薬剤師に勝ち組と負け組はある?その特徴と勝ち組薬剤師になるには?

 

薬剤師の平均年収は約520万円です。一般のサラリーマンよりも高い平均年収です。

その一方で、一般のサラリーマンとは違い、年々の給料の増額はあまりありません。

薬剤師として、高い給料を得たいのなら、その時代に必要とされる薬剤師であることが必須です。転職のチャンスを逃さずに、その時に最も高い給料で働ける職場に移ることができるスキルを身に着けておきましょう。

 

勝ち組薬剤師の特徴

職場でもやりがいのある仕事を任されており、日々を充実して送れている場合は、周りからも自分の能力を認められています。

年収のみにこだわらず、仕事を楽しくてやりがいのあるものだと感じられるのなら、最高の職場環境です。

薬剤師に求められる資質は、年々高くなっています。医学や薬学の高度化によって、より専門的な知識が必要になるほか、丁寧で迅速な対応も求められます。

やりがいを感じて仕事ができる薬剤師は、自己研鑽や勉強することも苦痛に感じないでしょう。

スキルアップすることで、薬剤師としての必要性も上がり、存在価値のある薬剤師になれます。

負け組薬剤師の特徴

薬剤師になるには、それなりの時間と勉強が必要です。6年間薬学部で学び、国家試験に合格して資格を取得したのに、いざ仕事をしてみると、待遇が割に合わないと不満ばかりではありませんか。

割に合わないと嘆いているのならば、あなたが現在の仕事に満足していないからです。職場でも、あなた自身を必要としているのではなく、あなたの持つ薬剤師免許だけを必要とされている可能性があります。

薬剤師免許だけで雇われている場合は、昇給も見込めません。

勝ち組薬剤師になるにはどうすればよいの?

「薬剤師は過剰になる」と何年も言われ続けてきています。今後、AIの社会進出が進むにつれて、薬剤師の需要が変わってくる可能性は充分にあります。

ただ、薬剤師免許を持っているだけで必要とされる時代は終わり、「何ができるのか」と価値を問われる時代がやってきます。

薬の知識はもちろん、身に着けておかなければならないスキルがあります。

 

コミュニケーション能力をつける

薬剤師は、以前は「対物業務」である調剤業務が主な仕事でした。そのため、コミュニケーションが上手くできなくてもあまり問題はありませんでした。

しかし、最近の薬剤師には、高いコミュニケーションが求められています。

服薬指導時では、一方的に説明して終わりではなく、会話から患者さん側の不安や質問なども受け止めなければなりません。

患者さんの信頼関係を築き、円滑に仕事を行うためには、薬剤師ならではのコミュニケーションが必要です。

薬を安全に使用してもらうためには、注意事項などをしっかり聞いてもらう必要があります。しかし、中には薬剤師の話を面倒がって聞かない人や説明されるのを嫌がる人もいます。

そのような場合でも、上手く会話を運び、安全に使用してもらえる能力が必要とされます。また、コミュニケーションが上手くできない場合は、職場でも重要な役職に就くことが出来ません。

「1人の患者は50人の患者を連れてくる」と言われています。コミュニケーションに長けている人は、相手の信頼を得られるだけでなく、直接売り上げや利益にも結び付けられます。

マネジメント能力を磨く

国の医療制度の改革に伴い、今後は調剤報酬の減額も予想されます。調剤報酬の変化によっては、職場の人員を減らされることも考えられます。そのような厳しい状況の中でも、チームワークを活かして、目標を達成できる力があれば乗り越えることができます。

自分自身の能力だけでなく、人が持っている能力も見極めて、その人を上手く活かすことが出来なければ、優秀なマネージャーにはなれません。

今後、薬剤師を続けていく中で、マネジメント能力が高いか低いかで立場は変わってきます。どのような仕事においても、マネジメント能力が長けている人がリーダーになる傾向があります。

 

本当の勝ち組とは?

勝ち組の基準は、年収で測られることが多いです。一般に、年収が600万円を超えると平均年収を上回るため、勝ち組に分類される目安です。

しかし、薬剤師業界は、人手不足などの原因から薬剤師の長時間労働化を強いられやすいのが現実です。

理想と現実のバランスが取れているか、心身の健康が保てているか、仕事を続ける上で重要になります。

希望の働き方、収入が得られているか

働き方の希望は、薬剤師によってもさまざまです。正社員で働きたい人もいれば、育児と仕事を両立させたい人もいます。

薬剤師は、色々な働き方ができる職業です。勤務先も勤務形態も選ぶことができます。薬剤師が必要な特殊な職業もあり、働き方も変化しています。

時給も2000円以上と高額で働くことが出来るので、自分の納得できる待遇と職場を選びましょう。

収入で考えると、ドラックストアや製薬会社が高額になりますが、お金だけでは判断できない部分があります。

自分のやりたいことと、希望の収入を見つめなおし、後悔のない選択をして下さい。

心と体が健康であるか

高額な収入を得る代わりに、残業やハードワークを強いられる職場は多くあります。中には、過労で体調を崩したり、自殺をしてしまう人もいます。

健康障害と長時間労働は明らかに相関があると言われています。体力に自信がない人や、職場の人間関係にストレスを感じている人は、もう一度職場環境を見直すことが必要です。

休日は疲れて寝て過ごすのでは、プライベートを楽しむことが出来ません。いくら高収入を得られても、プライベートを充実させることが出来なければ本当の勝ち組とは言えません。

まとめ

 

勝ち組か負け組かを決めるかは、あくまで自分自身で決めることです。このように言ってしまうと身もふたもないですが、自分の状況を俯瞰的に見て、「職場環境も給料も悪くないな」と思うのであれば、副業や、資格取得など新しい挑戦もしていいと思います。

そうでなければ、転職を検討するなど、自分の環境を変えるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

なるべく自分の状況を客観的に眺め、自分の望む方向に向かって動けているのか、ゆっくりと考えてみてはいかがでしょうか。

 

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 調剤薬局の薬剤師