女性薬剤師の年収って高い?気になる年収やキャリアアップの方法

 

 

女性が働く様々な職種の中でも、年収が高いと言われている職業のひとつが薬剤師だと言われています。

ですが、一般の女性と比べてどれくらいの違うのだろう、と気になる方は多いでしょう。

 

そこで今回は、気になる女性薬剤師の平均年収を一般女性と比較してご紹介します。また、薬剤師のキャリアアップなども合わせてお伝えしていきますので、気になっている方は要チェックです。

 

女性薬剤師の平均年収ってどれくらい?

「年収が高い仕事」と言われて、思いつく職業のひとつの薬剤師。景気に左右されずに安定した収入があるということもあり、女性に人気の職業でもありますね。

 

そんな薬剤師ですが、実際にはどのくらい年収が多いのか?一般女性との年収の差はどれくらい?という疑問が浮かびますよね。

 

こちらでは、女性薬剤師の平均年収を一般女性の年収と比較してご紹介していきます。

薬剤師を目指している方や、薬剤師の年収について気になっていた方は是非参考にしてみてください。

 

女性薬剤師と一般女性の年収を比較

平均的な女性薬剤師の年収は、キャリアや年代によって多少前後しますが、500万円程度だと言われています。

反対に、一般女性の平均年収は大体280~350万円程度。薬剤師との差はおよそ100~250万円となり、その差は歴然です。

 

薬剤師という職業は、女性が多いところがほとんど。一般の会社ですと、男性と女性で金額に差が生まれますが、薬剤師は女性が多いため金額に差が出にくいです。そのため、女性でも高い年収を貰えるということになりますね。

 

また、新卒の場合も他の仕事と比べて年収が高く、その金額は350~400万程度だそう。さらには、長く働いてキャリアアップしていけば1000万近くまでの金額になる会社もあるようです。

ですが、新卒で就職してから様々な理由で退職する方が多いのが現状です。長く働くために、自分に合った環境かどうか、給与は見合っているかどうかをしっかり確認するのが重要となりますね。

 

働く場所によって年収が変化する

薬剤師といっても勤務先は様々。その場所によってどのくらい年収に差が出てくるのが気になる方も多いでしょう。

ここからは、女性薬剤師の年収を3つの勤務先別にご紹介していきます。

「自分にはどの勤務先が合っているのか分からない」と悩んでいる方は、こちらを見て自分にぴったりの職場を見つけてくださいね。

 

調剤薬局の場合

調剤薬局では、医師から処方された処方箋を受け取り、調剤して患者に渡すのが主な仕事です。それ以外にも、患者に正しい薬の飲み方の説明したり、薬歴を管理するなどの業務もあります。

 

休みが取りやすいことや、安定して長く続けられるなどの理由で女性薬剤師から人気の高い勤務先となっているようです。他にも、残業が少ないことや、休みが他の勤務先よりも多いことから、プライベートの時間を多く取れるのも利点ですね。

 

調剤薬局での年収は、大体450~650万円となっています。新卒の場合は約400万程度で、昇給などによって500~650万程に上がるところが多いよう。

 

「働きやすい環境で、長く安定した収入が欲しい」という方は、調剤薬局がおすすめです。

 

ドラッグストアの場合

ドラッグストアは、処方箋に基づいて調剤する薬局とは違い、どの薬を飲めばいいか患者自身で判断しなければいけません。その時に、薬についてアドバイスや提案をするのがドラッグストアの薬剤師の主な業務です。

また、最近はサプリメントなどの健康食品ブームによって買い求める方が多くなってきているため、薬以外の幅広い商品の提案や販売をすることも仕事の一部になります。

 

それに加え、処方箋なしで買える薬「OTC医薬品」の知識を深められることや、調剤薬局よりも数多くの患者と接したり、距離を縮めることができるのがドラッグストアのよいところですね。

 

そんなドラッグストアでの年収は大体500~800万とされており、3つの勤務先の中で一番高い年収となっています。

また、初任給時に「薬剤師手当」が出るところもあるようで、入社一年目でも多く年収が貰えるのがメリットのひとつです。

 

「年収が高く、様々な薬の知識を磨きたい」という方はドラッグストアが向いていますよ。

 

病院の場合

3つの勤務先の中で一番年収が低いと言われているのが病院です。

病院の場合は夜勤などもあるので、人によって金額は多少前後しますが、その年収は平均400~550万程です。

 

病院では、外来患者だけではなく入院患者に対しても調剤や服薬指導を行います。入院患者の場合は、医師や看護師たちと一緒に「チーム医療」の一員となり、調剤だけでなく治療法を一緒に検討したりなど、患者に近いところで働くことができるのが特徴です。

 

また、病院では注射薬・輸液の取り扱いや、薬物治療モニタリングといった仕事があります。薬の効果を最大限に引き出すために、医師と共に患者ひとりひとりに合った薬物療法を検討しながら行います。医療の最前線でチームとなって働けるのは、病院勤務の薬剤師ならでは。

 

「年収が低くても、医療の最前線でやりがいのある仕事をしたい」という方におすすめの仕事です。

 

年収を上げるにはどうすれば?女性薬剤師のキャリアアップについて

薬剤師は男女で年収に差が少ない職業。ですが、女性は結婚・出産・子育てなどライフイベントが多く、なかなか継続して働くことが難しいですよね。ブランクができてしまうことで、男性のようにキャリアアップができないと不安になる方が多いでしょう。

 

そこでここからは、女性薬剤師がキャリアアップするためにはどうしたらいいかを具体的にご紹介していきます。

 

「年収を上げるにはどうしたらいいか分からない」と悩んでいた方は、是非こちらを参考にしてみてくださいね。

 

キャリアアップしたい女性薬剤師がすべきこと

近年は、育休・産休からの復帰支援を取り入れている会社が多く、女性が働きやすい環境になってきています。

出産や子育てでブランクが開いてしまうことが心配な方は、あらかじめそういった制度を取り入れているところを選んで就職するとよいでしょう。復帰してから長く勤めることで、店長や管理薬剤師などに昇進すれば年収を上げることができます。

 

また、年収を上げるには責任のある仕事にチャレンジすることが必要となってきます。

調剤薬局やドラッグストアでは、管理薬剤師やエリアマネージャーを目指すことで年収アップに一歩近づきます。現場を管理したり経営に関する能力が大事ですが、実績や経験を積むことで年収をさらに上げることができるので、選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。

 

他にも、「製薬会社に転職することで年収を上げる」という方法もあります。

製薬会社は平均して年収が他の勤務先よりも高く、一般の製薬会社で400~800万程。さらに大手企業にもなると1000万程にもなるそう。

 

競争率は非常に高いですが、本気で年収アップを目指したい方や、もっと薬の知識を磨きたい方や、新薬について学びたい方におすすめできる仕事です。

 

まとめ

女性薬剤師の年収とキャリアアップについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

薬剤師は女性でもキャリアアップしやすい職業のひとつ。今の役職よりもっと上を目指したい方や今の年収に満足していない方は、一箇所で長くキャリアを積むことの他に、思い切って仕事先を変えてみる方法もあります。

 

是非この記事を参考にして、自分に合った年収や働き先を見つけてみてください。

 

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 調剤薬局の薬剤師