アインファーマシーズの年収・評判・口コミを薬剤師が解説!売上No.1企業の実態は?

 

薬剤師なら、アインファーマシーズという薬局の名前を一度は聞いたことがあると思います。

 

調剤薬局売上高のランキングにはいつもランクインする大手企業ですので、転職を考えたことがある人も中にはいるのではないでしょうか。

 

大手のチェーン薬局と言えば、人手不足で有給休暇がとりにくいなどブラックな噂をよく聞きますよね。

 

はたしてアインファーマシーズの場合はどうなのでしょうか。

 

調べてみると、社員を大切にする企業の意外な姿勢が見えてきました。

 

今回は、アインファーマシーについてと収入、また気になる評判についてお伝えしていきます。

 

アインファーマシーズとは?

 

アインファーマシーズは、1000店舗以上の薬局を経営し、正社員数約1万人を雇用している大手薬局チェーンで、調剤薬局売上高は第一位を誇っています。

 

地域包括ケアシステムやセルフメディケーションが最近話題になっていますが、アインファーマシーズは、かかりつけ薬剤師や在宅医療を推進するなど、時代に合った地域密着型の薬局を目指しています。

 

また、国際化する社会のニーズから、多言語遠隔通訳サービスを導入し、12言語に対応しているというのも驚きです。

 

他の薬局ではあまり見られないサービスですよね。

 

ちなみにアイン薬局の大手町店では、英語の対応も行っているそうですので、英語が得意な薬剤師はそのスキルを存分に生かせるのではないでしょうか。

 

アインファーマシーズの年収

 

アインファーマシーズの年収ですが、370万~600万円というデータがあります。

 

調剤薬局に勤務する薬剤師の平均収入は、550万円ほどと言われていますので、平均と比べると少し低めなイメージです。

 

実は低めなのは平均年収だけではありません。

 

アインファーマシーズの新卒薬剤師の基本給は、なんと19万円だそうです。

 

4年制大学の新卒の平均初任給が20万円と言われている現在、他の手当てがついて合計の給与自体は少し上がるとは言っても、6年制の大学を出て、基本給19万円はかなり安いと言うほかありません。

 

また、アインファーマシーズは昇給はあるものの、昇給率はわずかしか期待できないそうですので、経験を積んだからといって、基本給が格段に上がるといったことはないと思っていたほうが良さそうです。

 

社員の基本給が少ないということから、ボーナスの額も他の会社に比べるとやはり低く、平均の78万円を下回り、50万円~70万円しかもらえないとのことでした。

 

このように、全体的に給与やボーナスが低めに設定されているアインファーマシーズですが、年収を大幅に上げる方法はあります。

 

会社が、転勤できる範囲が広ければ広いほど手当が上がるシステムを取り入れているため、全国どこでも転勤が可能であれば、収入はかなりアップするそうです。

 

アインファーマシーズで年収を上げたいなら、転勤を覚悟するのが一番の近道かもしれませんよ。

 

アインファーマシーズの口コミ

 

アインファーマシーズで働く薬剤師の気になる口コミを見ていってみましょう。

 

☆薬歴を書くためのパソコンが一人一台用意されているのがとても便利です。他の薬局では、薬歴を書くためにパソコンの順番待ちをしなくてはいけませんが、自分のパソコンがあるので、薬歴記入業務がとてもスムーズに行えます。

 

☆会社が、社員ファーストを謳っているのが良いところだと思います。サービス残業をすると会社からサービス残業はしないように指摘される環境です。

 

☆フレックス制度があるからか、残業は結果としてほとんどない状況です。店舗数、従業員数が多いため有給は比較的取りやすいと思います。

 

☆リフレッシュ休暇9連休、結婚休暇などがあり、待遇は良いと思います。人手不足がないため有給休暇も取りやすいです。

 

☆配属店舗によるかもしれませんが、店舗内が綺麗で働きやすい環境だと感じます。職員、顧客ともに居心地は良い方なのではないでしょうか。

 

★調剤業界の中では決して給与は高くはないです。昇給の頭打ちはないと思われますが、昇給率は平均的で高くはないところが気になります。

 

★店舗によると思いますが、「患者様が見える場所だけ綺麗ならそれでいい」と考えているのか掃除を全くしません。朝掃除の時間がありますが、掃除の仕方も人それぞれなので、その日によって本当に掃除をしたのかと疑ってしまう日もあるくらいです。雨の日など待合の床が濡れて汚れていても誰も気にしません。患者さんが転倒しないようにモップをかける人は限られた人のみですし、ゴミ箱のゴミが溢れそうになっても気にしない人が多いです。薬局も医療機関なのだから清潔第一にしなければいけないと思います。

 

★だいたい3年くらいすると転勤が言い渡されるので、同じ薬局に長く勤めている人がいない状態です。年配の人が働いていないところを見ると、みんな途中で辞めてしまうんだろうと思います。

 

★土曜日に営業する店舗は、正社員は必ず出勤しなければいけません。ハッピーマンデーなどの祝日がない限り、2連休で休めない状態なのはつらいです。

 

★狭い職場特有の付き合い辛さがあります。女性同士で合わない人がいると、ずっと顔を突き合わせる事になりかなり苦痛です。普通のオフィスと違って、薬局特有の逃げ場の無さがあります。

 

いかがでしたでしょうか。

 

ここに挙げた口コミを見ると、アインファーマシーズで働くデメリットは、店舗による職場環境の問題と給与についての問題に分けられると思います。

 

そしてアインファーマシーズで働くメリットとしては、会社が社員ファーストであること、休暇がとりやすいということ、また人手不足ではないという点が挙げられていました。

 

企業側が社員ファーストであるところは、平均的に社員の居心地がいい傾向があります。

 

企業が社員に対して『働いていただいてる』と思っているか『働かせてやっている』と思うかで、職場環境は大分違ってきますよね。

 

サービス残業を会社が指摘してやめさせる姿勢からも、社員を大事の思っていることが感じ取れるのではないでしょうか。

 

大手の薬局チェーンは人手不足が深刻なことが多いですが、アインファーマシーズでは人手がある程度足りている状態であることも分かりました。

 

収入が低めであるにもかかわらず、人手があるということはやはり会社の社員を大事にする姿勢が大きく関係しているのではないかと個人的には思いました。

 

まとめ

 

今回は、アインファーマシーズについて、収入や評判などを中心に見てきました。

 

店舗による職場環境や収入による不満の声があるものの、社員ファーストの会社の姿勢や、有給休暇の取りやすさ、人手不足ではないところに魅力を感じた人も多いのではないでしょうか。

 

アインファーマシーズの口コミを読んで、アインファーマシーズのグループ薬局に転職を希望したいと思った人も中にはいると思いますが、やはりネックとなるのは収入の低さや店舗による職場環境の問題ですよね。

 

もし転職前にそれらのことを確認したければ、ぜひ転職エージェントの力を借りてみてください。

 

転職エージェントは転職をする前に職場環境などを詳しく確かめてくれますし、また収入についてもプロのスキルで交渉してくれます。

 

転職エージェントを利用することによって、一人で転職活動するよりも納得した職場を見つけられるのではないでしょうか。

 

少しでも良い条件で転職し、居心地の良い職場で長く働けるよう応援しています。

 

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 調剤薬局の薬剤師