ドラッグストア薬剤師の仕事内容とは?メリットやデメリットも合わせてご紹介

 

今回はドラッグストアの薬剤師に興味がある方に向けて、ドラッグストア薬剤師の仕事内容や、働くことでのメリット・デメリットをご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

 

ドラッグストアの薬剤師ってどんな仕事をするの?

近年ドラッグストアの数はどんどん増えてきており、薬剤師の求人を多く見かけます。身近な存在で私たちの健康に携わるドラッグストア薬剤師ですが、その仕事内容とは何か気になりますよね。

 

こちらでは、ドラッグストアに勤務する薬剤師の具体的な仕事内容をご紹介していきますので、気になっている方は是非チェックしてみてくださいね。

 

ドラッグストア薬剤師の仕事内容

ドラッグストアで働く薬剤師のおもな仕事は、患者の体調や病気の相談に乗り、適切な市販薬を選べるようアドバイスすることです。それに加え、ドラッグストアではケガなどの手当に使用する包帯や絆創膏、消毒液などの販売もしているため、そういった衛生用品の使い方を説明することも大事な仕事。

 

また、調剤薬局が併設しているドラッグストアの場合は、病院から出された処方箋をもとに調剤することがおもな仕事です。薬の効果・効能や飲み方などを患者に説明する服薬指導や、処方箋を見て疑問な点や不備があった場合は病院に問い合わせたりすることも重要な役割となっています。

 

ドラッグストアで働くことのメリット・デメリット

市販薬のスペシャリストとして働くドラッグストア薬剤師は、セルフメディケーションに欠かせない存在です。

 

近年はドラッグストア薬剤師の求人が増えてきており、働いてみようかと考えている方は多いのではないでしょうか。

 

ここからは、働こうと考えている薬剤師の方に向けて、ドラッグストア勤務のメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

働く前にメリット・デメリットをしっかり確認しておくことは重要です。就職・転職に失敗しないためにも、早速見ていきましょう。

ドラッグストアのメリット

 

ドラッグストアでは、他の勤務先よりも給料が高いところがメリット。

平均的な年収は500~800万だと言われており、大手のドラッグストアになるほど年収が高い傾向があるようです。給料の高い職場で長く働きたいと思っている方におすすめの職場ですね。

 

また、ドラッグストアでは自分のライフスタイルに合った働き方ができるのも魅力のひとつ。求人の幅が広いため、正社員だけでなくパートやアルバイトを募集しているところが多いです。そのため、子育て中のママ薬剤師や、働く時間があまり取れない薬剤師の方でも、自分の生活に合わせて働くことができるのが利点となっています。

 

その他にも、処方箋がなくても購入できるOTC医薬品を扱うため、他の勤務先では学べない市販薬の知識を深めることができるのもドラッグストアの薬剤師ならでは。

 

ドラッグストアのデメリット

ドラッグストアのデメリットとして挙げられるのは、薬剤師以外の仕事を任される場合があることです。

店員が少ない店舗の場合、薬剤師でもレジ対応や商品の補充なども行う必要があります。ですが、店舗によって業務内容や人員体制に違いがあるようなので、勤務先を選ぶ際はしっかり確認することが重要ですよ。

 

また、調剤薬局が併設されていないドラッグストアでは、新薬について学ぶ機会が少ないところも弱点です。OTC医薬品の知識を深めることはできますが、新薬を学んだり、薬剤師としてスキルアップしたいという方にはあまりおすすめできない職場だと言えますね。

 

薬剤師がドラッグストアで働くために必要なスキルとは

年収が高く働きやすい環境のドラッグストア。近年ドラッグストアが増えるにつれ、多くの薬剤師が働く場になってきています。

 

とはいえ「ドラッグストアで働きたいけれど、自分に合っているか分からない」と不安に思う方は多いですよね。

 

そこでこちらでは、ドラッグストアで働くための必要なスキルや、どんな人が向いているかを合わせてご紹介します。

働こうか悩んでいる方は是非チェックしてみてくださいね。

 

ドラッグストアはどんな人が向いてる?必要なスキルは?

地域と密着した店舗が多いドラッグストアでは、来店客と密に関わることが重要です。地域の方がいつでも薬について相談できるような薬剤師になるには、気持ちのいいやりとりができる接客スキルやコミュニケーション能力が必要となります。

 

来店客ひとりひとりが異なる症状や悩みを抱えて相談するので、しっかりコミュニケーションをとり、症状に適した薬を提案することができる薬剤師が求められるでしょう。

人の話をしっかり聞いて丁寧にコミュニケーションをとれる方や来店客の役に立つ仕事がしたいと考えている方に向いている仕事だと言えますね。

 

また、薬以外にも衛生用品の販売も行っているため、ケガの手当や使う用品についての知識も必須となります。近年は健康ブームなどの影響で、サプリメントやプロテインなども多く取り扱っているので、健康食品について勉強しておくと役立ちますよ。

 

まとめ

ドラッグストアでは、薬の相談を聞いてアドバイスをするだけでなく、薬を買ってもらうための工夫など、販売の面でのやりがいを感じることができる仕事です。

 

薬に限らず、接客や販売などの幅広い経験ができる場なので、薬の専門性に加え接客のスキルアップを磨くことができますよ。

 

ドラッグストアで働きたいと思っている方や、接客が好きな方、人の役に立てる仕事がしたい方は、是非この仕事に挑戦してみてくださいね。

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - ドラッグストアの薬剤師