薬剤師のパートの時給・給料・収入はどのくらい?パート薬剤師は稼げるのか実態を解説。

 

 

いろいろな事情で正社員として働けない場合に、パートとして働くことを選択する薬剤師がいます。

 

パートとして働きたいと求人広告を見るとき、まず目に入るのが時給ではないでしょうか。

 

その時給が薬剤師の給与として高いのか低いのかちょっと気になったりしますよね。

 

また、すでにパート薬剤師として勤務している人も、平均時給などは知っておきたいものだと思います。

 

今回は、パート薬剤師の時給とパートをするメリットなどについてお伝えしていきます。

 

薬剤師のパートの時給平均はいくら?

 

薬剤師のパートの求人を見ていると、2000円と書いてある調剤薬局が非常多いのではないでしょうか。

 

私は、パートで働くためにインターネットやハローワークでさまざまな求人を見てきましたが、やはり2000円の時給の薬局が多かったので、平均時給は2000円くらいなのだと予想していました。

 

しかし、薬剤師の平均時給を実際に調べてみると、、、なんと、2200円と書いてあったのです。

 

この数字を見て、「想像していたよりも高い。」と思った薬剤師もきっと多いですよね。

 

薬剤師の時給は地域によっても差があって、首都圏ですと東京都が高めに設定されていることも多いです。

 

また反対に、薬剤師不足の地方に行くと、薬剤師の時給が3000円台になっていることもありますから、その平均が2200円ということなのだと思います。

 

ちなみに、病院は1800円~2500円のところが多いそうです。

 

ただ、病院によってはかなり低い時給を提示してくることもあるので、しっかりチェックしてから応募するようにしてください。

 

私は、時給1200円という病院の求人を実際に見たことがありますし、私自身が時給1600円で総合病院で働いていたこともあります。

 

時給が極端に低いと働くモチベーションも下がってしまいかねませんので、必ず時給と仕事内容とのバランスを見て転職するようにしてください。

 

パート薬剤師の年収はいくらくらい?

 

パートの時給の平均である2200円で、1日8時間で週5で働いた場合の年収を計算してみると、約420万円という結果になりました。

 

この金額、パートとしてはかなり高いイメージですよね。

 

正社員じゃなくてもパートのフルタイムで働けば、生計を立てるのにも十分なくらい稼げると言えます。

 

薬剤師はパートでも暮らしていけるというこの事実と、正社員では得られないパートのメリットを考えて、生活環境などに関係なく自主的にパート薬剤師として働くことを選択している人も少なくありません。

 

この「パート薬剤師のメリット」が何かが気になるところだと思いますが、それについては次の項目で説明します。

 

パート薬剤師として働くメリットとは

 

パートで働く最大のメリットは時間が自由になることです。

 

「でももし、週5で働いていたらパートでも時間が自由にならないのでは?」と思う人もいますよね。

 

週5で働く場合は、正社員と同じ週40時間働くわけですから時間の自由はきかないように見えますが、正社員の拘束時間と比べると次に2つの点で時間のメリットがあると言えます。

 

①残業を断ることができる

 

業務量が沢山あり、その日の仕事が終わらないと正社員は必ず残業しなくてはいけません。

 

もし残業を断ったら、「社員だよね?」などと言われてしまうため、半強制的に残業しなくてはいけない状況になってしまうのではないでしょうか。

 

それに比べてパート薬剤師は、「私は時間で働いています。」ということで残業をすんなり拒否することが可能です。

 

上司も「パートだから仕方がない。」と思い、何も言わないことが予想されます。

 

薬剤師の中にはパートのメリットを使って、夕方の仕事が終わる時間から習い事に通ったりジムに行ったりする人もいます。

 

たとえボーナスがもらえなくても、生活が充実するからパートを選ぶという人もとても多いのです。

 

②飲み会などの会社のイベントに参加するのも自由

 

職場にもよりますが、正社員は、時々ある会社の飲み会やイベントを断れないことが多いのではないでしょうか。

 

私が以前勤めた職場は、「正社員の若い人がお酒をつぐというのが恒例だから都合をつけて必ず出席してください。」というような職場でした。

 

最近は、それはセクハラやパワハラにつながるのであまりないことだと思いたいですが、古い体質がまだ残っている職場などではいまだにあることだと思います。

 

また、強制的ではなくても正社員は出席して当たり前と暗黙の了解で決まっている職場もありますよね。

 

このようなときパート薬剤師ですと、残業同様、会社の飲み会なども胸を張って断れるというメリットがあります。

 

仕事以外での付き合いがめんどくさいとパートを選んでいる薬剤師も私は何人か知っています。

 

まとめ

 

今回は、パート薬剤師の時給についてお話してきました。

 

パート薬剤師の平均時給やパートで働くメリットなどが分かったのではないでしょうか。

 

また、パートで働いている薬剤師は、自分の働いている時給が平均と比べてどうなのかもチェックできたと思います。

 

フルタイムで働けばパートでも十分な収入が得られるのは薬剤師ならではですよね。

 

正社員ほど収入は高くないけれど、パートのメリットを考えてパートで働くを選ぶ薬剤師が多いのも理解できます。

 

ただ、パートは退職金などの補償がないというところも合わせてチェックしてほしいところです。

 

時間を大事にしたいのか、収入や補償を大事にしたいのかをよく考えて自分のライフスタイルに合った働き方を選んでほしいと思います。

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 調剤薬局の薬剤師