製薬会社で働く薬剤師の年収は?職種ごとに比べてみた

製薬会社に勤務する薬剤師の仕事とは?

「薬剤師」と聞くと、病院や薬局、ドラックストアで働いているイメージが強いでしょう。しかし、中には製薬会社などの企業に勤務している薬剤師もいます。

製薬会社での薬剤師の仕事は、いくつかの分野に分かれています。

薬剤師の仕事は、健康に関わる全ての分野に関わることができます。そのため、調剤以外でも薬剤師の知識や資格を生かして、人のためにまだ世にない新薬を作る研究や開発に携わることもできます。

製薬会社に勤務する場合の薬剤師の仕事は、どのようなものでしょうか。

製薬会社での仕事は大きく「研究職」、「開発職」、「営業職」の3つの部署に分かれます。

 

研究職の場合

研究職の仕事は、主に新薬を研究することです。

いくつもの物質の中から、目的の作用を持つものを探し出したり合成したりして、薬として利用できるように研究を重ねます。学会に参加することもありますが、研究職ではほぼ毎日が実験の繰り返しです。

一つの薬が世に送り出されるまでには、10年以上の歳月と、数百億円の費用がかかります。莫大な費用と時間がかかるため、薬剤師が研究職として活躍できるのは大手の企業になります。

 

開発職の場合

開発職の仕事は、研究職から上がってきた薬剤の安全性や有効性を確かめることです。

法律で決められた試験の下で、医薬品の安全性や有効性を確認する臨床試験や人体実験を行います。

安全性や有効性は医薬品に欠かすことが出来ません。そのため、開発職に携わる薬剤師には、高い専門性や語学力が求められます。

開発では、新薬のアイデアを具体的に設計し、製造する過程を担当します。臨床試験の結果データを集め、モニタリングを毎日行います。

 

MRの場合

MRとは、Medical Representativeの略で、医薬品情報担当者のことです。

自社製品を売り込む営業の仕事です。医薬品の安全性や有効性などの医薬品情報を医師や薬剤師に伝え、安全に医薬品を使用してもらうことが目的です。

薬そのものを売るのではなく、処方薬として使ってもらうことがミッションです。薬について最新情報や品質、有効性などを伝えることで患者さんへの処方薬として自社製品を選んでもらうように働きかけます。

 

製薬会社で働く薬剤師の年収は?

一般的に、薬剤師の平均年収は500万円~600万円です。病院や調剤薬局、ドラックストアでは多少の差はありますが、350万円くらいからスタートして、700万円くらいで頭打ちとなります。

では、薬剤師が製薬会社に勤務した場合の年収はどの程度でしょうか。

初任給は病院や調剤薬局、ドラックストアなどと大きな差はありませんが、経験を重ねて行くと昇給が期待できます。生涯年収で考えた場合、製薬会社に勤務したほうが他の職場よりも高くなります。

研究職の場合

研究職に就くためには、多くの場合博士号の取得が必須となります。求人では博士号が条件でないところもありますが、研究職は志望者が多く競争率が高いです。そのため、多くの志望者が博士号などの学位を取得しています。

年収も高めです。大手製薬会社の研究職の平均年収は700万円~900万円です。食品企業に就職した場合は、500万円~800万円が一般的です。

しかし、その研究成果や能力を認められた場合、年収が1000万円を超えることもあります。

 

開発職の場合

開発職も、研究職と同様に人気があり、就職の難易度は高いです。

開発職の一般的な年収は、約600万円です。しかし、勤務する製薬会社によっても大きく異なり、管理職レベルになると1500万円~2000万円になることもあります。

 

MRの場合

MR職は、他の職種と比較しても年収が高いです。大手の製薬会社に勤務していれば、30代で1000万円を超えることも可能です。しかし、その年収は営業成績によって異なります。売り上げ成績によって給料が大きく変わる実力主義の世界です。

MRの年収の相場は、20代が500万円前後、30代が650~750万円前後です。40、50代は750万円~950万円と非常に高額になっています。

外資系の製薬会社かそうでないかによって、年収は変わります。外資系企業の方が高めの年収が期待できます。

全体としてMR職の平均年収は700万円前後ですが、完全成果報酬型となるため、営業能力がないと昇給は厳しくなります。

 

製薬会社で働くメリットとデメリットは?

企業で働くことのメリットとデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

福利厚生、年収、仕事内容により、いくつかの違いがでてきます。

メリット

製薬会社で働くことの最大のメリットは、福利厚生が充実していることです。調剤薬局や病院では難しい長期休暇が取りやすいことは魅力です。

また、研修制度や産休・育休などの制度もしっかり整備されています。結婚や出産などのブランクがあっても、勤務を継続できるためキャリアを伸ばすことが可能です。

学会への参加などで最先端の研究内容に触れる機会が多くなるため、コミュニケーションスキルを上げることもでき、自分のスキルアップへと繋げられます。

全体的に、年収が高めで安定感や安心感があり、将来への不安は少ないです。

 

デメリット

製薬会社に勤務する上で、一番気になることは「転勤」です。会社の規模が大きくなるほど支店の数も多くなり、転勤の機会が増えます。

2~3年のスパンで転勤を余儀なくされることもしばしばあります。家庭がいる場合は、家族で引っ越しをしたり、自分が単身赴任をしなければなりません。

また、企業ならではの定年退職があります。定年退職後に再雇用してもらえる場合もありますが、年収が一気に下がってしまいます。仕事内容は同じでも、定年したことで年収が大幅にさがり、退職してしまうこともあります。

多くの人と働く職場では、少なからず競争しなければなりません。成果や数字を求められることもあり、精神的なプレッシャーを感じることもあります。

 

まとめ

 

薬剤師の仕事は、勤務先によって仕事内容も年収も変わります。

自分の特性をしっかりと見極め、条件や能力に合った職場を探すことも大切です。

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 製薬会社の薬剤師