処方箋の期限が切れたらどうするの?処方戦に期限がある理由とは 

 

 

病院や診療所で発行される処方箋には、実は期限があります。 

 

その期限が切れると処方箋は無効になりますから薬局では薬を調剤してもらえなくなるのです 

 

患者さんの中には処方箋に期限があることを知らず、期限切れの状態で薬局に来局し、薬剤師から処方箋の再発行が必要だと言われてしまったことのある人もいるのではないでしょうか。 

 

処方箋の再発行のためにまた病院へ行くなんて手間がかかるからと、薬局で駄々をこねる患者さんも実際にいらっしゃいます。 

 

処方箋にはなぜ期限があるのでしょうか。 

 

今回は、処方箋に期限がある理由や処方箋が期限切れになった場合どうすればよいのかなどを説明していきます。 

 

処方箋の期限はいつ切れる? 

 

処方箋の期限は、処方箋が発行された日を含めて4日間であることが決まっています。 

 

もらった処方箋の中身を詳しく見たことのないという人も多いと思いますが、処方箋には『特に記載がある場合を除き、交付の日を含めて4日以内に保険薬局に提出すること』と小さく書かれています。 

 

つまり、たとえば2月1日に処方箋をもらったら、2月4日までに薬局に提出をしないと期限切れになってしまい薬を受け取れないということです。 

 

気をつけなければいけないのは、この4日以内の期限には日曜や祝日も含むという点です 

 

日曜や祝日、薬局の定休日だったから薬を受け取れないまま期限が切れてしまったと言い訳をしても、無効な処方箋が有効になることは基本的にはないので、処方箋をもらったらすぐに期限を確認して期限内に薬を受け取に行ってください 

 

ただし、連休が続いたりして薬局に行く時間がとれないという場合もまれにですが考えられますよね。 

 

その場合は、処方箋をもらった時点で医師に相談をしてみましょう。場合によっては医師の判断で処方箋の期限が延長されることもあります。 

 

処方箋の期限はなぜあるのか 

 

処方箋に期限なんてなければ好きなときに薬を受け取れて便利なのにどうしてわざわざ期限があるのだろうと疑問に思う人も中にはいると思います。 

 

実は処方箋に期限は患者さんの安全を守るための必要不可欠ものです。 

 

医師は、診察時の患者さんの身体の状態を見てその症状に合った薬を処方します。 

 

もし日にちが経ちすぎてその症状が変わってしまい、症状に合わない薬を飲んでしまったり、必要のない薬を飲んでしまったりしたら、せっかく飲んだ薬が逆に身体に悪影響を及ぼしかねませんよね 

 

また、医師はできるかぎり薬を早く飲んで症状が良くなるようにと薬を処方しています。 

 

つまり、処方箋の期限は患者さんの身体に与えるかもしれない薬のリスクを最小限に抑えためと治療をスムーズに進めるために設定されているのです 

 

たしかに利便性を考えれば処方箋に期限があることを鬱陶しく思ってしまうこともありますが、処方箋の期限が身体にとって重要な役割を果たしていることは忘れないでください。 

 

処方箋の期限が切れたらどうすればいい? 

 

万が一処方箋の期限が切れてしまったら、再度病院や診療所に行って処方箋を再発行してもらわなければいけません。 

 

期限が切れた処方箋は無効になりますから保険薬局では取り扱うことができず、薬が受け取れなくなってしまうからです。 

 

処方箋の期限からあまり日にちが立っていない場合は処方箋の再発行のみで済みますが、日にちが経っている場合は再度医師の診察を受けなければいけない可能性もあります。 

 

これを見ると処方箋が期限切れになっただけでいかに時間を無駄にするかが分かるのではないでしょうか。 

 

しかも無駄になるのは時間だけではありません。処方箋の再発行や再度診察が必要な場合には、病院での費用が保険適用にならないこともあり、多くの場合は自己負担になります 

 

普段は1割から3割負担をすればいい医療費も10割負担になることを考えるとかなりの出費になることが予想できますよね。 

 

このように、もし処方箋の期限を切らしてしまうと時間もお金も余計に使うことになってしまいますから処方箋を受け取ったら必ず期限を確認し、期限切れのようなことが起こらないように注意してください。 

 

ちなみに、再発行された処方箋を保険薬局に提出すれば、薬の代金は保険適用になります。 

 

薬局に行く時間がないときの対処法 

 

どうしても期限内に薬局に行く余裕がない場合は、オンライン処方箋などサービスを利用することで対処することもできます。 

 

オンライン処方箋サービスとは、スマートフォンで処方箋の写真を撮って薬局に送っておくと薬局に処方箋を持って行かなくても処方された薬を調剤しておいてくれるサービスです。 

 

専用のアプリやウェブサイトを使って薬をオーダーするのですが、このサービスを使えば薬局に行く時間がなくてもオンライン処方箋を薬局に提出することができるため処方箋が期限切れになる心配もありません。 

 

処方箋が期限切れになりがちな人はこのサービスを利用してみるといいのではないでしょうか。 

 

ただすでにお伝えした通り医師は処方した薬をなるべく早く飲んでほしいと思っていますので、オンライン処方箋でオーダーしたあとは、なるべく早く薬を取りに行ってください。 

 

処方箋が期限切れになる心配ないからと言って、長い時間薬を取りに行かずに放っておくことは避けましょう。 

 

まとめ 

 

今回は、処方箋の期限切れや処方箋の再発行、また薬局に行く時間がないときの対処法について見てきました。 

 

処方箋の期限が患者さんにとって大切な意味を持つということや処方箋が期限切れになってしまったら再発行してもらうためにかなりの手間やお金がかかることなどが分かったのではないでしょうか。 

 

処方箋の期限は4日ありますが、病院で処方箋をもらったらその足で調剤薬局に行き、処方された薬を購入するのが一番理想的です。 

 

そうすれば治療早く始められますし、処方箋の期限が切れてしまう心配もありません。 

 

無駄な時間やお金をかけないためにも処方箋の期限は必ず守り、できるだけ早く薬を受け取りに調剤薬局行きましょう。 

 

 

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

      2020/04/26

 - 調剤薬局の薬剤師