薬についてだけではなく、その薬局全体の管理監督をしなければなりません。

 

どのような仕事をしているの?

一般薬剤師と同じく、調剤や服薬指導はもちろん行います。しかし管理薬剤師には、いくつかのプラスアルファの業務があります。

まずは、在庫管理です。薬局の在庫を適正に管理する必要があるため、患者さんの需要なども考慮して、医薬品の発注を行います。

それに加えて、現場の管理監督も重要な業務です。人間関係が円滑になるように働きかけなければなりません。スタッフの能力を見極めて、適材適所に人を配置することも必要となります。

一般薬剤師と管理薬剤師の違いは?

管理薬剤師と一般薬剤師の違いは、薬局の責任者であるかどうかです。

管理薬剤師は、薬局全体の管理を行う責務があるため、調剤業務だけでなく、スタッフのシフト管理や、行政への提出物などの管理も行います。

 

管理薬剤師を辞めるとき

管理薬剤師として業務をこなし続けることは、一般の調剤業務だけでなく、管理業務も行うために肉体的にも精神的にもストレスがかかります。

また、管理薬剤師は必ずしも年長の薬剤師がなるとは限りません。年齢の若い薬剤師が任されることもあります。そのような場合は、管理者として年上の薬剤師にも注意しなければならないので、人間関係の難しさを苦痛に感じる場合もあります。

 

退職理由はどのようなものが多いの?

管理薬剤師になると、スタッフや従業員の管理や教育も任されています。素直に指示に従ってくれる人ばかりでは良いですが、そうでない人も出てきます。限られた人数の狭い薬局内では、人間関係にもつれが生じると、最悪な状態になります。

また、管理薬剤師は負わされている責任と仕事量に対して、手当は低めです。管理薬剤師手当は月に1万円~5万円ほどが一般的です。

業務のハードさに対して、給料が見合わないと感じることも少なくありません。もっと仕事量が少なく、良い条件の職場が見つかった時には「転職」が選択肢に入ります。

 

円満に管理薬剤師を辞めるときの本音と建前は?

管理薬剤師が退職するときは、人間関係やハードワークが原因となることが多いです。

しかし、職場や待遇に不満があった場合でも、退職の理由にするべきではありません。お互いにしこりが残らない様に、退職するときは、あくまでも「キャリアアップのため」など前向きな理由にしましょう。

実際に退職を決意するときの本音としては、

・職場の人間関係の悪化

・仕事量に対して、給料や待遇の不満

・休みが取れない

・向上心の薄れや、ルーチン業務への飽き

などが、代表的な本音の理由です。

ただ、退職を伝えるときにはあくまでも、前向きな理由を会社に伝えます。具体的には、

・スキルアップのため

・薬剤師として、もっと幅広い経験を積みたい

・開業、独立を目指すために勉強したい

など、これからのキャリアやスキルに繋がる理由を全面に押し出すことがポイントです。管理薬剤師は、退職を申し出ても簡単に辞めさせてもらえないことが多いです。「自分の代わりはいないから、辛くても我慢しなければ…」と無理を続けると、心身ともに健康を崩すことがあるため、退職を決意したときは円滑に退職を進めましょう。

曖昧な理由で話を進めると、改善策を提示されて強制的に引き留められることがあります。引き留められた時でも、はっきりと自分の意思を押し通せる退職理由を準備しておくことが大切です。

 

管理薬剤師としてのやりがいは?

管理薬剤師として現場を任されることは、とてもやりがいのあることです。管理薬剤師として勤務するためには、それなりの知識や人をまとめる能力がなければ務まりません。

誰でも簡単にできる仕事ではなく、社会的な信頼もある立場です。

その立場を任されることで、一人の薬剤師としてキャリアアップできることは間違いありません。

 

メリット

管理薬剤師として働くことのメリットの一つに給料が挙げられます。

年収としては、一般薬剤師よりも60万円~120万円の増額が見込めます。

また、「管理薬剤師」を経験しているとしていないでは、市場価値が全然違います。経験があり、管理能力も持った薬剤師として見てもらえるので、転職の際にも経験が有利に働きます。

やりがいの面から考えても、目標の売り上げや数値を達成した時には、達成感が他のスタッフとは違います。責任を伴い、仕事量が増える分、やりがいを感じることが出来る立場です。

デメリット

管理薬剤師としてのデメリットは、業務内容の多さと責任の重さです。

一般薬剤師と比べると、書類作成やデータ集計などの事務業務やデスクワークも増えます。さらに、薬剤に関しても在庫管理だけでなく、値引き率や後発品調剤率などの細部にまで気を付けなければなりません。

外来の調剤業務が終わっても、残業しなければならないことが多いです。残業代は年収に含まれている場合がほとんどなので、時給換算すると給料と仕事量が見合わないことが

あります。

管理薬剤師は、その立場上、他のスタッフを管理しなければなりません。時には厳しい言葉も言わないといけないため、他のスタッフから一線を引かれ、孤独になりやすい一面もあります。

 

まとめ

管理薬剤師として仕事をすることは、良い面も悪い面もあります。しかし、その経験は薬剤師のキャリアとしてはプラスになります。

初めから完璧な管理薬剤師になれる人はいないので、より信頼される薬剤師を目指すステップとして考えてみてはいかがでしょうか。

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 病院の薬剤師