調剤薬局の薬剤師の年収・仕事内容は?管理薬剤師の解説も~

調剤薬局の仕事とは?

国が医薬分業を進めるべく、診療報酬の改定で処方箋料を大きく引き上げたことから、病院やクリニック、診療所の近くには調剤薬局が多くできています。

身近な存在である調剤薬局ですが、具体的な薬剤師の仕事とはどのようなものでしょうか。

まず、「調剤業務」です。病院やクリニックを受診した患者さんは、処方箋を持って薬局にやってきます。この処方箋に従って薬剤師は薬を正確に用意します。一見、数を数えて袋に入れているだけに見えますが、調剤を始める前には、処方箋に記載されている内容に不備はないか、保険番号などもすべて確認します。そのうえで、体質に合わない薬が処方されていないかどうか、用法・容量は適正であるか、重複投与や相互作用は問題ないかなどをすべてチェックします。もしも、不明な点があればその場で処方医に連絡し、疑問点を解決しないと調剤業務は行えません。

調剤は必要に応じて、散剤を混合したり、錠剤を粉砕したり、複数の錠剤を一包化したりとさまざまな知識と技術が必要です。

次に、「服薬指導」を行います。これは、処方された薬がどのような効果があるのかを分かりやすい言葉で患者さんに説明します。中には服用方法や保存方法に注意が必要な薬もあるため、もれなく必要な情報を伝えます。また、この時の会話では患者さんの生活背景や薬がしっかり飲めているのかなど、大切な情報も収集しています。

それから「薬歴管理」という、患者情報を記録する仕事があります。薬歴に記載しておかなければならない項目は幾つか決まったものがあり、服薬指導ではそれも確認しながら会話をしています。患者さんの残薬や服用状況、併用薬や副作用が起こっていないかどうかなど、渡している薬が適切に使用できているかを確認します。薬歴には、その時に得た最新の情報を薬学的観点からも評価し、次の薬物治療へつなげるために計画を立てて文章で残します。

 

調剤薬局で働くやりがいは?(メリット、デメリット)

 調剤薬局で働くメリットは、やはり給料です。どこの調剤薬局に行っても、それなりの高収入が得られます。また、薬剤師としての経験も積みやすく、成長することができます。

複数人の薬剤師がいる場合は、休みも取りやすく、プライベートも充実させることができるのも魅力です。

しかし、いい面だけはなく、いくつかのデメリットもあります。調剤薬局では限られた空間なので、毎日同じ人と働いていると人間関係が苦痛になることもあります。

また、同じ処方箋ばかりを調剤していると、違う科も勉強してみたくなり、ルーティン業務が嫌になることが考えられます。業務の内容が固定化されやすいので、それに飽きてしまう場合が多い傾向があります。

 

調剤薬局の薬剤師の給料は?年収の相場は?

 厚生労働省が毎年発表している「賃金構造基本統計調査」によると、2019年の薬剤師の平均年収は543.6万円(年齢38.6歳)でした。

地域によって差があり、一番平均年収の高い県は栃木県で623.6万円(年齢43.3歳)、最下位は山口県で415.5万円(年齢31.5歳)でした。

薬剤師の年収は地域の薬剤師の需要バランスによって大きく変わります。薬剤師が不足している地域では年収が高めに設定されています。

調剤薬局で正社員の場合の給料の平均(年代別)は?

 年代別で見ると、20代の正社員の平均年収で最も多いのが400万円から500万円です。20代はまだ経験も浅いため、給料はそれほど高くはありません。

30代、40代、50代になると、最も多い層は500万円から600万円です。このうち、50代では700万円以上の年収がある人が最も多くなります。

薬剤師の年収は、ほかの業種と比較すると初任給は高く、30代までは順調に昇給します。しかし、40代でほぼ頭打ちになり、その後の昇給はわずかになるという特徴があります。年収を上げたい場合は、条件の良い他の薬局に転職するのが一番効率的な方法です。

調剤薬局でパート薬剤師の時給の相場は?

 年収では全国でトップだった栃木県ですが、実は労働時間も一番長いことが分かっています。年収と勤務時間から時給換算すると、栃木県の薬剤師の時給は2,764円となり全国で6位となります。時給が一番高い県は香川県で、2,974円です。最下位は山口県で、1,967円です。

パート薬剤師の募集はどこの地域でも常にあります。一般的には2000円から3000円で募集されていることが多いですが、この値段は交渉可能です。募集先の希望している勤務時間帯に当てはまるかどうかなど、互いの条件が一致するとより好条件となります。

これ以外で、現在は派遣薬剤師という働き方があります。この場合の時給は4000円から5000円と割高になります。派遣薬剤師になるためには、派遣会社に登録し、そこからどこかの薬局に派遣される形となります。

 

管理薬剤師の年収は?

 管理薬剤師とは、その薬局の薬局長を指します。管理職ですので、他の薬剤師よりも立場が高く、給料も多いです。

管理薬剤師の仕事内容。一般薬剤師との違いについて

管理薬剤師は、一般薬剤師が行う業務に加えて「在庫管理」や「レセプトの集計」などの計数管理を行う必要があります。そのほか、会社に対して適正な助言を行う能力も求められます。管理薬剤師の発言権は力を持っており、意見された場合は、会社は耳を傾けなければなりません。

一般薬剤師の給料に加えて、管理薬剤師になると「管理薬剤師手当」がつきます。

管理薬剤師の年収は幅がありますが、正社員の場合は550万円から800万円くらいが相場です。例として、30歳で管理薬剤師を任された場合、一番多い年収は650万円です。

 

調剤薬局で勤務した場合、大手に勤めるほど給料は低く設定されており、地域の小さな薬局は高い給料で人を集めることが多いです。いずれにしても、昇給率はあまり良くないです。

年収800万円や900万円での募集もありますが、激務だったり、休みが取れなかったりと条件もありますので、自分の条件に合った調剤薬局を見つけることが一番重要です。

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 調剤薬局の薬剤師