かかりつけ薬剤師とは?かかりつけ薬剤師になるメリットってあるの?

 

 

「かかりつけ薬剤師」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

 

薬剤師からかかりつけ薬剤師についての説明を受けた患者さん以外は「一体何のことを言っているの?」という感じかもしれません。

 

薬局によってはかかりつけ薬剤師についての説明の貼り紙をしてあるところもあるようですが、具合が悪い状態で薬を待っているときに、貼り紙なんて読む余裕なんてない人も多いでしょうし、早く帰りたいのにわざわざ「かかりつけ薬剤師」の詳細なんて聞こうとは思いませんよね。

 

保険薬局やドラッグストア内の薬局で働いている薬剤師は、かかりつけ薬剤師について上司などから嫌というほど説明を受けていると思いますが、その一方で、知っている患者さんはまだごくわずかというのが実際のところです。

 

今回は、かかりつけ薬剤師とは何か、また、かかりつけ薬剤師のなり方やそのメリットなどを紹介していこうと思います。

 

薬局で働き始めたばかりでまだよく分かっていないという人もぜひ参考になさってください。

 

かかりつけ薬剤師とは?

 

かかりつけ薬剤師は、患者さんが服用している処方薬・市販薬の情報を管理して、重複して飲んでいないか、相互作用は大丈夫か、正確に飲めているか、飲み残しはないかなどのチェックを継続して行うことが主な仕事です。

 

そのほか、薬局が営業していない時間帯に電話で薬の相談にのったり、時にはご自宅にお伺いして薬の説明をしたり相談を受けたりすることもあります。

 

「かかりつけ」という名前からピンと来ている人も多いと思いますが、かかりつけ薬剤師のサポートを受けるときは、基本的に一つの薬局(かかりつけ薬局)で管理してもらうイメージです。

 

自分の薬に関する情報を、常にその薬局で管理してもらうことになりますから、自宅の近くの調剤薬局をかかりつけ薬局として選択するのがベストですよ。

 

<なぜ今かかりつけ薬剤師というものができたのか?>

 

「かかりつけ薬剤師が最近になってできた理由が分からない、いつもの薬剤師に処方箋を預けるときに質問すればいい話なのでは?」という意見も当然ありますよね。

 

もちろん、診療が終わった後にいつものように薬局に行けば、かかりつけ薬剤師でなくても薬剤師はいつものように相互作用や重複した薬をチェックしてくれます。

 

ただ、市販されている薬を購入する時には薬剤師に会わないことが多いのではないでしょうか。

 

これから自分で自分の健康を管理したり、自分で薬を選択して購入するというセルフメディケーションというものが日本でも主流になっていきます。

 

たとえば、購入した市販薬の成分の中に、処方薬としても飲んでいる薬が入っていたとします。

薬剤師の目を通さずに、知らずに飲んでしまったら治療用量を超えて服用してしまいかねません。

 

また、薬局の開いていない時間帯に具合が悪くなり薬を飲みたいと思っても、どの薬を飲んだらよいのか分からないということもありますよね。

 

自分で勝手に判断して飲んでしまうよりも、かかりつけ薬剤師の意見を聞くほうがより安全で、安心できるのではないでしょうか。

 

つまり、かかりつけ薬剤師はセルフメディケーションの時代に不可欠な役割を果たす、患者さんの強い味方なのです。

 

かかりつけ薬剤師になるための条件は?

 

薬剤師がかかりつけ薬剤師になるためにはどのような条件をクリアすればよいのでしょうか。

 

条件は以下の通りです

 

1.3年以上の薬局勤務経験がある

2.同一薬局に週32時間以上勤務している

3.当該薬局に12か月以上在籍している

4.医療にかかわる地域の取り組みに参画している

5.研修認定薬剤師を取得している

 

<3年以上の薬局勤務経験がある>

 

3年以上の薬局経験が必要とのことですが、もし病院勤務の経験があれば最大1年が勤務経験と認められるということも覚えておいてください。

 

つまり、1年の病院経験がある薬剤師が、この条件を満たすには2年の薬局経験で良いということです。

 

<同一薬局に週32時間以上勤務している>

 

一日8時間勤務の場合は週4日以上の勤務が必要、1日6.5時間の勤務であれば、週5日以上勤務が必要です。

 

ただし、育児や介護で時短勤務をしている人は週24時間以上かつ週4日以上の勤務をすれば、条件を満たすことができるようになったので、該当するひとはおさえておいてくださいね。

 

<当該薬局に12か月以上在籍している>

 

この項目は、そのままの意味です。

 

この条件を満たすには少なくとも今勤務している薬局に1年在籍していることが必要です。

 

<医療にかかわる地域の取り組みに参画している>

 

これらの条件の中で一番難しいのがこの項目ではないでしょうか。

 

「医療にかかわる地域の取り組み」というのが曖昧ですよね。

 

地域の取り組みということで、地域や医療関係の団体が主催する講演・研修会に参加、またはそれらの講師としての活動の実績があれば、この条件はクリアしたことになります。

 

ただ、同じ研修会という名前でも、企業が主催するものに関しては地域活動としては認められないので気を付けてください。

 

ちなみに私が勤めていた薬局のかかりつけ薬剤師は、学校薬剤師として活躍していました。

 

学校で子供たちに薬についての説明や麻薬恐ろしさを伝えていましたが、このようなことも医療にかかわる地域の取り組みに含まれますので、興味のある方は調べてみるといいですよ。

 

<研修認定薬剤師を取得している>

 

認定薬剤師とも呼ばれている資格です。

 

今ではかなり多くの薬剤師が取得しているのではないでしょうか。

 

認定薬剤師になるためには、まず研修手帳を入手して研修受講シールを集めることから始めます。

 

研修手帳には、研修受講シールを貼り、研修内容を記録します。

 

研修は様々な種類があり、実際の研修・講演会だけでなく、ビデオやインターネットを用いて実施されるものもありますので、何を選ぶかよく調べて決めてください。

 

研修の単位を4年以内に40単位以上(最低毎年5単位以上)を取得できれば認定手数料を払い申請することができます。

 

ちなみに、研修認定薬剤師の資格を取得しても、以後3年ごとに30単位(最低毎年5単位以上)を取得して資格の更新していく必要がありますので注意しましょう。

 

 

かかりつけ薬剤師になるメリットは?

 

先ほど書いた条件を見て、「かかりつけ薬剤師になるのも結構大変だな」と正直思った人もいるのではないでしょうか。

 

やはり努力するにはそれなりのメリットも知って、資格取得のモチベーションにしたいですよね。

 

それでは、かかりつけ薬剤師になるメリットを挙げてみたいと思います。

 

<収入が増える>

 

「かかりつけ薬剤師の指導料」は薬剤服用管理指導料よりも点数が高いという事実があります。

 

つまり、かかりつけ薬剤師として活躍できれば、薬局の売り上げにも貢献できますから、お給料がアップする可能性がとても高くなるということです。

 

薬局によっては、「かかりつけ薬剤師になれば、手当が〇〇円プラスされます」と薬剤師がかかりつけ薬剤師になることを応援しているところもあります。

 

かかりつけ薬剤師になることで、自分の勤務している薬局がどのように対応してくれるのか調べてみる価値がありそうです。

 

<勉強する機会が与えられる>

 

薬剤師の免許を取るまではこれでもかというほど勉強したけれど、実際に資格を取得してしまったら、燃え尽き症候群のようにあまり勉強しなくなってしまったという薬剤師も多いと思います。

 

人間は弱いものなので、何か目指すものがない状態で自分を奮い立たせて勉強するのはとても難しいですよね。

 

かかりつけ薬剤師になることでのメリットの一つは、勉強しなくなった今、勉強する機会が与えられるということです。

 

まず、かかりつけ薬剤師になるための条件として、地域の取り組みに参加したり、研修認定薬剤師を取得したりということがあるため、講習会を受けたり、人に説明したり、eラーニングを使ったりすることで嫌でも勉強させられます。

 

そして、無事かかりつけ薬剤師になった後も、患者さん一人ひとりの薬の相互作用を調べたり、今までに聞いたことのない質問に答えたりするため、必然的に勉強して知識をつけなければいけない状況に自分を追い込むことができるのです。

 

今までドラッグストアで働いたことがなく、OTCなんて名前くらいしか知らないという薬剤師でも、かかりつけ薬剤師になって、患者さんがOTC薬を飲んでいれば、その成分や用量を調べなければいけませんよね。

 

かかりつけ薬剤師になれば、自分の知識やスキルをアップできると言っても過言ではないと思います。

 

<在宅医療の現場でチーム医療ができる>

 

かかりつけ薬剤師の仕事の一つに、医師や看護師、ケアマネージャーと一緒に患者さんの自宅に伺っての服薬指導があります。

 

薬を患者さんの自宅に届けて、患者さん自身や家族の方に薬の効果・副作用などを説明したり、相談を伺ったり、また、その情報を医師などの他の医療の専門家と共有して話し合う仕事です。

 

気付いた方もいると思いますが、これって病院薬剤師の病棟業務ととても似ていますよね。

 

病院で行っているチーム医療にあこがれて病院に勤務したい薬剤師が今とても多いのですが、在宅医療の現場でもこのチーム医療が行えるということです。

 

以前、在宅医療をしている薬局に勤務していた時に、認知症で一人暮らしの患者さんにどのように薬を飲んでもらえば良いのかを医師や看護師と話し合った経験があります。

 

その患者さんの場合は結局、カレンダーをうまく使うことで、アドヒアランスが向上したのですが、そのやりとりをしているときに、「これもチーム医療だよね?」と思ったのを今でも覚えています。

 

医療の専門家の中で薬剤師が薬の専門家としてのスキルを発揮できるチーム医療をやってみたいという人は、かかりつけ薬剤師になるのも一つの方法かもしれませんよ。

 

まとめ

今回は、かかりつけ薬剤師についてその詳細とメリットなどを見てきました。

 

かかりつけ薬剤師の仕事がなんとなく分かり、利用してみたいと思った人も中にはいるのではないでしょうか。

 

また、かかりつけ薬剤師になってみようと思った薬剤師もいるかもしれません。

 

高齢化社会が叫ばれ、かつセルフメディケーションという新たな取り組みも進んでいる日本社会で、かかりつけ薬剤師の存在価値は今よりも高くなっていくに違いありません。

 

薬剤師になった大部分の人は「人の助けになりたい」と思って資格を取った人だと思いますので、今後も努力を惜しまずに地域や社会の人々に貢献していってほしいです。

 

 

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 調剤薬局の薬剤師