薬剤師の勤務時間はどのくらい?~働く場所ごとの比較~

 

調剤薬局で働く薬剤師の勤務時間は?

調剤薬局の場合、近くに病院やクリニックがあります。通常は、そこの開業時間に合わせたシフトが組まれています。

一般的には、調剤薬局の開局時間は、平日は9:00~18:00、土曜日は9:00~13:00くらいです。

正社員の場合

基本的に、正社員であれば1日の勤務時間は8時間です。

総合病院や大学病院のように、予約診療を行っており、受付時間内でしっかり診察が終了するところの薬局ならば比較的早めに業務を終えることができます。

しかし、クリニックや病院の近くにある「門前薬局」と呼ばれる調剤薬局は、そこを受診した最後の患者さんの薬の投薬が終わるまで帰宅することが出来ません。個人の診療所やクリニックの場合、受付時間ギリギリに受診し、検査などで診察が長引いてしまうことがあります。たとえ、最後の患者さんに薬が処方されなかったとしても、調剤薬局は閉めることが出来ないため、最後の一人が診察を終えるまでは待っていなければなりません。

薬局の営業時間が18:00となっていても、だいたい定時に終わることはできません。

 

パート薬剤師の場合

パート勤務を希望している場合、ある程度自分の希望を聞いてもらえます。

しかし、調剤薬局では一日に中でも、最も患者さんが来局して忙しくなる時間帯と、そうでない時間帯があります。人手が足りない調剤薬局は、忙しい時間にパート薬剤師に手伝ってもらいたい為、すべて希望が通るわけではありません。

あらかじめシフトを組んでもらい、他の薬剤師との休みを調節しながら勤務することになります。

薬剤師が不足している地域では、パート薬剤師の希望に近い勤務時間で働くことが出来るかもしれません。午前中のみの1日4時間や、家族の扶養内の勤務だけのように、自己都合に合わせてもらうことが出来ます。

 

ドラックストアで働く薬剤師の勤務時間は?

ドラックストアでは、最近24時間営業をしているところが多くなってきました。また、ドラックストアに調剤薬局を併設しているところもあります。

そのような場合は、完全にシフト制が組まれています。しかし、OTCや一般薬の販売では、薬剤師しか売れないものもあり、勤務時間は長くなりがちです。

正社員の場合

ドラックストアの場合は、配属される店舗によって営業時間が異なります。

シフト制が組まれている場合がほとんどです。9:00~18:00。11:00~20:00。のように、日によって勤務時間が異なることもあります。

また、店舗が混みあっている時は、定時でもすぐに帰宅することは難しいので、残業も多くなります。定期的に棚卸もあるため、その日は4~5時間の残業は避けられません。

ドラックストアで正社員になった場合、土日が休みではありません。月に8日~9日の休日が取れますが、それが平日になることが多いです。

パート薬剤師の場合

ドラックストアでパート薬剤師として勤務する場合は、1日4~6時間。週2日~5日勤務で比較的自由に働くことができます。しかし、希望の働き方ができるかどうかは、勤務先の店舗の人手や営業時間の問題となります。

 

病院で働く薬剤師の勤務時間は?

病院に勤務する場合は、その病院の規模により労働環境大きくが変わります。

総合病院や大学病院などの一般的な病院勤務の場合は、遅番や早番、夜勤や当直を担当する必要もあります。大病院に勤務するほど、不規則な勤務になりがちです。勤務時間を優先したい場合は、入院患者のいない病院を選ぶ方が良いでしょう。

 

正社員の場合

病院に勤務する場合、どこの病院で働くかにもよりますが、1日8時間勤務が基本です。しかし、1日8時間はあくまでも原則です。自分の担当患者が急変したり、急患が入ってきた場合には、ある程度容体が落ち着くまで現場を離れることは難しくなります。

また、残業も多くなりがちで、かなりの長時間労働を強いられる場合もあります。

 

パート薬剤師の場合

 病院に勤務する場合、パート薬剤師の方が夜勤や当直を免れることができます。正社員に比べると、拘束力も弱いので、残業を強いられることも多くはありません。

日勤だけの勤務ができる病院や、託児所や保育園が併設されているところもあるので、育児との両立はしやすいでしょう。

薬剤師の勤務事情について

薬剤師の仕事内容は、職場によって差があります。しかし、1日の業務のうち、ほとんど立ちっぱなしです。

基本的には立ちっぱなしで調剤や投薬、接客等をしなければなりません。また、直接患者さんと接するため、体調管理にもとても気を付ける必要があります。

実際の薬剤師の勤務では、知力だけではなく、体力も求められます。

職場ごとに勤務時間は定められていますが、どの職場を選んだとしても、定時で帰宅できることは少ないでしょう。

薬剤師の勤務時間は法律で決まっている?

「常勤」という定義は、それぞれの薬局で定められた就業規則の勤務時間のすべてを勤務する薬剤師を指します。

就業規則は薬局ごとに異なりますが、1週間の薬局で定める勤務が32時間未満の場合は、32時間以上が常勤となります。

それぞれの就業規則に基づいており、厳格に薬事法で決められているわけではありません。しかし、一般的に薬剤師の勤務時間は8時間です。8時間×週5日で40時間となります。労働基準法でギリギリの勤務時間です。

 

まとめ

薬剤師の勤務時間は職場によって決まります。複数人の薬剤師がいて、上手くシフトを回すことが出来れば、残業も休日出勤も少なくなります。

しかし、薬剤師が不足しているところほど、高い年収の求人を出す傾向にあるため、年収と激務は比例しがちです。

自分のスタイルにあった職場と勤務形態を探すことが大切です。

年収UPさせる!薬剤師のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「残業が辛い。。」
などを感じている方には、転職すべきタイミングです。


下記の記事では厳選の転職サービス比較をしています。気になる方は見てみてください。  

【年収UP】 厳選転職比較を見てみる>>


     

   

 - 調剤薬局の薬剤師