調剤薬局の仕事内容とは?平均年収と年収で損しない方法とは?

 

薬剤師が働くスタイルは大きく分けると3つに分かれます。1つは街中のドラックストアで働く。2つ目が病院内の薬局、最後の1つが病院外の調剤薬局で働く事です。

この記事は、病院と密接に関係する“調剤薬局”と“病院内の薬局”について比較しながら調剤薬局のお仕事について分かりやすくまとめた記事になっています。

 

調剤薬局の仕事内容

調剤薬局での主な仕事は「調剤」「服薬指導」「薬歴管理」の3つがあります。

 「調剤」は患者さんが処方箋を持ってこられますので、処方箋に書いてあるお薬を準備する仕事になります。ここでのポイントは薬剤師責任での処方の最終チェックです。様々な病院の処方箋を扱って処方する調剤薬局も増えており、調剤薬局薬剤師の薬への知識を高める事が必然的に要求されています。

 「服薬指導」は直接、患者さんに服薬方法の指導をする仕事です。大まかな服薬方法は医者でされるのですが禁忌を踏まえた質問など医者とアプローチを変えたチェックを行う事が求められます。

 禁忌や患者さんの身体の状態を知るための仕事が最後の「薬歴管理」。薬歴を記録して長いスパンの治療に役立てます。また、薬歴管理には患者さんの治療に余計な時間的な負担を防ぐ狙いもあります。

 

調剤薬局の平均的な年収と年収を上げる方法は?損しないために。

調剤薬局での働くと全体で平均年収500~600万円になります。薬剤師は一般職と違って昇給のタイミングがないです。もちろん、調剤薬局で働く時もそれはあてはまります。

 ですので給料の交渉のタイミングや職場選び、転職などが調剤屋局で働きながらお給料を挙げる主な方法になってきます。

その中でも主な給料の上げ方は次のようなものです。

①僻地、地方都市以外の薬剤師が足りていない地域で就職する。

薬剤師のニーズは高いのに薬剤師がいない。そのような地域では薬剤師の給料は高騰します。実際の例としては、エージェントをいれてワンクールで一般の薬剤師の年収を稼ぐなんて薬剤師も存在します。

 

②管理薬剤師になる。

これは一番分かり安い昇給の例でしょう。管理薬剤師になると平均で50万円前後年収がupします。しかし、お給料にともなって“責任”も大きくなるので仕事で責任をおう事がハリになる人でないと実際は割に合わない選択肢かもしれません。

 

③本社に勤務する。(大手薬局チェーンの場合)

大手の勤務の調剤薬局にお勤めの薬剤師にはこれも1つの選択肢になるでしょう。年収は大手の調剤薬局チェーンであれば1000万円を越えます。この場合の主な仕事内容は薬剤師としての仕事ではなく“経営、人事”などの会社組織をまわしていく仕事になります。

 

④転職のタイミングで自社とも交渉する。

薬剤師はまだまだ数が足りず、人員をそろえるのも一苦労です。その為、退職したい旨を伝えて今いる薬局と給料の交渉をするのも昇給のチャンスにできます。この場合、仕事の内容は変わらないのがメリット。調剤薬局と一言で言っても機械、良く出る薬など細かい点は各調剤薬局で違いますので同じ仕事内容を継続できるのは大きなメリットです。

 

病院と調剤薬局の違い

病院内の薬局と調剤薬局での仕事を比べると大きな違いが1つだけあります。それは“薬剤師の責任”が目に見える形ではっきりする事です。

 病院では患者さんに医者、薬剤師、看護師でチームとなって医療を患者さんに提供します。一方、調剤薬局では医療の“薬”に関係する仕事を薬剤師が一手に引き受けています。

 その為、薬に関係する事のすべての責任を薬剤師が負わなければなりません。ミスを防ぐ

を防ぐためにも専門性のある幅広い知識が求められます。

 

調剤薬局のメリット

・仕事とプライベートのバランスがとりやすい。

調剤薬局は土日が休みの薬局も少なくなく、病院薬剤師と違って夜勤もありません。その為、日々の生活とのバランスをとる事が比較的容易と言えます。

 その為、子育てと両立しながらマイルドに働きたいというママさん薬剤師も調剤薬局を活躍の場として選ぶケースが多いです。

 

・隙間時間を上手に使える。

もちろんニーズにあった病院があればという事ですが、交渉次第では「午前中だけ」「昼から夕方まで」などフレキシブルに働く事が可能です。

 

・患者さんに直接接する機会が多い

病院と比べると服薬指導などで患者さんに関わる時間が長い調剤薬局。そのため、地域に直接的に関わっているという実感が得やすいのが特徴としてあげられます。

 

まとめ

 調剤薬局での仕事は「調剤」「服薬指導」「薬歴管理」の3つ。

 調剤薬局で働いているのが薬剤師と調剤事務の方なので、患者さんに直接手渡したお薬の責任は大きいといえます。また最近では「在宅医療」を調剤薬局が請け負ったり調剤薬局で働くやりがいや地域医療への貢献度も大きくなってきています。

 その中でも調剤薬局で働くメリットは、その「やりがい」と「働きやすさ」といえるでしょう。

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 調剤薬局の薬剤師