がん専門薬剤師になると年収はどのくらい上がる?

 

 

現在、専門薬剤師の資格は5種類あります。

 

専門薬剤師の資格は、それぞれの専門分野において、高度な知識とスキルを持っている薬のエキスパートだと認められた証明です。

 

薬剤師としてスキルアップをしたいと思っている薬剤師の中には、専門薬剤師の資格を取得したいと思っている人も意外と多いのではないでしょうか。

 

ただ、専門薬剤師の資格を取得を目指す前に、専門薬剤師の仕事内容や資格を取得したことにより収入がどのくらいアップするのかは知っておきたいところですよね。

 

今回は、5つの専門薬剤師の中のがん専門薬剤師にスポットを当て、その仕事内容や年収、また資格取得のための条件などをお話ししていきます。

 

がん専門薬剤師の仕事内容とは?

 

がん専門薬剤師は、がん治療のチーム医療の一員として、薬物治療分野の指導やサポートをするのが主な仕事です。

 

がん領域の薬物治療と言えば抗がん剤ですよね。

 

がん専門薬剤師は、患者さんのがんの種類や容態を見て、適切な抗がん剤の提案や薬の情報の提供、治療計画などを行っています。

 

また、抗がん剤はつらい副作用がある薬としても知られていますが、その副作用を最小限に抑えるにはどうしたらよいのか、またがんの痛みを対処する方法などもがん専門薬剤師は医師とともに考えていきます。

 

私たち薬剤師は、薬科大学で抗がん剤の勉強はしてきましたが、実際に患者さんの状態を見てどの抗がん剤をどのくらい投与すればよいのかということ提案できる薬剤師はとても少ないのではないでしょうか。

 

がん病棟などで経験を積んだり勉強したりしない限り、チーム医療の一員としての役目を果たせるほどのスキルは身に付けられませんから、がん専門薬剤師の資格がどれほど「専門」的なスキルの証明かがよく分かりますよね。

 

また、がん専門薬剤師はがん患者さんやその家族への説明やカウンセリングも大切な仕事の一つです。

 

スキルや知識だけでなく、相手の気持ちを考えた言葉遣いや思いやりも重要な仕事だと言えます。

 

がん薬剤師の仕事は他にもあります。

 

抗がん剤の調整を無菌室で行ったり、抗がん剤の管理や使用方法を他の医療スタッフと共有したり、知識のアップデートのため、研究や学会に参加したりと盛り沢山です。

 

このように、がん専門薬剤師はたくさんの業務を抱えながら、知識の向上のための努力をして日々辛い治療をしている患者さんに寄り添っています。

 

がん専門薬剤師の年収はどのくらい?

 

病院の一般薬剤師の年収が、調剤薬局やドラッグストアで働く薬剤師の年収より低めだというのは薬剤師の中では有名な話です。

 

がん専門薬剤師になることで、低いと言われている病院薬剤師の年収がどのくらいアップするのかはとても知りたいポイントですよね。

 

病院の一般薬剤師の年収 ―――― 約380万円。

がん専門薬剤師の年収 ―――― 約500万円~600万円

 

というデータがあります。

 

一般薬剤師に比べて、年収がかなりアップする印象なのではないでしょうか。

 

他の薬剤師にはないスキルや知識を持ち合わせていますから、年収のアップは当然と言えば当然だと思います。

 

また、専門薬剤師の資格手当としてプラスアルファ上乗せしてくれる病院もありますし、専門的に勉強しているということで、それが出世のきっかけとなることもありますよ。

 

がん専門薬剤師になるための条件とは

 

専門的な知識でチーム医療に参加して薬のエキスパートとして活躍できたり、収入アップも期待できたりするということで、ぜひがん専門薬剤師の資格を取得したいと思った薬剤師もいると思います。

 

では、がん専門薬剤師になるにはどうしたらよいでしょうか。

 

がん専門薬剤師の資格申請はまず、次の項目をすべてクリアすることが必要です。

 

  • 日本国の薬剤師免許を有し、薬剤師として優れた人格と見識を備えていること。
  • 薬剤師としての実務経験を5年以上有すること。
  • 日本医療薬学会の会員であること。
  • 日本医療薬学会認定薬剤師、日本病院薬剤師会生涯研修履修認定薬剤師、薬剤師認定制度機構により認定された生涯研修認定制度による認定薬剤師、または日本臨床薬学会認定薬剤師であること。
  • 日本医療薬学会が認定する専門薬剤師研究施設において規定の研修カリキュラムに従って、がん薬物治療に関する5年以上の研修歴があること。
  • 日本医療薬学会が認定するがん領域の講習会を50単位以上履修したこと。
  • がん患者さまへの薬学的介入症例サマリ50症例(3臓器・領域以上のがん種)を提出すること。

 

これらをクリアしてがん専門認定試験に合格すればがん専門薬剤師の資格が得られます。

 

この条件を見てどう思ったでしょうか。

 

がん専門認定試験に合格することも難しそうなのに、それだけではなく申請するための条件を満たさないといけないなんて、意外と厳しいとびっくりした人もきっと多いですよね。

 

条件の中では特に、日本医療薬学会が認定する専門薬剤師研究施設施設での5年以上の研修というのが、時間がかかり難しいと感じたのではないでしょうか。

 

上記のリストから分かるように、がん専門薬剤師になるには、講習会などの勉強に加えて、専門薬剤師研修施設での研修や症例の提出など、がん領域にある程度携わった経験が必要です。

 

 

ちなみに専門薬剤師研修施設はネットでも調べられますので、チェックしてみてください。

研修者を受け入れているかどうかも確認できますよ。

https://www.jsphcs.jp/nintei/cont/g-shisetsu.pdf

 

まとめ

 

今回はがん専門薬剤師について、仕事内容、収入、資格取得条件などを見てきました。

 

がん専門薬剤師の資格を取得するのは難しいけれど、がん領域でチーム医療に参加し、薬剤師の力を発揮できるのなら資格取得に向けて頑張ってみたいと思った薬剤師も中にはいるのではないでしょうか。

 

薬剤師の資格を持って薬局で働いていると、自分の専門領域が何なのか正直分からなくなることがあります。

 

薬剤師は全ての診療科の薬の知識を持っていないと、相互作用や重複投与などを防げないこともあり、専門分野よりも広い知識で仕事をしなければいけないことの方がとても多いからです。

 

医師のように自分にも専門分野があったらいいのにと私は何度も思ったことがあります。

 

広く浅くではなく、一つの分野を深く勉強し、その分野のエキスパートとして働くことができたら、自分のスキルにもっと自信が持てるのではないかと思うのです。

 

がん専門の薬剤師がもっと増え、がん患者さんのために薬剤師の専門知識を自信をもって役立ててほしいと思います。

 

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 病院の薬剤師