薬剤師の仕事は病院と薬局でどう違うのか

 

 

薬剤師の仕事先は、病院・薬局・ドラッグストアなど様々ですが、場所によって業務内容に違いがあります。

正直、「薬剤師の仕事はどこも同じなのでは?」と思っている方が多いのではないでしょうか。

 

こちらの記事では、病院・薬局ではどういったところが違うのか、また、自分に合う勤務先を選ぶにはどこに着目したらよいのかを詳しくご紹介します。

 

病院と調剤薬局、どちらで働こうか迷っている方は、是非この記事を読んで自分にぴったりな職場を選んでくださいね。

 

病院薬剤師と薬局薬剤師の違い

 

薬剤師の勤務先と言われると病院か調剤薬局を真っ先に思い浮かべる方が多いですよね。勤務先によって薬剤師の業務に違いがありますが、具体的にはどんなことをするの?と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

そんな方に向けて、こちらでは病院薬剤師と薬局薬剤師の仕事内容や、メリット・デメリットについてご紹介していきますので、2つの勤務先の違いを知りたい方は是非チェックしてみてください。

 

病院薬剤師の仕事

病院薬剤師の仕事は、処1方箋に基づいた調剤や服薬指導が主な仕事ですが、外来患者だけでなく入院患者にも関わるため、様々な科の医師や看護師とチームになって働きます。

 

患者にとって最善の治療法を検討するために、医師や看護師、さらには理学療法士や栄養士などを交えながら薬剤師の視点からの意見を述べるのも仕事の一部です。

 

また、病院内で起こった副作用の情報を管理する医薬品情報業務や、薬学部の学生が実習で来た時の指導などといった業務など、病院薬剤師の仕事は多岐にわたります。

 

薬局薬剤師の仕事

調剤薬局で働く薬局薬剤師の仕事は、様々な病院の医師からの処方箋をもとに調剤や服薬指導を行うことです。また、患者ごとに現在の服用状況や、過去の副作用などを起こしていないかなどをチェックする薬歴管理も主な仕事のひとつ。

 

それに加え、患者とコミュニケーションを取り、医師に伝えられなかったことや、処方が違っていたりなどがないよう処方監査し、もしあった場合は医師と連携を取って伝えることも重要な役割となります。

 

病院薬剤師のメリット・デメリット

病院薬剤師として働くことのメリットは、医療チームの一員となって患者ひとりひとりに踏み込んだ服薬指導ができることです。

医療の現場で医師達と一緒に働くため、患者の病状や医師の治療方針を把握することができます。カルテを見ながら患者と密に関わることが出来るので、医療の最前線で活躍するやりがいを感じられるという利点がありますよ。

 

反対に、デメリットとして挙げられるのは、夜勤や日直業務があるため勤務時間が長くなることです。

その他にも、薬剤師は看護師に比べて配置される人数が少ないため、病院によっては夜間に一人で調剤などの対応をしなければならないところもあるそう。人員調整や当直の人数などは病院によって異なるため、働く病院を選ぶ前にしっかりチェックしておく必要がありますね。

 

薬局薬剤師のメリット・デメリット

調剤薬局では、長時間の残業が少なくプライベートの時間を大事にできるところが大きなメリットです。大体のところが朝8時ごろから夜6時~7時までの営業時間になっているところが多いので、決まった時間で働きたい方にぴったりの職場です。

 

デメリットとしては、職場の人間関係の狭さです。少人数で働く環境であるため、仲がこじれると一気に職場の居心地が悪くなってしまうという弱点があります。

 

また、特定の診療科目に隣接している薬局では、処方箋の内容が偏るため幅広い処方箋薬の知識を磨くことができないというデメリットも。そのため、幅広い処方箋を受け付けたい方は、薬局選びをしっかりと行う必要があるでしょう。

 

病院・薬局で給料はどのくらい違う?

年収の高い職業のひとつだと言われている薬剤師ですが、すべての勤務先が同じくらいの給料なわけではなく、勤務先によって大きく変わってきます。

 

ここからは、病院薬剤師と薬局薬剤師はどのくらいの給料設定がされているのか、また、キャリアアップするためにはどうすれば良いかも一緒にお伝えしていきます。

 

病院薬剤師の給料

病院勤務での年収は、薬剤師が勤める職業の中でも比較的低いとされている400~550万ほどです。

病院薬剤師は医療の現場で働くことができ、薬の知識を深めることができるため、薬剤師の中でも人気の勤務地となっています。そのため、求人が少ないので給料が低く設定されているようです。

 

ですが、「病院薬剤師として働きたいけれど、年収を上げたい」と考えている方もいらっしゃるでしょう。

 

病院薬剤師のキャリアアップの方法のひとつが「国公立病院に勤務すること」です。国公立病院は初任給は低く300万程度ですが、長く勤めれば勤めるだけ年収が上がります。定期昇給が法律で定められているため、500~800万まで上がる病院もあるそう。

ですが、肩書きは公務員となるため、調剤以外の役職に任されることや転勤などもあるそうなので、しっかり下調べをしてから決めることが重要です。

薬局薬剤師の給料

薬局薬剤師の年収は、勤務地の中でも比較的高めの450~650万ほどになっています。近年薬局は多く設営されており、年々増えている傾向があります。そのため薬剤師の人手不足となっているので、金額設定は比較的高めに設定されているところが多いようです。

 

そんな薬局薬剤師でも、キャリアアップによって年収を挙げるチャンスがあります。

その方法のひとつが、「管理薬剤師になること」。責任者としてのスキルが身に付くだけでなく、毎月の給料に手当が3~6万程度つくため年収アップに繋がります。さらに、もし転職するという時に管理薬剤師としての経験があることで採用されやすくなるメリットもありますよ。

 

自分に合った働き先の選び方

薬剤師の勤務先は大きく分けて病院・薬局の2種類に分かれますが、実際に自分に合っているのはどこなのか、またどこに着目したらいいのか分からない方も多いですよね。

 

自分に合う勤務先を選ぶには、「自分が一番こだわりたいことは何か」を見つけることが重要です。

例えば、病院勤務を選ぶ方は「給与よりもやりがいにこだわりたい方」が多いです。反対に薬局では「患者とのコミュニケーションが好き」という方や「自分の時時間を大事にしたい」など、その勤務先でのメリットやこだわりを生かして選んでいますね。

 

自分に合っている職場探しに悩んでいる方は、一度自分なりのこだわりは何か見つけてみると良いですよ。

 

まとめ

病院や薬局での違いはさまざま。

その場所によって働き方が変わるので、なかなか勤務先を探すのは一苦労ですよね。そんな方は、是非この記事を参考にして長く働ける職場を見つけてみてください。

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 調剤薬局の薬剤師