DI業務って何?薬剤師の病院内のDI(ドラッグインフォメーション)業務について解説。

 

 

病院内の薬剤部にはさまざまな業務があります。 

 

よく知られている業務として、調剤業務や製剤業務、病棟業務などがありますが、DI業務もまた病院にとって重要な薬剤部の業務の一つです。 

 

規模の大きい病院の薬剤部に勤務したことのある薬剤師は、DI業務を専門に行っている薬剤師の仕事の一部を間近で見たことがあるのではないでしょうか。 

 

しかし、DI業務は一般の薬剤師が忙しい最中行われていることも多いため、DI室の業務の詳細についてはあまり分からない人も意外と多いですよね。 

 

今回は病院内のDI業務に焦点を当ててその仕事内容などを詳しく見てきます。また、企業内のDI業務についても説明していきます。 

 

DI業務とは 

 

DIとはDrug Informationの略で、医薬品の情報のことを意味し、医薬品情報のアップデートや管理、医薬品情報の提供、問い合わせの対応などを主な業務として行っています。 

 

大規模病院の薬剤部内にはDIの専門部署が作られていて薬剤師が専任でDI業務を行っていことが多いです。DI専任の薬剤師は基本的には調剤室の仕事はせず、DI室でデスクワークをしています。 

 

このような状況を聞くと医薬品の情報を取り扱うためだけになぜDI専任の薬剤師が必要なのか疑問に思う人も中にはいるのではないでしょうか。 

 

病院の薬剤部はただでさえ忙しく、いつも薬剤師が走り回っている状況が日常茶飯事のため普段の薬剤師業務にあまり関与せずパソコンの前に座っていることが多いDI担当の薬剤師は、外側から見るととても楽しているように見えてしまうこともありますよね。 

 

DI業務というのは調剤のように体を動かす仕事ではありませんが、実は、病院にとってのブレイン的な存在で、医療従事者のための非常に重要な情報源であり、業務量も想像以上に多いというのが実際のところです。 

 

病院内の膨大な医薬品の情報を管理することはもちろんのこと、日々アップデートする情報をチェックし、医療従事者にとって必要な情報があれば薬剤部だけでなく病棟の医師や看護師などにも情報提供します 

 

また、医療従事者から医薬品に関する質問があれば、その都度正確な情報をできる限り迅速にリサーチして提供することも重要な業務の一つです。 

 

さらに、情報提供するときは、インターネット内から得られる情報だけでなく、時には文献や論文を読んだり、製薬会社に問い合わせをしたりすることで入手し、どの情報が信頼できるのかを判断する必要もあります 

 

万が一間違った情報を提供してしまったり、重要な情報を見落としてしまったりすれば、医療従事者が適切な治療行えず、患者さんの命危険にさらしてしまいかねませんからDI担当者にはスピードに加え正確さや慎重さ不可欠ということです 

 

これらのことを総合して考えると、DI業務がいかに大変で重要な仕事かが想像できるのではないでしょうか 

 

医療は日々進化をしていて、新薬もどんどん発売されているため、毎日更新される情報の量は気が遠くなるほど多いのですが、DI担当者は患者さんの命を守るために大きな責任を持ちながら業務に取り組んでいるのです。 

 

DI業務のおかげで個人的に助かったこと 

 

この項目では、私自身が病院で働いていた時にDIに助けられたことについてご紹介しようと思います。 

 

日々、医薬品情報をアップデートしているDI担当者ですが、いつも調剤室や病棟にいる一般の薬剤師にはその仕事ぶりがあまり見えないのが正直なところです。 

 

薬剤部に入りたての頃の私は、DI担当者がいったいどんな仕事をしているのかということは全く知りませんでしたし、興味もそれほどありませんでした 

 

しかし、薬剤部で勤務していくうちにDIのおかげで助かったことがいくつかあります。 

 

<DIニュースレターの存在> 

 

とても役に立ったのはDI担当者が発行していたニュースレターです。 

 

私が勤務していた薬剤部ではDI担当者が定期的にDIのニュースレターなどを発行していて、医薬品の最新の情報や医療分野で話題になっていること、患者さんへの受け答え方などについて薬剤師全員が情報をアップデートできるように工夫していました。 

 

そのニュースレターはそれぞれの薬剤師机の上にいつも無造作に置かれているものだったため最初はお昼休みに何気なく目を通していただけで、さほど重要なものとは思っていませんでした。 

 

しかし、そのニュースレターを読んでいたおかげで、いつのまにか最新の情報を頭に入れることができていたのだと思います 

 

窓口や病棟で患者さんから新聞に載っていた情報などの詳細を聞かれたときも、ニュースレターに書いてあった情報を思い出してすぐに答えることができ患者さんから感謝されたこともあります。 

 

一人で医薬品情報をアップデートしようとするととても時間がかかるので、普段の業務をしながら行うのは難しいですが、DI担当者が情報を整理し提供してくれるおかげで本当に助かりました。 

 

<院内の医薬品以外の情報提供 

 

窓口業務をしていた時に患者さんからめずらしいサプリメントについての質問がありました。 

 

「このサプリメントを飲みたいんだけど、明日また来るからそれまでに、このサプリメントについて知っている情報をすべて教えてほしい。」とのことでした。 

 

院内で扱っていない製品のため、薬局内にそのサプリメントに関する情報はありません 

 

調べるにしても、サプリメント自体がとてもめずらしいものだったことから、どのように情報を入手したらよいのかさえ分かりませんでした 

 

それに、情報を提供できたとしても、その提供した情報について患者さんから質問が来た時に答える自信もなかったのでとても困ったのを今でも覚えています。 

 

とにかくできることをしなくてはいけないと思い、私はまずアドバイスをもらいにDI担当者にサプリメントの情報の入手方法について相談しました。 

 

するとDI担当者が、「あ、これこっちで調べておくから心配しないでいいよ。」と言ってくれたのです。 

 

翌朝、DI担当者から受け取った資料には、私にはリサーチできないようなクオリティーの高い情報が載っていました。 

 

DI担当者に助けてもらったのは資料だけではありません。「この患者さんが窓口にいらっしゃったら、DIで対応するから電話で呼んで。」言い、患者さんの対応までしてくれました。 

 

案の定、患者さんはいろいろな質問をDI担当者にしていましたが、その質問一つ一つに丁寧に答える姿は本当に素晴らしかったです。 

 

欲しい情報が手に入れられ、質問にも明確に答えてもらえた結果、患者さんは満足して帰られました。 

 

DIの部署の重要性とありがたさを肌で感じた出来事でした。 

 

病院内だけではない!企業内のDI室 

 

DI業務を行っているのは病院の薬剤部だけではありません。製薬会社、医薬品卸会社、化粧品会社などにもDI室が設置されていて、自社製品の情報を提供しています。 

 

病院内のDI室が、製薬会社などのDIから情報を得ることもとても多いですし、一般の薬剤師が製品について企業のDI室に問い合わせをすることも少なくありません 

 

医薬品の詳細が分からない時に添付文書に載っている製薬会社のDI室に電話をかけて質問したことのある薬剤師もかなり大勢いるのではないでしょうか。 

 

企業のDI室、薬剤師を含む医療従事者にとって頼りがいのある存在で、患者さんを守るために必要不可欠な医薬品情報を毎日提供しています 

 

DI業務で活躍できる能力とは 

 

DIで働いていると聞くと、知識が豊富で頭脳明晰な人というイメージを持つと思いますが、実際にDI室に勤務している人は、イメージ通り、頭脳明晰で勉強熱心な人が多い傾向があります。 

 

そして知識の多さだけでなく、膨大な情報の管理能力や、リサーチ力、判断力、冷静さもDIには必要な能力です。 

 

これらの能力がどれか一つでも欠けてしまうと正確な情報提供が難しくなってしまうと思ってください 

 

DI業務で活躍するためには、さまざまな能力を兼ね備えること重要ということです。 

 

DI担当者の収入はどのくらい? 

 

病院内のDI担当者は、薬剤部勤務する薬剤師の一人であるため、病院薬剤師の収入と変わりません。 

 

中には、DI業務手当がつく病院もあるかもしれませんが、基本的には一般の薬剤師と同じだと思っていたほがいいです 

 

ただし、DI室に配属されるときに『DI主任』のような管理職として業務を任されることあります。この場合は管理手当などが上乗せされるため、一般の病院薬剤師よりも収入が多くなります。 

 

まとめ 

 

今回は、病院内のDI業務を中心にDI室での仕事の内容などを見てきました。 

 

病院内の業務や患者さんにとってどれほどDIが重要なのか、またDIに勤務するときにはどのような能力が必要なのかなどが参考にできたのではないでしょうか。 

 

DI担当者になると、忙しい調剤業務から離れることができ一見楽そうに見えますが、実際には調剤業務と同じくらい大きな責任を持ち多くの業務量をこなしながら患者さんに貢献しています 

 

一般の薬剤師のように直接患者さんと接することはあまりなくても緊急事態が起こった時などにDI担当者のリサーチ力と判断力で患者さんを救うこともできるやりがいのある仕事です。 

 

新しい情報に対する好奇心があり、医薬品情報で患者さんに貢献したいという病院薬剤師がいましたら、ぜひDI室への勤務希望を出してみてください 

 

今までとは違った仕事で活躍することによって見聞を広めることができ、薬剤師としての成長にもつながると思いますよ。 

 

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 病院の薬剤師