薬剤師賠償責任保険って入ったほうがいい?費用はどのくらいかかりますか?

 

 

調剤や監査などの薬剤師業務をしていて一番怖いのは、過誤を起こして患者さまに健康被害を与えてしまうことです。

 

薬剤師業務は人の命に係わる仕事ですので、ほんの小さなミスでも大きな被害になってしまうことがあります。

 

そのため、調剤中、特に監査業務時にはすべての薬剤師がかなりの緊張感を持って業務に携わっているのではないでしょうか。

 

間違えを限りなくゼロにするために様々なコンピューターを取り入れるなど薬局側もあらゆる努力をしていますが、やはり人間がやっている業務のため、悲しいことに調剤過誤が完全にゼロになることはありません。

 

ミスが起こって責任をとれと言われたときにどうすればよいのか不安ですよね。

 

そんな万が一ミスが起こった時のために入る保険が薬剤師賠償責任保険です。

 

今回は薬剤師賠償責任保険について入っておいておいた方が良い理由やその費用・補償などについてお話していきます。

 

薬剤師賠償責任保険とは

 

調剤過誤や処方箋の間違えを見過ごしたなどの薬剤師の業務ミスが原因で、患者さんに健康被害が生じてしまって賠償責任を問われたときに、金銭の補償で賠償額をカバーしてくれるのが薬剤師賠償責任保険です。

 

調剤業務に携わっている薬剤師であれば一度は聞いたことのある保険名ではないでしょうか。

 

薬局などの会社や病院で薬剤師賠償責任保険に加入してくれている場合もありますが、個人的に費用を払って加入する場合もあります。

 

なぜ薬剤師賠償責任保険に入らなければいけないの?

 

「賠償責任を問われるようなミスは少ないはずだから薬剤師賠償責任保険には入らなくてもいいのでは?保険にかかる費用を無駄にすることはないの?」という意見もあると思います。

 

たしかに、患者さんが死亡してしまうような大きなミスが起こる可能性はとても少ないですし、私も今まで長年薬剤師を経験してきていますが、賠償責任を問われた事例をいまだに直接見たことはありません。

 

ですが、薬剤師も人間です。すべての薬剤師が大きなミスを起こす可能性があるということです。

 

もしもミスが起こり、それが原因で患者さまに健康被害が生じてしまったらと考えてみてください。

 

裁判になって薬剤師のミスが原因であると判決が下った場合、薬剤師免許はく奪ということにはなりませんが、その賠償額は何千万円単位、もしくは1憶円を超える賠償額になることも予想されます。

 

こうなると自分で対処するのは不可能に近いですよね。

 

それに、賠償責任などを過剰に心配してビクビクしながら仕事をすれば、また新たなミスを起こしてしまう可能性も高くなりかねません。

 

薬剤師賠償責任保険は、患者さんや薬剤師を守るために必ず入っておいた方がいい保険であると同時に、安心して業務にあたることができるいわゆる安心料的なものでもあるのです。

 

今勤務している職場は薬剤師賠償責任保険に入っていますか?

 

病院や薬局によっては薬剤師賠償責任保険の費用の負担を会社がしてくれるため、薬剤師が知らないうちに薬剤師賠償責任保険に加入していたということがあります。

 

ですが、薬剤師賠償責任保険に入っていない医療機関に勤務している場合には、個人で加入しなければなりませんので注意してください。

 

まずは自分の職場が薬剤師賠償責任保険に加入しているかどうかを調べてみましょう。

 

私が働いていた大きな病院を例に出しますと、薬剤師全員が薬剤師賠償責任保険に加入していましたが、賠償保険加入に必要な日本病院薬剤師の会費や都道府県の病院薬剤師会の会費、薬剤師賠償責任保険の費用は個人負担でした。

 

転職をする際には、薬剤師賠償責任保険に入っている職場なのか、その費用を職場で負担してくれるのか個人負担なのかも調べておくと良いかもしれませんよ。

 

ちなみにですが、薬剤師賠償責任保険の費用を持ってくれる薬局をわざわざ選んで転職する薬剤師もいます。

 

「薬局側も責任を持ちますよ」と言ってくれているようで印象が良いからなんだそうです。

 

求人票に、「薬剤師賠償責任保険完備」や「薬剤師賠償責任保険の費用を当社で全額負担」などと書いてある薬局もあるので参考になさってくださいね。

 

派遣薬剤師の場合はどうすればいいですか?

 

医療機関に所属している正社員やパートの薬剤師は、医療機関側で薬剤師賠償責任保険に加入してくれる場合があるとお話ししましたが、派遣会社に所属する派遣薬剤師の場合はどうしたらよいのでしょうか。

 

医療機関に所属しているわけではないため、自己負担が基本になると思った方もきっといると思います。

 

実は、派遣薬剤師の場合は、派遣会社が薬剤師賠償責任保険を全額負担している場合が多いです。

 

私が派遣先の会社で働く前に担当者から「薬剤師賠償責任保険は当社の全額負担で加入します。」と説明を受けたとき、さすが薬剤師の派遣会社だなと驚いた覚えがあります。

 

すべての派遣会社で負担しているかは分からないので、所属している派遣会社のホームページなどで調べてみてください。

 

薬剤師賠償責任保険の費用はいくらですか?

 

それでは気になる費用を見ていきましょう。

 

多くの薬剤師は日本薬剤師会の薬剤師賠償責任保険か日本病院薬剤師会の薬剤師賠償責任保険に加入しています。

 

<日本薬剤師会の薬剤師賠償保険>

 

日本薬剤師会の薬剤師賠償責任保険に加入するには、都道府県の薬剤師会に入会して会員になり、自動的に日本薬剤師会にも入会することが必要です。

 

日本薬剤師会の薬剤師賠償責任保険(基本プラン)は年間1,950円ですが、それに加えて日本薬剤師会の会費7,000円と都道府県の薬剤師会の会費を払うことになります。

 

都道府県の薬剤師の会費ですが、東京都薬剤師会が会費を公表していないため、神奈川県薬剤師会を例に見てみます。

 

神奈川県薬剤師会会費14,400円+日本薬剤師会会費7,000円+薬剤師賠償責任保険費用1,950円= 23,350円

 

補償:1.5億円

 

補償はしっかりしていますが、意外と費用がかかると思った人も少なくないのではないでしょうか。

 

<日本病院薬剤師会の薬剤師賠償責任保険>

 

日本病院薬剤師会の薬剤師賠償責任保険に加入するためにはまず、都道府県病院薬剤師会の会費と日本病院薬剤師の会費8,000円を払って会員になる必要があります。

 

薬剤師賠償責任保険の費用は年間2,400円です。

 

神奈川県を例に見ますと、

 

神奈川県病院薬剤師会会費6,000円+日本病院薬剤師会会費8,000円+薬剤師賠償責任保険費用2,400円= 16,400円

 

補償:調剤に関わる事故による身体賠償 1事故 1憶円/1年間 3憶円

医薬品などに関わる事故以外での業務追行中による身体・財物賠償 1自己 5000万円

患者さんの人格権侵害に対する補償 1事故・1年間 300万円

 

日本薬剤師会よりも費用は安めですが、やはり思った以上にお金がかかる印象かもしれません。

 

また、はじめて会員になる場合には、上の金額に加えて入会金も必要になるということも覚えておいてください。

 

勤務している職場で薬剤師賠償責任保険に加入してくれていれば問題ないですが、個人で払うとなると負担が大きいという人もいますよね。

 

そのような場合で、かつ薬剤師会に入る方針のない職場で働いている場合には、東京海上日動などの薬剤師賠償責任保険に加入することもおすすめです。

 

東京海上日動の場合は薬剤師会の会員にならなくても賠償保険に加入できます。

 

費用は年間1,000円で負担が軽いですし、1事故1億円まで保証されます。

 

まとめ

 

今回は、薬剤師賠償責任保険について入ったほうがいい理由や、薬剤師賠償責任保険の費用・補償などを見てきました。

 

保険に入っていたほうが、万が一の事故で賠償責任を問われたときに対処ができるということや、保険に入っていることでそれが安心につながること、また賠償責任保険の費用や補償などが分かったのではないでしょうか。

 

この記事を読んでいる人の中には、「薬剤師賠償責任保険に入っているからと言ってミスを恐れなくなったら困る。」と思った方もいるかもしれません。

 

私たち薬剤師は、薬剤師賠償責任保険に入っていたとしても、ミスがゼロになることに全力を注いでいますし、またどんなに小さなミスでも起こしてしまった薬剤師はかなり落ち込みます。

 

決して「保険に入っているからミスを起こしても大丈夫」とは思っていません。

 

薬剤師賠償責任保険に加入するのは、万が一のことを考えて、自分と患者さんを守るために必要なことなのです。

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 調剤薬局の薬剤師