抗菌化学療法認定薬剤師って?業務内容や申請基準を紹介します。

 

 

ICTという単語を聞いたことがあるでしょうか。

 

ICTとはIncfection Control Teamの略でいわゆる病院内で活躍する感染対策チームです。

 

病院で勤務したことのある薬剤師の中には、ICTの一員として働いた経験のある人もいるのではないでしょうか。

 

病院内は免疫の弱まっている患者さんも多いため、感染症が大きな問題になることも少なくありません。

 

さまざまな感染症から患者さん、そのご家族そして職員を守るためにICTは活動しています。

 

さて、そのICTの中で抗菌薬の適正使用のスペシャリストとして活躍できる抗菌化学療法認定薬剤師という認定資格があります。

 

今回は、その抗菌化学療法認定薬剤師についてその業務内容や申請条件などを紹介していきます。

 

抗菌化学療法認定薬剤師とは

 

抗菌化学療法認定薬剤師は、薬物血中濃度モニタリング(TDM)や抗菌薬に関する投与設計、感染症の種類や病態に応じた抗菌薬の選択や使用方法などを医師とともに考え、治療に関わる薬剤師です。

 

今までは、薬剤師は抗菌化学の領域において医師のサポート的な役割でしたが、抗菌化学療法認定薬剤師は医師と対等に治療にあたることができるアドバンス的な資格とも言えるのではないでしょうか。

 

また、ICTの中で今まで以上に薬の専門知識を生かした活躍を期待されている認定資格でもあります。

 

私自身はICTに参加をした経験がまだありませんが、ICTの院内ラウンドの様子などは病院勤務で直接見てきました。

 

私が見たICTの印象は薬剤師が医師に付き添っているくらいで、薬の専門性が発揮されている感じではなかったので、今後抗菌化学療法認定薬剤師が、ICTをリードしていくようなブレイン的な存在になれればと個人的に思いました。

 

申請基準

 

抗菌化学療法認定薬剤師の申請は次の条件をクリアしていることが必要になります。

 

  1. 本邦における薬剤師免許を有し、薬剤師として優れた人格及び抗菌化学療法の見識を備えている。
  2. 申請時に、薬剤師として抗菌化学療法に5年以上かかわっていることを示す所属する施設長又は感染対策委員長の証明が得られる。
  3. 申請時において、日本化学療法学会の正会員である。
  4. 医療機関において、薬剤管理指導・TDM(治療薬物モニタリング)・DI(医薬品情報)などの業務を通じて感染症患者の治療(処方設計支援を含む)に自ら参加した15例以上の症例を報告できる。
  5. 日本化学療法学会の抗菌薬適正使用生涯教育セミナー・認定委員会の指定する研修プログラムなどにおいて、別に定める単位数を取得している。

4の抗菌化学療法認定薬剤師申請書の「15症例報告」の詳細については日本化学療法学会のホームページを確認してください。http://www.chemotherapy.or.jp/qualification/pharmacist_about.html

 

新規申請

抗菌化学療法認定薬剤師の認定を希望する場合は、次の書類を添えて日本化学療法学会事務局に申請が必要です。

  1. 抗菌化学療法認定薬剤師認定申請書
  2. 薬剤師免許の写し(裏書のある場合は、裏書も含む)
  3. 規定の単位取得証明書
  4. 症例一覧15例分
  5. 推薦状(施設長または日本化学療法学会評議員)
  6. 抗菌化学療法に関わっていることの施設証明書
  7. 申請料(1万円)振込み控えの写し

 

抗菌化学療法認定薬剤師の収入

 

抗菌化学療法認定薬剤師の資格取得を考えるときに気になる情報の一つが収入についてだと思います。

 

残念ながら、現在の病院の収入が大きくアップするという情報は今のところ見当たりません。

 

ただ、病院によって手当などが付く場合もありますし、出世の可能性を高める可能性もあることは覚えておいてほしいポイントです。

 

ICTなどで抗菌化学療法認定薬剤師の活躍が目立つようになれば、近い将来給与アップも期待できるのではないでしょうか。

 

まとめ

 

今回は、抗菌化学療法認定薬剤師の業務内容や資格の申請条件などについて見てきました。

 

抗菌化学療法認定薬剤師としてICTなどで活躍したいと思う薬剤師は多い思いますが、その一方で申請条件が簡単ではないと感じた薬剤師も中にはいるのではないでしょうか。

 

たしかに薬剤師として抗菌化学療法に5年以上かかわっていなければいけないことや感染症患者さんの治療に自ら参加した15例以上の症例を報告しなければならないなどの条件は、クリアできるかが勤務している職場の条件にもより変わってきますよね。

 

また、これから資格取得を目指すのに5年以上もかかってしまうというのも取得条件をいっそう難しくしていると思います。

 

その上、収入が上がるかどうかも分からないとなれば、余計に資格取得を断念してしまいがちです。

 

ただ、感染症は院内の患者さんの命を奪ってしまう可能性のある重大な問題ですので、これを薬剤師の知識や技術で防げるとしたら、とてもやりがいのある仕事になることは間違いないと思います。

 

一人でも多くの薬剤師が、抗菌化学療法のスペシャリストとして働くための第一歩として抗菌化学療法認定薬剤師の資格に挑戦することを願っています。

 

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 病院の薬剤師