専門薬剤師の種類ってどんなものがありますか?

 

 

現在「専門薬剤師」の資格が注目されています。

 

専門薬剤師は、チーム医療の中の一員として薬の専門的な知識と、そのスキルを最大限に生かして活躍するための資格です。

 

一般の薬剤師が全般的な知識のもとで仕事をしているのに対して、専門薬剤師は専門の領域において深く学び、その分野で、患者さんにとってのベストな薬の選択や治療計画などをするという一歩踏み込んだ仕事をします。

 

薬剤師の中には、専門薬剤師の仕事に本来の薬剤師のあるべき姿があると感じている人も大勢いるのではないでしょうか。

 

患者さんのために薬を選んで治療に関わっていける薬剤師は薬剤師のあこがれでもありますよね。

 

今回は、専門薬剤師の種類と資格取得の条件に関して見ていきます。

 

自分が活躍したいと思える領域があるかどうかも合わせて見てみてください。

 

専門薬剤師とは

 

専門薬剤師とは、専門分野の薬物療法において、高度な知識やスキルを身に付け、チーム医療で活躍できると認められた薬のエキスパートです。

 

日本医療薬学会が認定している専門薬剤師は、

 

  • 薬物療法専門薬剤師
  • がん専門薬剤師

 

日本病院薬剤師会が認定している専門薬剤師は、

 

  • 感染制御専門薬剤師
  • HIV感染症専門薬剤師
  • 精神科専門薬剤師
  • 妊婦・授乳婦専門薬剤師

 

があります。

 

これらの名前はなんとなく聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。

 

実は、専門薬剤師の資格はこれだけでなく、他の学会認定したものもありますのでご紹介します。

 

日本腎臓病薬物療法学会が認定している●腎臓病薬物療法専門薬剤師。

 

日本医薬品情報学会が認定している●医薬品情報専門薬剤師。

 

日本女性医学学会が認定している●認定女性ヘルスケア専門薬剤師です。

 

思った以上に専門薬剤師の種類があるんだと思った人もきっと多いですよね。

 

それではそれぞれの専門薬剤師の概要や認定申請条件について見ていきましょう。

 

薬物療法専門薬剤師

 

薬物療法専門薬剤師とは、幅広い領域の薬物療法における高度な知識と技術を用いて患者さんに最大限の利益をもたらすことができると認められた薬剤師です。

 

薬物療法専門薬剤師の認定を申請するには以下の条件をすべてクリアしていることが必要になります。

 

(1)日本国の薬剤師免許を有し、薬剤師として優れた人格と見識を備えていること。

(2)薬剤師としての実務経験を5年以上有すること。

(3)申請時において、引き続き5年以上継続して日本医療薬学会会員であること。

(4)日本医療薬学会認定薬剤師であること。

(5)日本医療薬学会が認定する薬物療法専門薬剤師研修施設において、日本医療薬学会の定めた研修コアカリキュラムに従って、薬物療法に関する5年以上の研修歴を有すること。

(6)日本医療薬学会が認定する薬物療法の講習会を5年間で50単位以上履修していること。

(7)自ら実施した5年間の薬剤管理指導の実績50症例(4領域以上の疾患)を提出すること。

(8)医療薬学に関する全国学会あるいは国際学会での発表が2回以上あり、日本医療薬学会が主催する年会での本人が筆頭発表者となった発表を1回以上含むこと。

(9)医療薬学に関する学術論文が2報以上あり、本人が筆頭著者である論文を1報以上含むこと。学術論文は、国際的あるいは全国的学会誌・学術雑誌に複数査読制による審査を経て掲載された医療薬学に関する学術論文であること(複数査読を経ていない論文や商業誌の掲載論文は、本条の対象外)。

(10)日本医療薬学会が実施する薬物療法専門薬剤師認定試験に合格すること。

 

がん専門薬剤師

 

がん専門薬剤師とは、がん領域の薬物療法などに一定水準以上の実力を有し、医療現場で活躍できると認められた薬剤師です。

 

がん専門薬剤師の認定試験を受験するには、以下の条件をすべてクリアしていることが必要になります。

 

① 日本国の薬剤師免許を有し、薬剤師として優れた人格と見識を備えていること。
② 薬剤師としての実務経験を5年以上有すること。
③日本医療薬学会の会員であること。
④日本医療薬学会認定薬剤師、日本病院薬剤師会生涯研修履修認定薬剤師、薬剤師認定制度認証機構により認証された生涯研修認定制度による認定薬剤師あるいは日本臨床薬理学会認定薬剤師であること。
⑤日本医療薬学会が認定するがん専門薬剤師研修施設において、日本医療薬学会の定めた研修カリキュラムに従って、がん薬物療法に関する5年以上の研修歴を有すること。
⑥日本医療薬学会が認定するがん領域の講習会を50単位以上履修したこと。
⑦ がん患者への薬学的介入症例サマリ50症例(3臓器・領域以上のがん種)を提出すること。

 

感染制御専門薬剤師

 

感染制御専門薬剤師とは、感染制御に関する高度な知識、技術、実践能力を持ち、感染制御を通じて患者さんが安心・安全かつ適切な治療を受けるための環境を提供し、感染症治療に関わる適切で安全な薬物療法を遂行できる薬剤師です。

 

感染制御専門薬剤師の認定を申請するには以下の条件をクリアしていることが必要になります。

 

(1)申請時において、感染制御認定薬剤師あるいはICD制度協議会が認定するインフェクションコントロールドクター(以下「ICD」という。)の資格を有している者であり、かつ、ICD制度協議会に加盟している学会・研究会のいずれかの会員であること。

(2)日本医療薬学会、日本薬学会、日本臨床薬理学会、日本TDM学会、ICD制度協議会に加盟している学会・研究会、日本薬剤師会学術大会、関連する国際学会あるいは日本病院薬剤師会ブロック学術大会において感染制御領域に関する学会発表が3回以上(うち、少なくとも1回は発表者)、複数査読制のある国際的あるいは全国的な学会誌・学術雑誌に感染制御領域に関する学術論文が2編以上(うち、少なく とも1編は筆頭著者)の全てを満たしていること。

(3)病院長あるいは施設長等の推薦があること。

(4)日本病院薬剤師会が行う感染制御専門薬剤師認定試験に合格していること。

 

HIV感染症専門薬剤師

 

HIV感染症専門薬剤師とは、HIV感染治療における薬物治療に関する高度な知識、技術、倫理観を備え、患者さんの意思を尊重して最適な治療に貢献することができ、HIV感染症に対する薬物治療を有効かつ安全に行うことができる薬剤師です。

 

HIV感染症専門薬剤師の認定を申請するには以下の条件をクリアしていることが必要になります。

 

(1)申請時において、HIV感染症薬物療法認定薬剤師であり、かつ、日本エイズ学会の会員であること。

(2)日本医療薬学会、日本薬学会、日本薬剤師会学術大会、日本エイズ学会、関連する国際学会、全国レベルの学会あるいは日本病院薬剤師会ブロック学術大会において、HIV感染症領域に関する学会発表が2回以上(うち、少なくとも1回は発表者)、複数査読制のある国際的あるいは全国的学会誌・学術雑誌にHIV感染症領域に関する学術論文が1編以上(筆頭著者)の全てを満たしていること。

(3)病院長あるいは施設長等の推薦があること。

(4)日本病院薬剤師会が行うHIV感染症専門薬剤師認定試験に合格していること。

 

精神科専門薬剤師

 

精神科専門薬剤師とは、精神科薬物療法に関する高度な知識と技術により、精神疾患を持つ患者さんの治療と社会復帰に貢献し、精神疾患に対する薬物療法を安全かつ適切に行うことのできる薬剤師です。

 

精神科専門薬剤師はの認定を申請するには以下の条件をクリアしていることが必要になります。

 

(1)申請時において精神科薬物療法認定薬剤師であり、かつ、日本精神神経学会、日本神経精神薬理学会、日本臨床精神神経薬理学会、日本生物学的精神医学会、日本病院・地域精神医学会、日本社会精神医学会、日本老年精神医学会、日本精神科救急学会、日本認知症学会、日本精神薬学会のいずれかの会員であること。

(2)日本医療薬学会、日本薬学会、日本薬剤師会学術大会、上記精神科領域の学会、関連する国際学会、全国レベルの学会あるいは日本病院薬剤師会ブロック学術大会において、精神科領域に関する学会発表が3回以上(うち、少なくとも1回は発表者)、複数査読制のある国際的あるいは全国的学会誌・学術雑誌に精神科領域の学術論文が2編以上(うち、少なくとも1編は筆頭著者)の全てを満たしていること。

(3)病院長あるいは施設長等の推薦があること。

(4)日本病院薬剤師会が行う精神科専門薬剤師認定試験に合格していること。

 

妊婦・授乳婦専門薬剤師

 

妊婦・授乳婦専門薬剤師とは、妊婦・授乳期における薬物治療に関する高度な知識、技術、倫理観により、母体の健康と母乳保育の利点に配慮して胎児・乳幼児の次世代への薬物有害作用に配慮した薬物療法を担える薬剤師です。

 

妊婦・授乳婦専門薬剤師の認定を申請するには以下の条件をクリアしていることが必要になります。

 

(1) 申請時において妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師であり、かつ、日本産科婦人科学会、日本小児科学会、日本先天異常学会のいずれかの会員であること。

(2) 日本医療薬学会、日本薬学会、日本薬剤師会学術大会、上記妊婦・授乳婦領域の学会、関連する国際学会、全国レベルの学会あるいは日本病院薬剤師会ブロック学術大会において、妊婦・授乳婦領域に関する学会発表が3回以上(うち、少なくとも 1回は発表者)、複数査読制のある国際的あるいは全国的学会誌・学術雑誌に妊婦・授乳婦領域の学術論文が2編以上(うち、少なくとも1編は筆頭著者)の全てを満たしていること。

(3) 病院長あるいは施設長等の推薦があること。

(4) 日本病院薬剤師会が行う妊婦・授乳婦専門薬剤師認定試験に合格していること。

 

腎臓病薬物療法専門薬剤師

 

腎臓病薬物療法専門薬剤師とは、透析・腎移植などの慢性腎臓病や急性腎障害、腎臓が非発達の未熟児、慢性腎臓病患者の大半を占める高齢者などの薬物療法など、幅広い腎臓に関わる薬物適正使用の実践を推進できる薬剤師です。

 

腎臓病薬物療法専門薬剤師の認定を申請するには以下の条件をクリアしている必要があります。

 

(1)腎臓病薬物療法認定薬剤師として、腎臓病および透析患者の薬物療法などに関連する医療に3年以上携わっていること。

(2)申請時において、日本腎臓病薬物療法学会の会員であること。

(3)日本腎臓病薬物療法学会(日本腎と薬剤研究会も含む)、日本腎臓学会、日本透析医学会、 日本医療薬学会、日本薬剤師会学術大会などの全国レベルの学会や関連する国際学会にお いて、腎臓病および透析患者の薬物療法に関する学会発表が、申請年の直近10 年間で 5 回 以上(うち、少なくとも 2 回は筆頭発表者)、複数査読制のある国際的あるいは全国的学会誌・学術雑誌に腎臓病薬物療法に関する学術論文の投稿が3 編以上(うち、少なくとも 1 編は筆頭著者)の全てを満たしていること。

 

医薬品情報専門薬剤師

 

医薬品情報専門薬剤師とは、医薬品の有効性を安全性を高める適正使用情報について専門性を有し活用・実践できる薬剤師です。

 

認定要件は以下の条件をクリアしていることが必要になります。

 

1.日本国の薬剤師免許を有し、薬剤師として優れた見識を備えていること。

2.医薬品情報に関わる業務経験が通算5年以上であること(所属長の証明が必要)。

3.申請時において、日本医薬品情報学会の会員であり、日本医薬品情報学会が指定する生涯教育セミナーに参加し、60 単位以上(必修 40 単位以上を含む)を取得していること。

4.全国レベルの学会あるいは日本病院薬剤師会ブロック学術大会において、医薬品情報領域に関する学会発表が2回以上(少なくとも 1回は発表者)及び複数査読制のある国際的あるいは全国的学会誌・学術雑誌に医薬品情報領域の学術論文が1編以上(筆頭著者)あること。

5.各職域における医薬品情報に関わる教育、業務実績を証明できること。

6.施設長、所属長等の推薦があること。

7.上記、1~6までの条件を満たした後、日本医薬品情報学会が実施する認定試験に合格すること。

 

認定女性ヘルスケア専門薬剤師

 

認定女性ヘルスケア専門薬剤師とは、女性特有の疾患において基本的知識と技術があると認められた薬剤師です。

 

ちなみにこの専門資格制度は薬剤師に限らず医師以外の医療従事者を対象としています。

 

認定女性ヘルスケア専門資格を取得するためには以下の条件をクリアしていることが必要です。

 

1.医療従事者(国家資格又は専門資格を持つ歯科医師、看護師、助産師、保健師、薬剤師、栄養士、心理士、理学療法士、作業療法士など)、その他、更年期医療等の女性医学の分野で活動する者(本制度専門医資格取得医師が推薦し、専門医および専門資格制度委員会で申請資格ありと認定した者)

2.日本女性医学学会会員歴が継続3年以上

3.日本女性医学学会が定める研修単位30単位以上の取得

4.日本女性医学学会会費を完納している

 

まとめ

 

今回は、専門薬剤師についてその概要と取得条件を見てきました。

 

専門薬剤師が多くの領域で活躍しているということや、資格取得条件の詳細などが分かったのではないでしょうか。

 

また、この分野の専門薬剤師なら目指してみたいというものがあった人も中にはいると思います。

 

資格の取得条件の中には、厳しいと思われたものもあったと思いますが、これをクリアしてこその専門薬剤師です。

 

諦めずに挑戦をして、薬のエキスパートとして多くの患者さんのために活躍してほしいと思います。

 

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 調剤薬局の薬剤師