大学病院で働く薬剤師のメリットとデメリットとは? 経験者が解説。

 

 大学病院で働く薬剤師にどのような印象を持っているでしょうか。 

 

きっと大学病院で働いたことのない人は、多くのことを学べそうとか忙しそうなど漠然としたイメージを持っているだけだと思います。 

 

実は、大学病院で働きたいと思っている薬剤師は想像以上に多く、薬剤師の間ではとても人気の職場になっています。 

 

なぜそれほどまでに人気があるのか、大学病院で働くのにはどんなメリットがあるのかは薬剤師としてぜひ知っておきたいところですよね。 

 

また、これから大学病院への就職を考えている人はデメリットについてもチェックしておきたいのではないでしょうか。 

 

今回は、大学病院で働く薬剤師のメリットとデメリットについてお話していきます。 

 

大学病院でメリット 

 

<最新の治療が行われている> 

 

大学病院の基本はトライアル”ということで、大学病院内には一般の病院にはない最先端の医療機器が置いてあり、医療従事者たちも最新の技術を持って治療に取り組んでいます。 

 

そのため、一般の病院では治療が難しい症状を抱えた患者さんが沢山入院していて、彼らの治療や処方箋を間近で見ながら勉強ができるという点が、まず最初に挙げられる大学病院で働くメリットです。 

 

他の病院では得られない経験を得ることができ、薬剤師として大きく成長することを期待できるということが、大学病院の薬剤部に就職を希望する薬剤師を増やしている理由の一つと考えられるのではないでしょうか 

 

好奇心や向上心が強い人が多い薬剤師にとってはうってつけの職場と言えますよね。 

 

<取り扱っている薬剤が多い> 

 

大学病院は多くの診療科を取り扱っているため、薬剤部内にはさまざまな種類の医薬品があります。 

 

調剤薬局などで働いていると、門前のクリニックの診療科で取り扱う医薬品主になってしまい、他の診療科の薬を見る機会さえもないことが多いすよね 

 

多数の診療科の薬があるということは、その薬の詳細を学ぶ機会を得られるということと、それらのが起こし得る相互作用一緒に学べるということです。 

 

薬剤師として早く成長するなら、初めは大学病院や大規模の総合病院の薬剤部にまず勤務したほうがいいと良く言われますが、その大きな理由の一つは扱っている医薬品の種類多いため、薬剤師が必要な勉強がしやすい環境にあるからと言えるでしょう。 

 

<適応外処方が見られる> 

 

大学病院のような大規模な病院に勤務していると、医師が適応外で処方した処方箋を見る機会もあります。 

 

私が見たことのある適応外の処方箋は、アレルギーの患者さんへの高血圧薬の少量投与や、アトピーの患者さんへの抗真菌薬クリームの処方などです。 

 

一見、間違って処方されているのではと思う薬でも、きちんとした理由で処方されているのを見て「なるほど!」と妙に感動してしまったことを覚えています。 

 

このような処方は、大学病院などの大きな病院ならではですよね。 

 

<教育が整っている> 

 

大学病院は、新卒の薬剤師の教育システムが整っているため、新卒の薬剤師にとっては安心して就職できる職場と言えます。 

 

新卒で小さな病院や保険薬局に就職し、思ったよう教育が受けられず、がっかりしてしまった経験はないでしょうか。 

 

私は新卒で診療所に就職をしましたが、薬剤師の教育システムが整っているどころか、他の職種に対して不公平になるからと、薬局長から個々に教育してもらうことまで診療所側が禁止している状態で、薬剤師に必要な内容を教えてもらうことすらできませんでした。 

 

このような特殊な状態でなくても、小さな薬局や病院では薬剤師の数が少ない状態で通常の業務をこなしていかなければいけないため、新人を教育する余裕があまりないというのが実際のところですよね。 

 

私の場合は、このまま薬剤師として成長しないまま時間が経ってしまうのかとどうしようもない不安を感じ、入職して半年で診療所を辞めて、大学病院レベルの総合病院に転職して一から教育を受けることを決めました。 

 

教育システムが整っている大学病院では、数か月かけて新人を教育するところもめずらしくありません。一人の新人薬剤師に担当のベテラン薬剤師をつけてくれてマンツーマンで全体の業務を教えてくれる職場も多いです。 

 

また、大学病院では新薬などの勉強会も頻繁に開かれるため、他の職場よりも多くの情報を得られる可能性も高く、自分が薬剤師として成長していることを実感できるメリットもあります。 

 

<治験など他の業務への参加が可能> 

 

これは、大学病院に限ったことではありませんが、幅広い業務に力を入れている大学病院や大規模病院では、新薬の治験を積極的に行っています。 

 

薬剤部の中から治験コーディネーターとして勤務する薬剤師を決めて、その薬剤師に治験業務を中心に行ってもらうことも多いです 

 

私が以前勤務していたところでは、治験の仕事をしてみたい薬剤師が薬剤部長に希望を申し出て治験コーディネーターとして働くようなシステムでした。
 

新薬がどのような作用を示すのかは薬剤師にとっては興味があることですし、患者さんが治験薬によって症状が良くなる状態を見ることはとても嬉しいことですので、治験コーディネーターとして働く機会があることは大きな利点と言えるのではないでしょうか。 

 

病院で治験コーディネータとして活躍した後SMO(治験施設支援機関)などに転職して専門的に治験業務に取り組む薬剤師も中にはいま 

 

私の同僚の一人は、病院に勤務したことで治験に携わる機会をもらい、自分が働きたい分野が分かって本当に良かったと言っていました。 

 

<チーム医療の一員として活躍できる> 

 

大部分の大学病院は、多くの職種の医療従事者が参加するチーム医療を行っています。 

 

小規模病院や診療所でもチーム医療のようなものを行っている職場も多いですが、正直なところ職場によってチーム医療の在り方や理解の仕方がまちまち 

 

どちらかというと、患者さん中心というよりも医師中心のチーム医療を行っているところも少なくなく、本当の意味でのチーム医療を行っている職場はとても少ないと感じます。 

 

大学病院では、最新の治療を行うのと同様に治療に対する最先端の考えも取り入れていることから、本当の意味でのチーム医療を積極的に行っている傾向があります。 

 

薬剤師になったからにはチーム医療の一員として患者さんに貢献したいと思っている薬剤師も多いはずです。 

 

大学病院はそのような薬剤師にぜひ勧めたい職場であり、薬剤師の能力や技術を発揮する最適な場所と言えます。 

 

大学病院でデメリット 

 

<とにかく忙しい> 

 

大学病院で働くデメリットの一つは、とにかく忙しいということがまず挙げられます。 

 

薬剤部で働いている薬剤師の数はとても多いですが、業務の種類も一般の職場に比べてとても多く、薬剤師一人一人が抱えなければいけない業務の量がとても多いです。 

 

のんびりやっていては終わらないからと、調剤室内では常に走り回っているということもめずらしいことではありません。 

 

業務終了後にはふくらはぎがパンパンに張ってしまい、タクシーを使って帰ったり、マッサージに通ったりする薬剤師も実際にいました。

 

<給料が良くない> 

 

業務量が多く忙しい大学病院での仕事ですが、仕事量に比べてお給料が少ないというのも大学病院の薬剤師の特徴です。 

 

そもそも、病院薬剤師は調剤薬局やドラッグストアで働く薬剤師に比べてお給料が良くありません。 

 

調剤薬局やドラッグストアでは、薬剤師は1か月に30万円から35万円程度の月給をもらうのが一般的ですが、大学病院のようなところに勤務している病院薬剤師の平均月給は、20万円から25万円程度です。 

 

仕事がハードなのにお給料がそれに伴って高くならないなんてとても不思議ですよね。 

 

大学病院などで働く病院薬剤師の給与が低い大きな理由の一つは、ずばり大きな病院で働きたい薬剤師がとても多いからです。 

 

募集をすれば、数少ない募集人数にもかかわらず大勢の応募が常にあります。病院の中には面接をする前にテストを受けさせてふるいにかけるところもあるくらいです。 

 

たとえお給料が低くても、大学病院で働くメリットに魅力を感じる薬剤師がとても多く、大学病院側もお給料を上げる必要がないというのが実際のところなのだと思います。 

 

<新卒文化が強く中途採用が少ない> 

 

大学病院の薬剤部に勤務するメリットが多いことから、今から大学病院に転職したいと考える薬剤師もとても多いと思います。 

 

しかし、大学病院正社員として雇用するほとんどの人は新卒の薬剤師で、既卒の薬剤師が就職できる可能性は、残念ながらほとんどないというのが実際のところです 

 

この「新卒文化」は、大学病院のような大規模な病院では当たり前のようで、薬剤部は新卒から同じ病院または同じ系列の病院で勤務してきた人たちで構成されているといっても過言ではありません 

 

転職をして大学病院で働きたい薬剤師にとってはこれはとても大きなデメリットと言えるのではないでしょうか。 

 

大学病院の方が薬剤師として成長できる機会が多いのなら、すべての薬剤師に向けてそのチャンスがほしいところですよね。 

 

ただし、絶対に新卒ではないと入職できないのかというとそうでもありません。 

 

中には、嘱託やパートで既卒の薬剤師を募集してその後正社員としての試験を受ける機会を与えてくれる大学病院もあります 

 

どうしても大学病院に転職したいという人は正社員としての募集だけでなく他の雇用形態の募集も注意深くチェックしてみてください。就職できる可能性が高くなると思いますよ。 

 

<当直がある> 

 

小規模病院や診療所規模の医療機関には薬剤師の当直はありませんが、大学病院レベルの病院では24時間体制で薬剤部を稼働させる必要があるため、薬剤師も医師などと同様に当直をします。 

 

通常、当直は一人で行いますが、病床数の多い大学病院では2人がかかりで当直をすることもあるそうです。 

 

当直業務は、その日によって忙しさの差が大きく、忙しい時は一人で薬剤部内を走り回らなければいけないほどです 

 

また、自分で調剤した薬を自分で監査しなければならないため、ミスが起こる可能性が高く、いつも以上の緊張感を持って業務を行わなければいけません。 

 

さらに当直をしていて体内時計がくるってしまい、体調を崩してしまうこともあります。 

 

このようなことから、当直業務をデメリットとして挙げる薬剤師がとても多いです。 

 

まとめ 

 

今回は、大学病院で働く薬剤師のメリットとデメリットを見てきました。 

 

大学病院に勤務することにおいてデメリットあるもののメリットがとても多いため、薬剤師にとって人気の職場になっていることが分かったのではないでしょうか。 

 

私は、薬剤師として今後も働いていくつもりなら、大学卒業後にまず初めに大学病院レベルの病院で働いて薬剤師としての教育を十分にしてもらい、多くのことを身に付けることが良い選択なのではないかと個人的に思います。 

 

私は今までさまざまな職場で働いてきましたが、どの職場においても役立った技術の大半は大学病院で教えていただいたことが基盤になっているからです。 

 

お給料が多少低くても、体力的に辛い当直があっても若いうちなら耐えられますし、成長の度合いを考えればとても価値のある経験になるに違いありません 

 

大学病院での募集を見つけたら積極的に履歴書を送り、試験を受けてみてください。 

 

大変な仕事が多いのは事実ですが、その分達成感も得られるはずです。 

 

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 病院の薬剤師