薬剤師のバイトについてその種類やメリットなどを探ります

 

 

毎月の月給をもう少し増やしたいとき、主婦のおこづかいがほしいと思ったとき、ほとんどの人は仕事や家事の合間にバイトをすることを考えると思います。

 

資格を持っている薬剤師も同じで、暇な時間にバイトをしたいと思っている人は割と多いです。

 

ただ、薬剤師の場合、「どうせバイトをするのなら、薬剤師の資格やスキルを生かした仕事をしたい」と思うのが実際のところではないでしょうか。

 

資格などを生かすことができれば、それだけ高い時給が見込めますし、バイトが薬剤師としての経験値の増加につながることも期待できるからです。

 

今回は、薬剤師のバイトで資格やスキルを生かせるものをいくつか紹介したいと思います。

 

どのようなバイトをすればいいのか分からない、迷っているという人はぜひ参考にしていただけたら幸いです。

 

 

休日や夜間の単発のバイト

 

転職エージェントのサイトなどに「薬剤師の単発求人」と書いてある求人を見たことがある人も多いと思います。

 

単発求人は、たった一日から都合の良い時間だけ働けて、時給もかなり高時給のバイトです。

 

普段の勤務がない土日にだけバイトがしたい、扶養内でだけ働きたいから週に1日だけ働きたい、仕事終わりの夜間だけ働きたいなどさまざまなニーズに応えてくれる利点があります。

 

とても良い条件の単発求人ですが、「高時給で働きたいときだけ働けるなんてなんか裏がありそう・・・」と思われた人も中にはいるのではないでしょうか。

 

このような好条件で薬剤師がバイトできるのは、ひとえに薬剤師が不足しているからに他なりません。

 

薬科大学が増え、薬剤師の数もそれに比例して増えてはいますが、医療現場では薬剤師がまだまだ不足しています。

 

都合の良い時間だけでもいいから薬剤師の力を借りたいという薬局が今でも少なくないということです。

 

勤務先が定休日の時に他の薬局で勤務

 

勤務先の病院や調剤薬局が休日の時に、単発求人じゃなく普通のパートとして調剤薬局で働いている薬剤師もいます。

 

実際に私自身がそのようにして病院と調剤薬局をかつて掛け持ちして働いていました。

 

「勤務先が休みの日に合わせて働けるパート求人を探すのは正直難しくない?」と思う人もいますよね。

 

当時私も、病院でのシフトがオフである木曜日にだけ働ける求人を探すのは難しいと思っていました。

 

「木曜日1日だけ募集!」なんていう求人広告はないに等しいからです。

 

ですので、求人が出ている近所の薬局にすべてに直接電話で問い合わせをして、木曜日だけ働きたい旨を薬局側に伝えることにしたのです。

 

すると、ありがたいことに「木曜日、ちょうど人が足りないからちょうどいいです。来てください。」と言ってくれる薬局が1つだけあり、そこで働き始めました。

 

もし自分で電話するのが気が引けるという場合には、転職エージェントに頼んでしまっても良いと思います。

 

転職エージェントは無料で利用できますし、担当者がこちらの希望を直接薬局側に伝え、その条件で働けるのか代わりに交渉してくれるので、バイトがよりスムーズに見つけられるかもしれません。

 

インターネットでのバイト

 

休みの日には家で働きたいという薬剤師もとても多いと思います。

 

その様な場合にはインターネットでのバイトもおすすめです。

 

例えば、オンラインで薬や健康相談に応える仕事や医療系の翻訳の仕事、医療系の記事のライター、薬剤師のアンケートなどに答える仕事などがインターネット上にあります。

 

この中で、翻訳や記事のライターなどはその仕事をする前に採用のテストのようなものがあり、それに合格すると仕事をもらえるスタイルが多いです。

 

経験者が優遇されることが多いので、最初は単価の高い仕事をもらうのは難しいかもしれませんが、少しずつ経験を重ね、スキルが上がってくるとそれなりに稼げるようになると思います。

 

薬剤師のアンケートは、単価が低いので数を重ねることが大事ですが、アンケートの数自体が少ないので、これで十分なお金を稼ぐというよりはお小遣い程度と思っていたほうがいいです。

 

家の中でお金を稼ぐことができれば、通勤電車に乗らなくてもいいし、仕事に行く準備をしなくてもいいし楽なイメージがありますよね。

 

ただ、気をつけなくてはいけないのは、家で働きたい人が本当にたくさんいるため、足元を見られることが多いということも絶対に覚えていてほしいポイントです。

 

なんだかんだ因縁をつけてお金を全く払わなかったり、「時給●●円」と書いてあったから応募したのに実際に働いてみたら顧客が少なく一日1時間程度しか働けないという会社も実際にあります。

 

ネット上の会社が良心的な会社なのか見分けるのは難しいですが、被害に遭ったときの対策を考えておくなど注意して仕事をしてほしいです。

 

もちろん、ネット上でとても良い会社や人とビジネスができることもありますから、相手先にも仕事を頼んでよかったと思ってもらえるように薬剤師側もスキルアップしておいてくださいね。

 

薬剤師がバイトをすることでのメリット

 

薬剤師がバイトをすることで収入が上がる以外のメリットがあるのかを考えてみましょう。

 

バイトをする最大のメリットは、いつもと違う環境で、いつもと違うことを違う視点で学べるという点だと私は思います。

 

私が調剤薬局でバイトをしていた話をしましたが、それまで私はずっと病院薬剤師しかしたことがありませんでした。

 

調剤薬局での仕事は、処方される薬、散剤分包機の種類、業務内容と様々なことが病院とは違っていました。

 

中でも一番勉強になったのは、レセプトでの点数について学べたことです。

 

病院ではレセプト関係のすることは全くありませんでしたので私にはとても新鮮でした。

 

医療機関でなく、インターネットで在宅の仕事をする場合も同じで、分野の違った仕事をすることで見えてくることや学べることが想像以上にあるのではないでしょうか。

 

このように他の職場で働くことは、自分を向上させる手段でもあるのです。

 

まとめ

 

今回は、薬剤師のバイトについてその種類やメリットなどを見てきました。

 

薬剤師の資格やスキルを使って、さまざまな仕事が空いている時間にできることが分かったのではないでしょうか。

 

一般の人よりも高めの時給や単価でバイトができるのは、大学や社会で薬について一生懸命勉強し、薬剤師として沢山の経験をしてきたからです。

 

努力してきた甲斐があったと思いますよね。

 

薬剤師の資格を生かすことができ、かつ自分に合いそうなバイトを見つけたら、自分をもっと向上させるためだと思ってとりあえずやってみてください。

 

自分の経歴や能力に自信を持ちながら、またいつもと違う社会貢献をしてみるのもいいものですよ。

 

 

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 調剤薬局の薬剤師