チーム医療における薬剤師の役割とは?

薬剤師はチーム医療においてどのような役割を求められているのか?

 

現在、日本では医療において大きな問題を抱えています。それが2025年問題です。2025年問題とは2025年には人口ボリュームが一番多い団塊の世代が75歳になり、医療の需要が爆発的に増えるという問題です。人手不足や医療費不足などさまざまな問題が起こるとされています。この問題を解決するためにチーム医療の中でそれぞれの職種がスキルを発揮していく必要があります。

このような背景もあり、薬剤師に求められている役割も大きく変化しています。これまでの薬剤師の主な業務といえば処方せんに基づく調剤業務であり、患者さんからの相談対応やお薬カレンダーの提供などは副次的に行なわれていました。

 

しかし、今後は調剤など物に対する対物業務ではなく、患者さんに向き合った対人業務が重要とされています。これまでの業務に加えて、バイタルデータ、服薬状況などの患者データから患者さん個人の薬学的問題を解決することが薬剤師の役割となってきます。ICT化によって調剤への手間がかからなくなってくるので、この流れは加速していくことでしょう。

その中で医療費を削減するための薬剤師の役割が3つあります。

まずは、在宅医療への参加です。医療を抑制するためにはコストのかかる入院患者に早期退院を促して在宅医療での治療へと移行させる必要があります。やみくもに早期退院させるのではなく、在宅医療でのケアが必要であり、そこで薬剤師の活躍が求められています。服薬できていない原因の特定や患者さんの負担を少なくするための提案を行なっていく役割が求められています。

次に残薬のチェックです。日本薬剤師会の調査によると75歳以上の在宅患者さんだけで残薬の総額が500億円近くあると推計されています。日本全体だと1000億円以上と分析する専門家もいるほどです。在宅患者が増えることで残薬を増えていくことが予想されます。この残薬を減らすことが医療費の抑制につながるのです。薬剤師には患者さんの服薬状況をチェックして残薬調整をする役割が求められています。

最後にジェネリック医薬品変更への取り組みです。ジェネリック医薬品の認知度も上がってきており、政府の目標値にも近付いてきましたが、地域差があります。変更率の低い地域ではジェネリック医薬品は効果がない、粗悪品という認識を持っている方も多いです。そのようなジェネリック医薬品に対する誤解や不安を取り除いていけるように説明をしていく役割が求められています。

また、地域に密着して医療に貢献する「かかりつけ薬剤師」やがんや糖尿病、認知症など特定の分野に特化した「専門薬剤師」も求められています。薬剤師に求められている役割は年々変わっているのです。

 

 

薬剤師としての役割を果たすためにはどのような行動が必要なのか?

 

薬剤師に求められている役割は大きく変化していますが、その役割を果たすためには具体的にどのようなことを意識すればいいのでしょうか?

まずは、薬剤師としての知識を深めていく必要があります。そのため、自己研鑽は欠かせません。地域が主催している勉強会の参加やe-ラーニングを用いて自宅でも学習する必要があります。薬学に関するニュースにも敏感になり、広くアンテナを張って最新の情報を集めていくことが重要です。

また、チーム医療では薬剤師だけでなく、医師や看護師、管理栄養士などさまざまな職種がそれぞれの専門スキルを発揮して患者さんをサポートしていきます。そのためには他職種との連携が欠かせません。患者さんに関する情報交換を行ない、薬剤師として適切な提案を行なっていく必要があります。

これらの役割を果たしていくためにはコミュニケーションが重要になってきます。他職種との連携でもそれぞれの専門スキルを尊重して適切なアプローチをしていく必要があるといえるでしょう。チーム医療という組織で円滑に活動していくためには、それに適したコミュニケーション能力を磨いていく必要があります。他職種だけでなく、患者さんともしっかりとしたコミュニケーションが必要です。患者さんからの信頼がないと服薬状況や残薬チェックなどの情報を集めることが難しくなるでしょう。患者さんの不安や悩みを薬学的観点から解消して信頼されるようなコミュニケーション能力を身につけていけるように行動、学習する必要があります。

 

 

役割を果たせている薬剤師は重宝される

大きく変化している薬剤師の役割を果たすことができるとどのようなメリットがあるのでしょうか?

薬剤師の役割が大きく変化することで、その働き方も変化しています。これまでは薬剤師免許を持っていれば就職にも困らない時代でした。バブル崩壊やリーマンショックの中で失業者が増える中でも薬剤師の求人は多く、そのような問題とは無縁だったといえるでしょう。しかし、現在では都市部を中心に薬剤師の飽和状態が始まっています。

 

2019年には有効求人倍率は5倍以下にまで下がってきており、今後は買い手市場となることが予想されます。ただ免許を持っているだけの薬剤師は淘汰されていき、時代が求める役割を果たせる薬剤師だけが生き残っていくことでしょう。

 

専門的なスキルを持って24時間対応、在宅医療への参加、他職種との連携などこれまでは必要としなかった薬剤師の役割をどこまでこなせていけるのかが鍵となります。これをこなせる薬剤師は医療現場でも重宝されることでしょう。

 

重宝されることでさまざまなメリットを享受することができます。現在では大企業で45歳以上のリストラが進められていますが、重宝される薬剤師はそのような社会的問題とは無縁の存在となれるでしょう。

会社でも管理薬剤師、薬局長、エリアマネージャーなど出世していくことが可能です。また、転職する時でも有利な条件で転職することが可能になります。働く上で報酬は大きなモチベーションとなりますので、給与や休暇など有利な条件での交渉が可能となるのは大きなメリットといえるでしょう。また、社会から求められている役割を果たせるというのは大きな充実感があります。能動的に仕事をすることで、やりがいを感じながら働くことができるでしょう。やりがいを感じることは仕事に対するストレスを減らしてうつ病などリスクを低減して健康に働くことにもつながります。重宝される薬剤師になり、やりがいを持って健康的な働き方を目指しましょう。

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 病院の薬剤師