4週8休と週休2日ってどう違うの?薬剤師が解説。

 

 

求人広告などを見ると、休日のところに、『4週8休』や『週休2日』と書かれているものが多いことに気付きます。

 

この2つの意味の違いをみなさんは正確に理解しているでしょうか。

 

4週8休というのを約分してみて、1週2日と同じ意味だと勘違いしている人も、もしかするといるかもしれません。

 

実は、週休2日と4週8休は、似たように見えてもかなりの違いがあるのです。

 

今回は、4週8休と週休2日の違いについて見ていきます。

 

週休2日と4週8休の意味とは

 

週休2日というのは、『原則労働時間制』の一般的な形で、1週間の中に週2日仕事がオフの日があることを言います。

 

原則労働時間制というのは、労働基準法32条で決められている、法定労働時間、1日8時間、1週間で40時間働くという規定のことです。

 

週に2日の休みがあり、40時間の労働というのはほとんどの人に当てはまるのではないでしょうか。

 

また、週に40時間の労働を超えると時間外手当がつくというのも決められています。

 

それに対して4週8休というのは、『変則労働時間制』の一つで、4週間の中で8日、仕事がオフの日があるということです。

 

極端なことを言うと、4週の中の最初の8日を連続で休んで、残りの日すべて労働日にするというのも4週8休になります。

 

たとえば、病院の薬剤部を見てみますと、誰も勤務していない日・時間はありませんよね。

 

外来がない日でも入院患者さんは常にいますし、時間によっても忙しさが違うことから、いつでも対応できるように、また時間によって人数を調節できるようにシフト制でとっています。

 

この体制を維持するために、もしも週休2日制と選択したとすると、一人一人の勤務時間がかなり増えるとともに、払わなければいけない時間外手当も増えることが予想できますよね。

 

また、人手があまり必要がないときに、薬局で大勢の薬剤師が働いている状況にもなりかねません。

 

このようなことを避けるためにに、4週8日制をとり、シフトを無駄なく組みやすくしているのです。

 

シフトによっては、先週は休みが1日だったけれど、今週は3日あるという場合もありますし、昼間の仕事からつづけて当直をしたから次の日は一日お休みということもあります。

 

また、会社によって月末が忙しいとか月初が忙しい特徴がありますが、このような会社も4週8休制を使うことがあります。

 

忙しいときには出勤日を多くして、そうでないときは休日を増やせる4週8休制は、とても合理的と言えるのではないでしょうか。

 

4週8休で一年間の休みが減る場合も!?

 

ここまで読むと、週休2日制と4週8休制は休みがとれるタイミングが違うだけで休みの数は同じだと思った人も多いと思います。

 

しかし実際は、4週8休の方が休日の合計が少ないこともあるので注意が必要です。

 

たとえば、会社によっては祝日を含めて4週8休としている会社もあります。

 

つまり、祝日がその月に1日あったとすると、週休2日制では4週で9日休めるのに対して、4週8休制の会社では8日しか休めないことがあるということです。

 

また、4週8休制の4週を1か月として考えている会社もあります。

 

28日間の中で8日休みがあると思ったら、31日間の中で8日しか休めなかったということもなきにしもあらずですので、転職する際に求人に、4週8休と書いてあったら、必ず雇用先にその意味を確認してくださいね。

 

まとめ

 

今回は、4週8休と週休2日の違いについて見てきました。

 

この二つの制度が同じようなものと考えていた人も、その違いを理解するとともに、4週8休制の方が休日が少ない可能性もあることが分かったのではないでしょうか。

 

休日は、労働しているものにとってとても重要なものです。

 

たかが1日の休みでも、もらえるのともらえないのでは大きく違いますよね。

 

転職してから後悔しないように、言葉の意味を正確に意味を理解して、転職活動を進めていってください。

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

      2020/02/25

 - 調剤薬局の薬剤師