調剤薬局の調剤事務管理士とは?資格・仕事内容・役割について薬剤師が解説。医療機関で働きたい人必見!

 

「一般企業よりも医療機関で働きたい。」

 

そう思って、医療機関を中心に就職活動している人はとても多いです。

 

病気の人のお役に立ちたいから、医療機関で働いている人は基本的に優しい人が多いイメージがあるからなど、人それぞれ、さまざまな理由があり、医療機関を希望していると思います。

 

しかし、医療機関が人気である一番大きな理由は、一般企業とのある大きな違いからではないでしょうか。

 

今回ご紹介する調剤事務管理士は、取得しておくと調剤薬局での就職が有利になる資格です。

 

その資格の詳細や仕事内容、また医療機関が職場として人気の理由についてをこの記事では取り上げていきます。

 

医療機関で働きたいと思っている人、または医療機関で働くかどうか考えている人に参考にしていただければ幸いです。

 

調剤事務管理士とは

 

調剤事務管理士とは、株式会社技能認定振興協会が認定する資格で、調剤薬局の事務職としての技能を持っているという証明になります。

 

調剤薬局には、薬を調剤する薬剤師だけでなく、薬剤師をフォローして事務的な作業をする人たちが働いていることは知っている人も多いと思いますが、この人たちが調剤事務と呼ばれる人たちです。

 

調剤事務をする上で、調剤事務管理士の資格は必須ではありませんが、取得しておくと雇用先からの評価が高まりますので、人気の職場である医療機関に転職したい場合には、資格を取っておいた方が良いと言えます。

 

調剤事務管理士の仕事内容

 

調剤事務管理士の仕事は、受付業務、処方箋や調剤録の管理業務、会計業務、レセプト業務が主な仕事です。

 

レセプト業務以外は誰でもできるような仕事に見えるかもしれませんが、処方箋を扱う仕事ということで、ある程度の薬や病名の知識はどの業務を行う際も必要となる場合が多々あるということは覚えておいてください。

 

調剤事務管理士の資格は、調剤薬局で働くうえで最低限の知識を学んできたという証明にもなります。

 

このことから、無資格で未経験な人を雇用するよりも、調剤事務管理士の資格を持っている人を雇用する方が雇用する側にとって信頼性があることは分かるのではないでしょうか。

 

また、最近は調剤補助という薬を処方箋通りにピッキングする業務も調剤事務の仕事に加わりましたから、薬の知識を持っていることや薬名に慣れていることが以前より増して必要になってきたということも想像できますよね。

 

調剤事務管理士の資格取得をする過程では、処方箋の内容を理解して薬の費用を計算する知識やレセプトを作成の技術を学んでいきます。

 

就職後は、そこで学んだことを業務内で応用しながら、最大限活用していくことになるでしょう。

 

調剤事務管理士の資格取得の方法

 

調剤事務管理士の資格は、調剤事務管理士の資格試験に合格すれば取得できます。

 

この試験、実は受験資格は特にないので、自分で通信教育やテキストを利用し、勉強すれば受けることが可能です。

 

試験内容はレセプト業務に就いて薬局で使う専門用語の基礎知識、また法規が主な内容なのですが、試験中の資料の使用が許可されていますので、知りたい知識がテキストのどこに書いてあるのかスムーズに調べられたり、自分でまとめた分かりやすいノートを作れたりする人にはそれほど難しくない試験と言えるかもしれません。

 

ちなみに受験料は6500円、また合格率は60%ほどです。

 

調剤事務管理士と調剤報酬請求事務って何が違うの?

 

調剤事務管理士の資格のほかに、調剤報酬請求事務という資格があるのを知っているでしょうか。

 

どちらも調剤薬局で働くための資格なのですが、違いが分からないという人もきっといますよね。

 

実はこの2つの資格、勉強する内容はほとんど同じで、就職後も同じ調剤事務として働くための資格です。

 

では一体何が違うのかとい言いますと、実施団体と受験資格、また資格取得にかかる費用が違います。

 

調剤事務管理士は技能認定振興協会が実施している資格で、受験資格がないのに対して、調剤報酬請求事務は一般財団法人日本医療教育財団が実施している資格で受験資格は指定されたカリキュラムを終了しないと受験できません。

 

また、調剤事務管理士は受験料が6500円+テキスト代で資格取得が可能ですが、調剤報酬請求事務は受験料の3000円に指定されたカリキュラムの費用が約4万円かかります。

 

これらのデータを見ると、調剤報酬請求事務は、調剤事務管理士よりも費用がかかるうえにカリキュラムを修了するための時間もかかり大変そうに見えますよね。

 

ただ、調剤報酬請求事務は、カリキュラムを受ければ基礎知識がしっかり身につくという利点もあります。

 

また、ニチイの調剤報酬請求事務は講座終了後に申請をすれば資格取得ができますので、試験が苦手な人におすすめです。

 

なぜ医療機関は職場として人気があるの?

 

冒頭で、医療機関が職場として人気な理由は、一般企業とのある大きな違いがあるからとお話ししました。

 

人の役に立ちたいから医療機関で働きたいという人もいますが、仕事をするということ自体が人の役に立つことですから、人の役に立つという目的は一般企業でも果たせます。

 

医療機関と一般企業の大きな違いとは一体何なのでしょうか―――

 

それは、お客様(患者さんから)ありがとうと言ってもらえるかどうかです。

 

一般企業では、仕事をしてこちらからお客様にお礼を言うことはあっても、お客様側からお礼を言われることはとても珍しいですよね。

 

それに対して医療機関は、患者さんから常に「ありがとうございます。」と言ってもらえます。

 

自分が一生懸命した仕事が、人の役に立ち、その結果お礼を言ってもらえるというのはとても達成感がありますし、「この仕事をしていてよかった!」と思えるきっかけにもなるのではないでしょうか。

 

医療機関で働きたい人は、とても最近とても増えていて、中でも資格が必要のない事務職は、募集をすれば募集人数の何十倍もの人の履歴書が集まることもめずらしくありません。

 

少しでも、その大勢の中から選ばれる可能性を高めるために、また、調剤薬局での必要な知識を身に付けるために、調剤事務管理士の資格を取得を目指すのもいいと思いますよ。

 

まとめ

 

今回は、調剤事務管理士の仕事内容や資格の取得方法、また資格を取得したほうが良い理由についてお話してきました。

 

調剤事務管理士と調剤報酬請求事務の資格の違いや、医療機関と一般企業の働くうえでの大きな違い、また資格取得をすれば医療機関で働ける可能性も高まることなどが分かったのではないでしょうか。

 

資格を取るということは、資格を持っていない人との差をつけて、採用の可能性を高くするという利点も確かにありますが、一番のメリットは、資格取得が自信を持って働くことにつながるという点です。

 

テキストや通信講座で学んでいく過程や、自分の力で資格を取得できたという事実が、そのまま調剤事務として働くうえでの自信になります。

 

この記事を読んで医療機関で働いてみたいと思った人は、ぜひ調剤事務管理士の資格取得を考えてみてください。

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 調剤薬局の薬剤師