救急認定薬剤師になるにはどうすればいい?方法や資格取得について解説。

 

救急認定薬剤師という職業があって、「それってどんな職業なんだろう」と思って、今この記事にたどり着いた方が多いと思います。

 

今病院内などで薬剤師として活躍されていて、さらにスキルアップのために救急認定薬剤師を考えていることは、とても素晴らしいことです。

 

今医療の現場で必要とされている救急認定薬剤師とはどのような職種なのか、どのような仕事をするのかなど、明確になっている部分をお伝えします。

 

 

救急認定薬剤師とは

救急認定薬剤師とは、日本病院薬剤師会の協力を得て、救急医療は必要な際に薬物療法に関する高度な知識、技術を持った認定薬剤師を養成する目的でできた資格です。

 

高度医療が必要になる中で、患者それぞれに適切な医療を提供すること、国民の健康に貢献することを目的としています。

 

年々増える救急搬送に備えて、救急認定薬剤師の認定制度を平成23年度から認定制度が開始されました。

 

救急認定薬剤師という名前の通り、緊急時に活躍するポジションになるので、瞬時の判断が必要な場面はもちろんのこと、病気の大規模な感染がある場合にも必要とされます。

 

そのため、やりがいのある仕事といえるでしょう。

 

救急認定薬剤師になるにはどうしたらよいか

人の命に対して責任がある仕事だからこそやりがいを感じることができる、救急認定薬剤師ですが、どうやってなるのかわからないことも多いでしょう。

 

そこで、実際に資格を取るにはどうしたらよいかをお伝えします。

 

救急認定薬剤師の試験を受けるための資格をチェック

  • 薬剤師免許を持ち薬剤師として優れたで人物で、救急医療における薬物療法に関する見識を備えている
  • 薬剤師としての病院・診療所勤務歴が5年以上あり、2年以上救急医療に従事している
  • 申請時において、2年以上日本臨床救急医学会の正会員であり、規定の認定薬剤師であること
  • 救急医療における薬物療法に関する業務に自ら参加した25例以上の症例を報告
  • 認定委員会が指定、承認した集会、研究発表などにおいて、決められた単位数を履修し、委員会が開催する講習会を受講している
  • 救急認定薬剤師認定委員会が指定し、理事会の承認を得た学術集会、研究発表などにおいて、50単位以上を履修していること。
  • 日本臨床救急医学会評議員または所属施設長の推薦があること

 

現場での経験があるのはもちろんですが、学会の正会員であることや認定薬剤師であることなど、細かい受験基準があります。

 

規定の認定薬剤師とは?

受験資格にある「規定の認定薬剤師」とは、日本医療薬学会認定薬剤師、薬剤師認定制度認証機構により認証された認定薬剤師のことをいいます、
または、日本臨床薬理学会認定薬剤師の資格を有していることで満たすことができるので、どちらかの基準を満たすようにしましょう。

 

症例を出すなど薬剤師として勤務しているだけでは満たせないものもあるので、救急認定薬剤師を目指して動き出す必要があります。

 

救急医療に携わる職業ですので、実際に資格を得るためにはたくさんの努力と時間を費やす必要があることを頭に入れておくとよいでしょう。

 

資格の取得にかかる費用

先ほどお伝えした受験資格を満たしたうえで、申請書類と認定試験成績を総合的に審査して、救急認定薬剤師として認定されますが、気になるのは受験費用ではないでしょうか。

 

認定期間:5年

認定料:20000円

申請手数料:10000円

更新手数料:10000円

 

このようになっています。

 

申請料などが地味に費用負担があるので、やや二の足を踏んでしまう方もいますが、救急認定薬剤師になると年収も大きく変わってくるので、資格取得をしてさらにステップアップをするメリットが大いにあると言っていいでしょう。

 

救急認定薬剤師の年収

救急認定薬剤師になると、仕事内容が変わってくるだけでなく、年収も変わってきて生活に潤いが出るのも魅力の1つ。

 

仕事のモチベーションとして収入を挙げる方も多くなってきています。

 

そこで実際にどれくらい稼ぐことができるのか、チェックしてみましょう。

 

具体的なデータはないものの収入アップにつながること間違いなし

救急認定薬剤師は、平成23年に始まった資格ということで、まだ具体的な数字として挙がってきていないのが現状です。

 

ですが、筆者の友人が救急認定薬剤師なのですが、資格を取ることで以前よりも収入が上がって、貯金などに回せるお金が増えたという声もあります。

 

救急で判断をしたり、対処をしたりする回数が一気に増えますから、年収が上がるのは予想がつきますよね。

 

救急認定薬剤師の需要が高まっていますが、受験資格を満たすためにややハードルが高いこともあり、実際に救急認定薬剤師として稼働している人はまだ少ないのが現状です。

 

そのため救急認定薬剤師の資格を持っているだけで、注目されるといっても過言ではありません。

 

休日はしっかりとれるの?

救急認定薬剤師は、医師や看護師とチームで動くことになるので、休日に関しては取りにくいことが想定されます。

 

まだ人数が少ないこともあって、休日が何日取れて、プライベートと仕事とのバランスがとれるのかという部分に関しては、分かっていません。

 

これも筆者の友人の話ですが、現場によって休日には差があるのでは?という見解でした。救急患者を受け入れる機関で勤務している場合は稼働日数も多くなるので、どこで勤務するのかが大きな分かれ目になりそうです。

 

やりがいを取って救急認定薬剤師になるのか、プライベートを重視していくのかを考えていくとよいでしょう。

 

気になる合格率もチェックしよう

 

救急認定薬剤師の数がまだ少ないということは、合格率もそこまで高くないのでは?と思ってしまうのも無理はありません。

 

救急認定薬剤師を目指そうと思っても、合格率がわからないと踏み切れないことも…。そこで最後に救急認定薬剤師の気になる合格率についてお伝えします。

 

具体的な合格率については公表されていない

キャリアアップのために救急認定薬剤師の試験を受ける方も少ないことや、まだ立ち上げたばかりの資格であることもあり、具体的な合格率については公表されていません。

 

そのため、何人受験してそのうち何人が合格になっているのかがわからないのが現状です。

 

ですが、毎回約30名程度が合格していますので、コンスタントに合格者が出ているのも事実です。努力で勝ち取ることができる資格ですので、目指す方が今後増えてくることが想定されています。

 

合格者の上限はない

資格試験なので合格者の上限はなく、合格ボーダーを満たしていれば合格することができます。

その点から、大学の入学試験や就職試験など上限が決まっている試験よりもハードルが低いと言えますね。

 

ですので、まずは受験資格を満たすことから始めて、救急認定薬剤師の認定試験を受けるフローがスタンダートになっています。

 

まとめ

 

キャリアアップには確実に欠かせない救急認定薬剤師の資格ですが、まだ歴史が浅いこともあり合格率や休日、そして給料など明確に公表されていないことが多いのも事実です。

 

ですが、医師と看護師と一体になって勤務する職業ですので、ある程度まとまった収入を得ることができるでしょう。

 

仕事に対してやりがいを感じ、さらに医療チームの一員として活躍したい方にとっては、大切な資格です。

 

ぜひ救急認定薬剤師になって活躍できることを祈っています。

 

 

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 病院の薬剤師