薬物療法専門薬剤師について。条件や仕事内容を紹介とは

 

 

世の中にはいろいろな専門薬剤師の資格があります。

 

専門薬剤師は、薬剤師の仕事においてスキルアップした証明であり、薬のエキスパートとしての高度な知識や技術を持っている薬剤師に認められる資格です。

 

薬剤師の中には、自分の技術を向上させるために専門薬剤師の資格を取得したいと思っている人も多くいるのではないでしょうか。

 

でも、専門薬剤師の資格の種類が多い分、どの専門薬剤師を選んで学べばよいのか迷っている人も中にはいますよね。

 

今回紹介するのは、薬物療法専門薬剤師です。

 

薬物療法専門薬剤師の仕事内容や、資格の認定条件などを見いきます。

 

資格取得について迷っている人はぜひ参考にしてください。

 

薬物療法専門薬剤師って何ですか?

 

薬物療法専門薬剤師は、幅広い領域の薬物療法における一定水準以上の知識と技術を用いて、患者さんに最大限の利益をもたらすことができると認められた薬剤師で、医療現場などで実際に活躍しています。

 

通常、専門薬剤師は、専門領域について深く学ぶことを求められるのに対して、薬物療法専門薬剤師は「幅広い領域の」薬物治療における知識・技術が求められるのが特徴です。

 

「なぜ薬物療法専門薬剤師は特に広範囲の知識が必要なの?」と疑問に思う人もいますよね。

その理由は、薬物療法専門薬剤師が、薬全体を把握していないと見つけられない相互作用などを解決する役割も果たすからです。

 

薬物療法専門薬剤師は、薬物療法におけるブレインとしてチーム医療には欠かせない存在と言えると思います。

 

薬物療法専門薬剤師の申請条件とは

 

薬物療法専門薬剤師の認定を申請するには以下の条件をすべてクリアしていることが必要になります。

 

(1)日本国の薬剤師免許を有し、薬剤師として優れた人格と見識を備えていること。

(2)薬剤師としての実務経験を5年以上有すること。

(3)申請時において、引き続き5年以上継続して日本医療薬学会会員であること。

(4)日本医療薬学会認定薬剤師であること。

(5)日本医療薬学会が認定する薬物療法専門薬剤師研修施設において、日本医療薬学会の定めた研修コアカリキュラムに従って、薬物療法に関する5年以上の研修歴を有すること。

(6)日本医療薬学会が認定する薬物療法の講習会を5年間で50単位以上履修していること。

(7)自ら実施した5年間の薬剤管理指導の実績50症例(4領域以上の疾患)を提出すること。

(8)医療薬学に関する全国学会あるいは国際学会での発表が2回以上あり、日本医療薬学会が主催する年会での本人が筆頭発表者となった発表を1回以上含むこと。

(9)医療薬学に関する学術論文が2報以上あり、本人が筆頭著者である論文を1報以上含むこと。学術論文は、国際的あるいは全国的学会誌・学術雑誌に複数査読制による審査を経て掲載された医療薬学に関する学術論文であること(複数査読を経ていない論文や商業誌の掲載論文は、本条の対象外)。

(10)日本医療薬学会が実施する薬物療法専門薬剤師認定試験に合格すること。

 

ちなみに認定期間は5年です。

 

また、(5)の日本医療薬学会が認定する薬物療法専門薬剤師研修施設ですが、研修施設名簿一覧https://www.jsphcs.jp/nintei/cont/y-shisetsu.pdfにリストが載っていますので、お近くの施設を探す際に利用してください。

 

薬物療法専門薬剤師の仕事内容

 

薬物療法専門薬剤師の仕事は、薬物療法に置いての高度な知識・スキル・臨床経験を生かして患者さんや他の医療スタッフたちに適切なアドバイスをすることです。

 

また、病院にかかっている患者さんの中には薬を服用することに不安を感じている人も少なくありませんので、そのような患者さんの不安や疑問を取り除くことも薬物療法専門薬剤師の重要な仕事になります。

 

ここまで読んで、「この仕事内容って、本来薬剤師がするべき仕事じゃないの?」と思った人も多分いますよね。

 

そうです。薬物療法専門薬剤師のスキルは薬剤師全員が持っていなければならないはずのスキルと言えます。

 

ただ、その知識・スキルを持っていたとしても薬剤部内の仕事が忙しく、あまり生かす場面がないという薬剤師が多いのも正直なところではないでしょうか。

 

薬物療法専門薬剤師の資格を取得し、それを主張することによってそのスキルを活用できるチャンスが得られるかもしれませんよ。

 

また資格を取る過程で勉強したことも今後の仕事やスキルアップに大いに役立つことでしょう。

 

 

まとめ

 

今回は、薬物療法専門薬剤師についてその仕事内容や申請条件を見てきました。

 

薬物療法専門薬剤師の申請条件を見ると難易度がかなり高いと感じた人も多いと思います。

 

そして、その条件をクリアすることにより薬剤師としてスキルアップすることができ、薬物療法専門薬剤師として本来の薬剤師の仕事を自信をもってできるようになることが分かったのではないでしょうか。

 

専門薬剤師の資格はいくつか存在していますが、自分が専門領域として選びたいものが見つからず、資格取得にトライできずにいる人もきっといますよね。

 

そのような人は、まず薬物療法専門薬剤師を目指してみたら良いかもしれません。

 

幅広い知識を必要とする薬物療法専門薬剤師なら、そのスキルを生かせる場所もまた広範囲なはずです。

 

複数の疾患領域で、薬物療法のスペシャリストとしてぜひ活躍してください。

 

 

 

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 病院の薬剤師